敵は前より強力になっている

今回も活動の方法論をぶちます



今後NHKはあの番組を基準点にして番組を作るつもりです。


4月5日 わたしあのNHKの左翼偏向番組を出張先の某ホテルの部屋で飯食いながら見てました。見ながら、『鬼畜左翼と本当に戦わなければならない時期に入ったんだ!』と実感しました。元々政治になんの興味も無かったこのわたが強い右派になるきっかけも20年ほど前に見たNHKの討論番組でした。(よーめんブログ第一回”こんにちはよーめんです(n_n)v ”参照)

その後NHKは暫くは大人しくなりそれでも定期的に鬼畜左翼めいた番組を放送していましたが、それでも政治的に意見の分かれている問題に関しては仕方なく両者の意見を取り入れていました。左翼在日の言い分が八割。保守派の言い分が二割くらいで気に入らないのですが。後でごうごうたる批難の声が来るのを意識して左翼偏向報道をやや遠慮している態度がうかがえしれました。

しかし、今回は始めから喧嘩を売るつもりで番組を作ったようです。それがNHKの会長の言い草にも現れています。あの番組が問題なければ今後NHKはあの番組を基準点にして番組を作るつもりなのです。



抗議電話も抗議メールは無いよりマシですが全く効果無い事が分かりました。 


今まで延べで何万件?!何十万件?!の抗議がNHKに行ったか想像付きますか?

しかしあの番組はその保守派の抗議の声を完全に無視したのです。端からヘとも思っていないのをお気づきでしょうか?!



もう通常の方法ではNHKを止める事はできません! 



ネットで騒ぐだけの時期はもう終わったんだ!


ある時期、ネットはネットで大騒ぎする事により左翼・在日工作員連合の陰謀を多くの人達に知らせることに関してネットは救世主でした。しかし、今は次の段階に入らなければ左翼・在日工作員連合に負ける事が確実になっています。




お気づきでしょうか?!

敵は以前にもまして強力になっていることを!


ネットの時代になり情報を共有出来るようになってもNHKは更に悪化したのです。会長のJAPANデビューの答弁からして異常です。外部から招かれた会長でさえ、怖くて本当の発言が出来なくなっているのです?! おそらく内部は完全に左翼・在日工作員連合の支配下にあることが伺えしれます。


であるなら、NHKは完全に叩き潰しても構いません!よーめんのクーデター15ヶ条ではNHKを生かす計画でした。国民の汗と血で購入した膨大な量の放送機材があるからです。しかしもうこうなったら爆〇破〇しても構いません。また一から買い直せばいいではないか。




相手に対して突撃して、当方痛い思いを繰り返し、そこで少し日本は変わるのだ。


散〇銃の数百発の鉛の〇を顔面と下腹部に〇〇して始めて話が始まるのです。



この国は銃による支配でしか変わらず。銃でしか変えれない!




このブログの注意事項参照



>>>>>


17日集会の動画です。後れ馳せながら上げました。

当たり前のように貼ってある動画のアドレスですが、撮影から編集をプロに作らせれば数十万円請求される仕事です。

つまりこの二年 週に2~3回の動画の制作費は全部合わせると数百万(数千万円?)の価値になっています。ぜひご覧頂き★印評価してください。

よーめんブログのランキングアップと動画の評価だけがエネルギー源なのです。

17日に行われた各弁士の動画をご覧下さい。


PeeVee.TV版
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る01/12
http://peevee.tv/v?5hcxbc

『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る02/12
http://peevee.tv/v?5hcz7b
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る03/12
http://peevee.tv/v?5hd0a4
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る04/12
http://peevee.tv/v?5hd3bc

『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る05/12
http://peevee.tv/v?5hd4e3
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る06/12
http://peevee.tv/v?5hd624
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る07/12
http://peevee.tv/v?5hd7d1

『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る08/12
http://peevee.tv/v?5hda4d
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る09/12
http://peevee.tv/v?5hdcc8
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る10/12
http://peevee.tv/v?5hdea4
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る11/12
http://peevee.tv/v?5hdfef
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る12/12
http://peevee.tv/v?5hdieb


YouTube版
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る01/12
http://www.youtube.com/watch?v=ty1SMVhbV4M
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る02/12
http://www.youtube.com/watch?v=SzpXUB_tQ3M

『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る03/12
http://www.youtube.com/watch?v=Ss60iWjhkGc
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る04/12
http://www.youtube.com/watch?v=ACamEFpJkxI
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る05/12
http://www.youtube.com/watch?v=0V72_SMfwmE

『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る06/12
http://www.youtube.com/watch?v=cH9W-LGKFeM
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る07/12
http://www.youtube.com/watch?v=OTMBU3y060s
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る08/12
http://www.youtube.com/watch?v=FM951q7YabE
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る09/12
http://www.youtube.com/watch?v=JNuuCiq3qjs
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る10/12
http://www.youtube.com/watch?v=icXm5Gcpddg
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る11/12
http://www.youtube.com/watch?v=cHu8skuMUNk
『語るから行動する運動』が直面する課題と問題点を探る12/12
http://www.youtube.com/watch?v=GdyjtwXiHxg
再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=8A1E682EB77669AE--


>>>>

「下記のピースボートの自衛隊問題の矛盾」


これらの問題も掲示板やブログでボヤいているだけでは千年経っても日本は変わらない!


ピースボート護衛受ける ソマリア沖
2009.5.14 01:38

このニュースのトピックス:国会
 海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。

 くわしくは  
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090514/plc0905140140001-n1.htm
魚拓コピー



生粋の綺麗事左翼の場所





日本でただ一つの過激な事を言うブログ(言えるブログ?!)を下げるのは損だよ!
↓↓↓
人気blogランキングへ



鬼畜左翼ハイエナ相手に抗議メールではもう効かない!

突撃の勧め!


ネット保守の皆さん!

抗議メールではとも動じないのをもうお気付きでしょうか?

直接行き事務所の中にまで入るのです。そこでスッタモンダするのです。(なるべく法に触れないように)

第二第三の組織・団体が順番に直接行って、ウンザリさせるのです。場合によれば自宅急襲もやむなしなのです。

日本は巨大な力に支配されているのです。それに太刀打ちして行くには、直接行かないとダメなのです。しかも我々だけで無く沢山の団体が怒涛の如く行くのです。恫喝集団が来たかと思えば、屁理屈の得意な集団が来たり、また主婦グループがいれば、真面目そうな人達の集合体が来たり。など何派も連続して行くのです。そして最後自宅急襲です。


毎日朝から晩まで反対の団体の相手をさせるのです。そこまでやってどうなるか?というところです。


まだわからんかい?いや、もう分かっただろ!


五月なので”こいのぼり”をクリックしてください!

よろしく↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2009-05-22 00:40 | 活動の方法論
<< 制空権を取られた保守 事件を起こせばマスゴミは取り上げる >>