警察がとろいな。

警察の警備が甘いな~


昨日の在特会の京都デモ。(中段に借り物の動画あげました。)


次から次と突っ込んで来る左翼の妨害を好き放題にやらしている警察は何をボヤボヤやってるんだか。

爆竹まで投げ込んだら最低六ヶ月は留置だろ?

それにしても京都に多くの行動保守が集まり良かったですね。1100人はムリでも東京から遠く離れた場所なので172名。対して左翼側が220名。在特会が二年前からやっと組織集めが始まった事を考えれば成功と言っていいのでは?!


左翼団体と朝鮮人の動員力を見習わなければならない。


何回も突っ込んで来る左翼

動画 ちょっと借り物 参考;ミクシのしきしまさん当方撮影動画はもう少し。

在特会デモin京都!左翼の妨害(21年6/13)①
http://www.youtube.com/watch?v=3WTbd1miZas&feature=channel_page
在特会デモin京都!左翼の妨害(21年6/13)②
http://www.youtube.com/watch?v=AAy_va1UD24&feature=channel_page
在特会デモin京都!(21年6/13)③
http://www.youtube.com/watch?v=cTQooARBFLE&feature=channel_page
在特会デモin京都!左翼の爆竹点火(21年6/13)④
http://www.youtube.com/watch?v=xfP21uxDMXk&feature=channel_page




>>>>>>>>>>>>>>>



昨日までのよーめんのエントリー(台湾抗議出来ない人気ブロガー達)について


早速、文句を言って来てますが我々行動保守の活動を自身のブログで”紹介しない取り上げない”のは向こうの方で、こちらは向こうの活動を紹介したりしているのだ。


ただたしかにブログ更新予定のスケジュールの問題があるので細かいことまでとやかく言うつもりは無い。



なので今回の台湾の尖閣諸島領海侵犯の件だけの事を言っているのでは無いのです。

瀬戸氏・西村氏・桜井氏の活動を一度も取り上げた事が無い保守ブログはありますよね。それってよーめんの常識を超えているのです。

よーめんは活動している人達なら誰でも良いのです。


「分裂させたいのですか?」みたいな事を言っている人もいましたが、もう分裂してるじゃないですか???(笑)

なので荒療治です。





こちらは過激か?

前例が無いから過激に見えただけ?!


ところで以前の河野談話の会の時のこちらの活動が過激だとかで離れて行った人もいるでしょうが、あれから二年経ち、今日上げた6,13在特会京都デモを見てもなお当時の河野談話の会が過激だと今も言えるのでしょうか?

言えないでしょう!向こうは体当たり攻撃や爆竹攻撃までして来るのです。
最近の動画を見てお分かりのように、現場はもはや戦場てあって温厚派の方が当初言っておられたシュクシュクやるような体制では即刻葬られ空中分解してしまいそうなほど左翼は喧嘩腰なのです!それに対して警察は何もしませんよ。

今後はもっと危険な事をして来る可能性あります。キチガイがナイフ持って乱入して来たり。相手はコレまで大量の殺人を犯して来た人達です。



もしよーめんがここで生温い事を言っていたとしたら。ここまで辿り着けただろうかと考えます。辿り着く事は辿り着けたでしょうが、今日の妨害で対応出来ただろうか?と考えます。繰り返しますが警察は何もしません。”死人が出たらやっと動く”と思ってもいいでしょうね。


例えば「怒鳴ってはダメ!怒ってはダメ!叩き出せはダメ!掛け声の途中途中のドスの効いた掛け声はダメ!あげく日の丸をあげてはダメ!日本人は桜の木を愛する民族です。和を大切にするのです。美徳が!」とよーめんがここででかい声で言っていたらどうなっているでしょう!つまり行動保守を批判する側になっていたり、批判とまでは行かなくても活動の頭を叩く事を徹底していたらどうですか?


よーめんの発言は意外と発言力があり主張が通ってましたよね。




左翼相手のデモは極めて危険です。しかしだからと言ってもこちらが暴力に訴える訳ではないのですが。

ならばなぜ過激でないとダメなのかというと。

格闘技の出来る奴と出来ない奴とでは危険な状況に立たされた場合の安心度が全く異なるでしょう!

例えば自分の組織が柔道三段・空手三段・剣道三段の集団か、逆に喧嘩が出来無い集団の場合とでは仮に手を出さないとしても見ていて安心度が全然違います。最悪でも自分の命を守れるだけの力が無いといけません。

力には力を!の世界が今後有り得ますね。またそうなる前に、抑止力としてある程度の力を見せておく必要も当然あるでしょう。威嚇したり大声を上げておく必要もあるでしょう。(チンケな生き物は強いものには弱く弱いものには強いというところもあるので。)


つまり、過激な方が良いとは修羅場を想定しているのです。今にして思えば温厚派は修羅場という物を全く想定していないですね。妨害されるという概念を持っていないのです。お花畑ってやつです。


よーめんが言っているのは分かりやすくいうとそういうことなのです。
(それでも生温いのは好かんのですが)




日本でただ一つ 過激な意見を堂々と述べているブログに応援を!
↓↓↓
人気blogランキングへ



お知らせ

>
ブログ「doronpaの独り言」の人気ブログランキングをもっと上に上げよう!
http://ameblo.jp/doronpa01


>

大変恐れ入りますが、その前に"虹"をクリックしてください!

よろしく↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2009-06-14 04:00 | 活動の方法論
<< 保守VS極左 台湾抗議出来ない人気ブロガー達! >>