対カルト地裁前動画

東京地裁抗議動画

創価公明議員の不正追求をしていた”まきやすとも”さんが名誉毀損で本日24日東京地裁に呼び出しを受けたので地裁に抗議している画像と動画が早速送られて来ましたので紹介します。削除されないうちにご覧下さい。

情報公開法により取り寄せた「ガソリン代金不正請求返金用紙」
f0091252_22581017.jpg


つまり本人も認めている事実を追求していた訳だ。公的資金なので国民の損益に関わる問題を街宣していたわけだ。ウソでは無く公共の利益に関わる問題だ。これで罪として成り立ったら大変だ。さあどうする?警察・地裁!
f0091252_22583752.jpg


動画

警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(1/3)6.24


YouTube版
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(1/3)6.24
http://www.youtube.com/watch?v=c1a4LAAlBFo
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(2/3)
http://www.youtube.com/watch?v=hhCAR9eZPhM
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(3/3)
http://www.youtube.com/watch?v=m_gCdW3edI4
再生リスト
http://www.youtube.com/view_play_list?p=AFBAE3EB3E7877F4

PeeVee.TV版
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(1/3)
http://peevee.tv/v?5m604f
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(2/3)
http://peevee.tv/v?5m6317
警視庁はカルト教団の犬に成り下がるな!(3/3)
http://peevee.tv/v?5m65d2


(動画サイトの説明より) (せと弘幸blog『日本よ何処へ』と重複します)

槇やすともさんの街宣活動に対する公明党=創価学会の「街宣禁止を求める仮処分」の聴 聞が24日、東京地裁で4時から行なわれ、「行動する運動」メンバー約30名が地裁に 駆けつけました。

今回の街宣禁止を求める仮処分は断じてこれを容認することは出来ません。言論の自由や 表現の自由は最も尊いものであり、これは守っていけなければならないものです。

言論の自由が認められない国家や社会とは、北朝鮮やシナ中国のような暗黒の社会であり 、人々は恐怖に怯えながら生活をしていかなくてはなりません。

そのような暗黒社会の到来を絶対に許してはなりません。
我々は本日民主主義社会の根幹とも言うべき、言論の自由を守るために立ち上がりました 。

先ず事実関係ですが、高倉良生都議は前回の都議会議員選挙において、平成17年6月2 4日~7月2日までの間にガソリンスタンドにおいて宣伝カーに次のように燃料を入れた と平成17年7月4日に選挙管理委員会に報告した。

 6月24日43ℓ 25日114ℓ 26日82ℓ 27日158ℓ 28日118ℓ 29日87ℓ 30日148ℓ 7月1日204ℓ 2日81ℓ

以上

これは高倉良生の名前で出され本人の印鑑がつかれていた文書で提出されています。一日 204ℓものガソリンを使ったら、一体どこまで走れるのか?

次にこの問題を市民オンブズマンなどの不正追及で明るみになると、慌てて金額に誤りが ありましたとガソリンスタンドの会社が返納しました。これが平成19年の10月19日 です。

さて、この問題で本日の「仮処分事件」を担当した裁判官は次のように槇やすとも氏に質 問したと言います。

(1)詐欺を働いたという明確な証拠はあるか?

(2)ガソリンスタンドと共謀したという事実はあるか?

バカじゃないのか-と思ってしまいました。本来ならそれを調べるのが司法ではないか。 この事件は不正な請求に応じて、一旦はお金を払った東京都が先ずは詐欺罪で告訴すべき でした。

その告訴を受け、警視庁が捜査をして検察庁が裁判にかけるかどうかを判断すべきことな のです。その当然のことを司法当局がやらないから、一般の市民がこのような形で告発し ているのです。

このようなことを一般の市民に聞くのなら、裁判所はこの「仮処分事件」の判断を下すに 当たって最低限、次のことをしなければならないでしょう。

(1)高倉良生都議の署名がある「選挙運動用自動車使用書」(燃料)の文書は本人の自 筆によるものなのか?

(2)燃料代を申請したガソリンスタンドの店員や当時の記録を取り寄せ、本当に選挙宣 伝カーにそれだけの燃料を入れたのか?

(3)高倉都議とこの燃料販売会社との間に共謀性はなかったのか?

(4)燃料費返納の指示は誰によるものなのか?

それくらいの調べをした上で決定すべきだと思います。そのようなことを裁判官が関係者 から聞いた上で、詐欺師呼ばわり、ペテン師呼ばわりすることに関しての裁判所の意見を 言うなら理解も出来よう。

しかし、自分達は何もしないで公明党=創価学会の主張だけを取り上げて明確な証拠はあ るか、などとは噴飯もの以外の何ものでもない。
(せと弘幸blog『日本よ何処へ』より)





これ以上好きかってやらせない。


命を懸ける時が来ましたか?!


>>>>>>>>>>>>>>


さて、前回のエントリーのつづき行きましょう。


表の組織と裏の組織が必要ということです。

⑪話し合い隊を追加しました。



日本を変える裏部隊組織

①正攻法で行く集団 普通のデモや街宣 署名 訴訟 チラシ配布 宣伝

②主婦層の集団 親の会のようなのがNHK職員を招いての懇談会

③政治家の集団 政治家らが押しかけ反日組織(NHK等)と会話する。

④知識人・インテリの集団 ガーと話すタイプでは無く、ネチネチとした喋り方をする人達。あの朝鮮人で反日の東大教授のようないや~な感じの人達の集合体

⑤少し怒りっぽい人達の集団 デモでは警備員とイザコザを起こしたり平気で突入するイケイケの人達 全員西村さんみたいな集団(笑)

⑥無秩序の集団 誰が主宰者かが謎の集団が現れて大暴れをしたり自宅や個人に何かをしたい人達。法に触れる事をする危ない集団。



これより下は後方支援部隊

⑦知能犯の集団 主に電波ジャ〇ク等を行ったり。反日を叩く放送を行う。高度な知識が必要な集団


⑧動画製作班 何も知らない一般の人達に日本の反日状況を知らせる動画を作りネットやDVDにしてばら撒く集団 電波ジャ〇ク班に動画の提供もする。


⑨チラシ・小雑誌・新聞製作班
 日本を取り巻く反日状況を見て分かる記事を書き配布する。将来は販売も可能。

⑩諜報部隊 反日組織内部の情報を探ったり潜入したり、労働組合と交渉したり敵を内部から揺さぶる。スパイ活動的な裏部隊で特に秘密主義の組織

⑪話し合い隊  過激な事がどうしても合わないという方にピッタリ 左翼・在日工作員相手にテレアポを取り毎日話し合いに行ってもらう。話し合いで日本を右寄り、もしくは中立に戻そうという人達。かなり難しいと思うが・・・・大丈夫か?!




ってことで、なんせ頑張ろう!

よーめんを支持するって方↓

人気blogランキングへ



お知らせ!6月26日(金) 東京地裁へ集合を

  公明党(創価学会)と戦う仲間を司直の手に渡すな!

<警視庁は問われているぞ!カルトの味方か国民を守るのか?>

カルト教団は社会に蔓延るカビ、カビの天敵は陽の光、陽の光とは国民の声だ



◆槇泰智氏と黒田大輔氏が創価学会と公明党の政教一致を糺し、東村山市議・朝木明代さんの「謀殺」解明を訴える街宣活動を、創価学会関連施設付近で精力的に展開している。

◆これに対し創価学会は、両氏の「街宣活動禁止仮処分」を東京地裁へ申し立てた。カルト教団の脅しに屈せず行動する運動へ恐れを示す対応だが、この申し立てが受理されるとしたら国民の言論の自由は独裁国家並みに蹂躙されてしまう。

◆槇泰智氏が公明党(創価学会)から刑事告訴され、警視庁はこれを受理したにもかかわらず、同氏を取り調べと逮捕もしないでいる。これは偏にカルト教団を恐れずに戦う両氏への国民世論の支援があるからである。謀殺された東村山市議の朝木明代さんは生前、「創価学会はカビのようなもので何も恐れることではない。カビが最も恐れるのは陽の光、陽の光とは創価学会を批判する皆さん方の声」であると語っている。

◆マスコミと保守派が事態を意図的に無視するが、我々はカルト教団との共存を認める利権分配集団の一員ではない。圧倒的多数を占める反創価学会の国民世論を背に、この国の自由を創価学会から守り抜かなければならない。


場所:東京地裁前

日時:6月26日(金) ①12時半集合(街宣)、聞き取り開始13時半から
          ②15時集合(街宣)、聞き取り開始16時から


呼び掛け:主権回復を目指す会、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

連絡:西村(090-2756-8794)瀬戸(080-1240-7123)






      注意;意味不明のトラバやリンクをうかつにクリックしないでください↓
[PR]
by youmenipip | 2009-06-24 23:12 | 鬼畜カルト問題
<< ネットが無ければ逮捕! 無秩序のデモも必要! >>