爺さんよ命を捨てなさい!

爺さんよ命を捨てなさい!(笑)


教えてよーめんのコーナー 第三回

(よーめんブログへの読者投稿コメントより)


あなたは兵士として戦場で御戦いになる御覚悟はあるのですか。
有事の際、確実に殺されることが分かっていても戦場に行く御覚悟はあるのですか。
戦場で戦う兵士の気持ちを御考えになられたことはあるのですか。
戦死する御覚悟はあるのですか。



ペストアンサーに選ばれた回答

回答者;youmenipip


誰に質問しているのか分かりませんが取り合えずよーめんが答えましょう!

Q;あなたは兵士として戦場で御戦いになる御覚悟はあるのですか。
Q;有事の際、確実に殺されることが分かっていても戦場に行く御覚悟はあるのですか。


A;この手の質問は左翼に多いのですが、言霊から真面目さが漂っていますので真面目な旧保守の方としてお答えしましょう。

よく左翼と論戦していると「貴方は特攻隊のように爆弾を抱えて死ねと言われたら死ににいけるのか?」といった質問してくる場合があります。左翼は国の為に死ぬ事は100%ありません。左派・左翼は国の為に死ぬ事は愚かな行為と思っています。自分がそうだから皆もそうだと思っているのです。つまり右派や保守は自分は死ねないが特攻隊を美化して喜んでいるだけだと思っているのです。

質問で「有事の際に殺されると分かって戦場に行く覚悟はありますか?」とのことですが。近代戦で日本が戦争をするとしたら米国から輸入している武器で米国の援護の元に戦うわけなので当然昔の戦争とは意味合いが少し異なります。死にに行くというより勝ちに行くという戦争になるはずです。しかしここはその質問に答えるとすれば出来る人はいると思います。というより今後そういう人を増やすのが我々の目的です。


Q;戦場で戦う兵士の気持ちを御考えになられたことはあるのですか。
Q;戦死する御覚悟はあるのですか。

A;
このブログを自衛隊員や元自衛隊員の方が見ていてもおかしくは無いと思います。
よく自称元自衛隊員と称する人からいろいろ言われる事もありますが、よーめんは何処かの国と戦争しようと言っているのでは無く、国内の革命の話しをしているのです。通常の戦争の話しをしているのではないので、その手の質問は次元の異なる質問になります。


ちなみに戦後自衛隊員が反日組織相手に命をもって抗議した例はどれほどありますでしょうか?(それが良いとか悪いと言う意味では無く)私はあまり聞きません。(三島由紀夫を除いて)ただ、一年くらい前に若い自衛隊員が国会で腹をかっ捌いた事件と中国大使館前で焼身自殺した例がありましたよね。

右翼や右派系保守の人が抗議先で死を持って抗議した例はいくらでもあります。一件どころではありません。この比較論からいっても戦う勇気とか戦死する覚悟は通常の自衛隊員と同等か高いと見ていいでしょう。

質問の「戦死する御覚悟はあるのですか。」については今言った比較論からみて反日問題に対しては本職の方よりも一般人の方が実際に多くやっている。ということが回答です

戦う意義をしっかりと認識すればこの国の誇りと尊厳を取り戻す為に誰でも命を掛けて戦う事は可能です。ご安心ください。


_____________________________

以上がベストアンサーに選ばれたyoumenipipの回答でした。参考になった方は下記の応援クリックよろしくです。


>>>>>>>>>>>



このブログと他とのテンションの違いはなんだ?!

皆さんは、よーめんはいつも何を力んでいるんだ?

と思ったりしたことはないでしょうか?(笑)


命の懸かり具合が全く違っている可能性があります。



ちなみに、本日のエントリーの題名 「爺さんよ命を捨てなさい!」という事ですが。

言うまでもありませんが。

未来のある若い人が命を捨てて、爺さんはどぎゃんするとですか?


政治家の引退後の醜態はなんだありゃ?もう選挙は関係ないはずなのに誰か一人でも国会で腹を掻っ捌いた政治家はいるのか?国会議員の老後は国会で腹を掻っ捌けよ!若い自衛隊員がやってるんだ。



>>>>>>>>



お知らせ


今日です!

緊急◆三鷹市役所へ集まれ!

<一転して反日極左の「中学生のための慰安婦展」が再開へ?>

規則を蹂躙する清水富美夫・生活環境部コミュニティ文化室長の“犯罪”擁護を許すな

子供を歴史捏造(「中学生のための慰安婦展」)から守れ!

日時:平成21年7月7日(火) 11時半


場所:三鷹市役所
http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_service/001/001624.html
呼び掛け:主権回復を目指す会



共同通信が慰安婦展示会援護ぎみに報道している。

>
三鷹で慰安婦パネル展が暗礁に 反対団体、会場を重複予約
 市民団体が従軍慰安婦問題を扱うパネル展のため東京都三鷹市の施設を会場予約したが、開催に反対する団体が「予約の申請書類が出ていない」として後日、同じ会場を重複して予約したため、開催が危ぶまれていることが6日、分かった。

 主催者は「過去にも口頭で予約しており、市の手続きミス」と批判。会場の市民協働センターを管理する市コミュニティ文化室は「2団体とも正式受理せず保留扱い。数日中にどうするか決めたい」としている。

 主催者の「フィリピン元『慰安婦』支援ネット・三多摩」によると、パネル展は今月29日~8月3日。4月にセンターに口頭で会場予約し、市は6月26日に市のホームページに「中学生のための慰安婦展」とイベント案内を掲載した。

 市などによると、このころから市や主催者に中止を求める電話やメールが相次ぎ、市はイベント案内を削除。さらに中止を求める「在日特権を許さない市民の会」などが、支援ネットが会場を借りる申請書を出していないことを確認し、パネル展と同じ時期に会場を借りる申請書を提出。その後、支援ネットも申請書を出し、予約が重複する形になった。





開催が危ぶまれているだと?


市民のほとんどが楽しみにしていたとでも言うのか?

印象誘導操作にも抗議を!




みんな腹をかっ捌く覚悟を!

よーめん支持!

人気blogランキングへ

多くの国民に知らせる為に↑

教えてよーめんのコーナー
第一回 極右と極左の違い
http://youmenipip.exblog.jp/11268006/
第二回 青年よ命を捨てなさい!
http://youmenipip.exblog.jp/11454888/
[PR]
by youmenipip | 2009-07-07 00:17 | 教えてよーめん
<< 何度も言いますが過激に! 青年よ!命を捨てなさい! >>