実写版ヤマト 何故極右軍事アニメは必要か?! 

宜しければ始めにクリック宜しくです↓
人気ブログランキングへ
実写版ヤマト 何故極右軍事少年育成アニメは必要か?!                                                   

実写版宇宙戦艦ヤマト観ました。


f0091252_21382650.jpg


ネタバレになるので内容はあれですが。あれを見てウルウル来ない人は問題ですね~。自分の場合は別の意味合いもあってウルウルジュクジュクするシーンが20回ほどあって酷かったです。30年以上前にさらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たちを映画観で観て腰が抜けて立ち上がれずその場で6本計12時間観たという話は何回もしましたが。それがきっかけで極右少年になり。(というより松本零士ファンになり)そのうちに実写版を観たいな~と思うようになってから実に30年経っていたわけです。

その間もご存知のように当ブログの記事に何回も登場するほどのヤマトファンで、自分の人格形成が一本のアニメで作られたと言ってもいいほど強く影響を受けているようです。何かの目的達成の為に死ぬこと、自爆攻撃/特攻攻撃を奇麗事や美化したものでは無く必要不可欠なものとして知ったのもこの映画です。


愛国心?!

実際に子供が特攻隊の映画を観る機会ってそう無いじゃないですか。それがアニメの場合身近にあるので巧い具合に愛国教育になります。youtubeの特攻隊の突撃シーンの動画のコメントで特攻隊は”バカげている”とか”無駄死にだ”とか命令した日本の首脳陣らを批判する等のコメントがたまにあります。アレは現場での本質を全く知らないわけです。


なぜヤマトのアニメが愛国教育になるか。

宇宙戦艦ヤマトの映画で隊員が特攻して死ぬシーンを見て地球防衛軍の首脳陣らを批判するコメントって無いじゃないですか!(笑)この原理でああいう映画を観ている子が旧日本軍や旧日本政府を批判する事はあり得ないのです。


おっちょこ日本人らはどう思っているのだ?聞いてみたい



まずアニメのヤマト愛の戦士たちのシーンで「主人公古代進の先輩らが古代進を逃がす為に古代を先に行かせて自分らは爆弾を仕掛け敵の巨大基地と共に自爆するシーン」があります。それを観て地球防衛軍の首脳陣らを恨む発想は出ません。なぜか?左翼に聞いてみたい。左翼に言わせると戦争を始めた国が悪いということになります。あげくの果てに天皇陛下が悪いとなるわけです。ならば地球防衛軍を批判してみせてほしい(笑)


戦争というものは何かの理由で始まり敵も味方もみんな何かの目的の為に自分の意思で戦っているわけでそれは相手がガミラスであろうが米軍であろうが原理は同じなのです。そこで誰かが死んだからといって死んだ隊員の国の政府首脳陣らのせいにしてみても仕方が無いのです。

左翼在日の中には映画のヤマトは自分の意思で死にに行ったが。旧日本軍は命令ではないか!と思う人もいましょうが。これはたまたまヤマトを例にしたにすぎず。例は何だっていいのです(笑)しかし仮に映画のアニメの中で命令での突撃シーンがあったとしてもそうなるいきさつの現実を映画で知っておりその中での出来事であればそれが本人も望んだことならば貴方も仕方が無いとして認めるでしょう。

それをリアルの戦争でその場にいもせず。しかも60年経ってもまだ騒ぐ。日本が勝っていれば戦争を始めた日本の責任を追求していないはずです。


左翼よ!人が死んでも日本が勝っていれば戦争を始めた日本政府を追求していないのだよおっちょこ?!

勝とうが負けようが死ぬのには変わりないだろうが。だがら左翼はデタラメなんだって。


恐らく日本が勝っていれば左翼などのゾンビは出没してない可能性がある。ゾンビの思想はあきらかに後からGHQと工作員に埋め込まれたものなんだ。



日露戦争で勝った東郷閣下は英雄で

負けた時の首相は犯罪者?アホかいな!




実写版ヤマトは最近もう一つあったでしょう!画像は四年前に作られた男たちのYAMATO
f0091252_2034315.jpg



負けただけの国を誰も批判は出来ない。と思う方↓

支持宜しく!
人気ブログランキングへ

参考

公式サイト
http://yamato-movie.net/index.html
Sapce Battleship 実写版ヤマト 予告編
http://www.youtube.com/watch?v=Nl9FnHsF8yM
よーめんのブログ
http://youmenipip.exblog.jp/14886782/
アニメ版さらば宇宙戦艦ヤマトその最後のシーン
http://www.youtube.com/watch?v=5kevirsWjCo&p=AD754EB9123A1BA0&playnext=1&index=10

>>>>
>>>>


「真実はどこに...」の日英対訳版が出来ました。素晴らしい!ぜひご覧頂き拡散お願いします!
Kamikaze, where is the truth? 真実はどこに・・・
http://www.youtube.com/watch?v=HTjvmYHS3Mw

韓国語版も出来ました。

진실은 어디에...(真実はどこに・・・)
http://www.youtube.com/watch?v=Q5_0W4cUEQ8

コメントには大量の工作員もやって来るでしょうが。よろしくです!

何方か中国語版のテキスト起しだけでもお願いします。



尖閣動画撮影者流出者の方々へ よーめんからのプレゼトです


動画流失海保隊員に感謝状贈呈される
http://youmenipip.exblog.jp/14970478/
がんばれ、海保! Japan Coast Guard
http://www.youtube.com/watch?v=PhmRVtbLXig
ほほえみは光る風の中 「殉国者国民法」
http://www.youtube.com/watch?v=elPqLm5Kjbk
戦場の名言 大東亜戦争
http://www.youtube.com/watch?v=FriNRAPenCM&playnext=1&videos=BI8rrkE7azQ

その他の日極会動画もよろしく!拡散よろしく。

自衛隊 魂の回帰 JSDF, The Refrain of Soul
http://www.youtube.com/user/opnkikusui#p/u/0/1Vs_dlwn6-A
自衛隊 後の日本皇国「国防軍」 Japan Self Defence Force, JSDF
http://www.youtube.com/user/opnkikusui#p/u/3/1aRThzLhay8
自衛隊 @ ジブチ 海賊対処部隊 JSDF Anti Piracy Unit @ Djibouti
http://www.youtube.com/watch?v=KvK0fqCuDEU

>>>
半年前のネタが現実化するよ

なんだかもう懐かしい動画になって来た↓それほど時代の流れが速いのだよ。

日本人人質救出作戦 よーめん特殊部隊(字幕入り)
http://www.youtube.com/watch?v=XH-WrRDknJE
よーめん親衛隊募集ブログの中国武装ゲリラに占領された日本のある村のシュミレーション
中国の属国化最悪シナリオ リアル版
http://youmenjpjp.exblog.jp/12982105/
f0091252_153982.jpg

自衛隊が決起する映画
立ち上がれ!憂国の自衛隊員達よ!
http://www.youtube.com/watch?v=RoWvI2_X998
決起した自衛隊のリーダーらしき人が叫んでいます。

「我々日本人は古来から道義、忠誠心篤く、一億一体となって皇室を中心とした民族国家を形成してきた。しかるにいま、どこに愛国心があるか、どこに日本固有の文化があるか。道義は綿のごとく乱れ、秩序は破壊されようとしている。国体を守るのは軍隊である。自衛隊が目覚めて真の軍隊たらんとするときこそ、日本が目覚めるときである。建国の本義とは、天皇を中心とする日本の歴史、文化、伝統を守ることにしか存在しないのである。我々は耐えた。ただひたすら耐えた。日本人自ら、自衛隊員自らが目覚めてくれる時を。しかし、聞け! 憲法改正は既に政治的プログラムから除外されたのだ。憲法改正が我が国の議会制民主主義の元で不可能であるのならば、我々の取りうる道は1つ。我々自身が決起することである。自衛隊が健軍の本義に立って真の国軍となるために、我々は怒り、悲しみ、・・・・我々は命を捨てて国の礎石たらんとしたのである」


f0091252_14552573.jpg

          









◆よーめん親衛隊緊急募集◆

日出づる国 クーデター近し

f0091252_249715.jpg




youmenipip@hotmail.co.jp
youmenipip@yahoo.co.jp


>>>

日本青年社 尖閣諸島灯台建設 保守管理 動画
http://www.youtube.com/watch?v=dwlrbha2Fwk
英語版
Voyage to Senkaku Islands, 灯台物語 尖閣諸島への ボヤージ
http://www.youtube.com/watch?v=4fzuKQWKneY

>>>>>>





人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2010-12-05 21:51
<< 北方領土今更眺めても・・・ 核も空母も極右政権でしか持てない >>