ヒトラー完全コピーしてみる

人気ブログランキングへ
ヒトラー完全コピー

二つ前のエントリー 国家極右主義日本労働者党(笑)の件ですが。

工作員に洗脳されたおっちょこ日本政府の醜態を見れば見るほどこれではいかんと考えやはりあちらの方向に引き寄せられ最近ヒトラー関係のDVDを5~6本ほど観ました。

それを何回も観ているうちにあの過激なヒトラーがなぜ指導者になり、なぜナチスがドイツで政権を握る事が出来たかが分かってきました。そこで今回はドイツでナチスが政権を握るまでの過程を紹介しそれは日本で可能かを考えます。
f0091252_6214041.jpg







ヒトラーの登場

1889年4月20日ブラウナウで税関吏アロイス・ヒトラーとその3番目の妻クララとの間で生まれたヒトラーは厳格で厳しい父から厳しくしつけられる。
青年期の早い段階で父母が亡くなりその後は画家を目指す。少しして第一次世界大戦が始まり伍長まで行く。軍での昇進は遅い方だという。戦争で敵の毒ガスで目を負傷する。第一次大戦でドイツが敗北した事により政治家を目指すようになる。


ドイツ労働者党に入党


バイエルンの国防軍にいたヒトラーは「ドイツ労働者党」の集会に参加した。ここでヒトラーの演説が党幹部らの目に留まり、ヒトラーは入党することになる。この党が後の国家社会主義ドイツ労働者党 通称ナチスになる。この党は当時ドイツに無数にあった小さな政党の一つで町の飲み屋の一室で定期的に集会を行っていた。ここでヒトラーが演説の能力を開花させた。演説の能力は絶大でヒトラーの演説を聞きに多く集まった。党は大きくなった。ヒトラーは党の幹部を屈服させ党の要人となった。


一回目のクーデターは失敗 逮捕牢獄
ランツベルク要塞刑務所収容時のヒトラー(1924年)
1923年11月9日に、党勢を拡大したナチス党を含んだ右派政党の団体であるドイツ闘争連盟はミュンヘンで政権の奪取を目論みミュンヘン一揆と言われるクーデターを起こす。しかし警察・軍隊いずれの協力も得られず、州政府によって鎮圧された。ヒトラーは11月11日に逮捕され、党も非合法化された。

逮捕後の裁判はヒトラーの独壇場であり、弁解を行わず一揆の全責任を引き受け、自らの主張を述べる戦術を取ることで、彼はルーデンドルフと並ぶ大物と見られるようになった。1924年4月1日、ヒトラーは禁錮5年の判決を受け、ランツベルク要塞刑務所に収容されるが、所内では特別待遇を受け一年以内に釈放になる。ここで口述筆記により我が闘争を書く 

政府から2年間演説禁止命令
1925年2月27日、禁止が解除されたナチ党は再建された。しかし大規模集会で政府批判を行ったため、州政府からヒトラーに対して2年間の演説禁止処分が下され、他の州も追随した。その間に「我が闘争」の執筆を完成させ、7月18日に第一巻が発売された。


世界恐慌とナチ党の躍進
不況の混乱の中1930年の国会選挙ではナチスが得票率18%、共産党が得票率13%を獲得し、社民党の得票率24.5%に次ぐ第二党と第三党に成長した。各地の都市でナチス党の私兵部隊「突撃隊」と共産党の私兵部隊「赤色戦線戦士同盟」の私闘が発生するようになった。


粛清

反ヒトラー マスコミの粛清
この頃のヒットラーは私的警察を使い(ヒトラー親衛隊) 反ヒトラーやヒットラー批判のマスコミ編集長らの粛清を行う ほとんどがその場で射殺 

この頃 軍の旧幹部や経済人らがヒトラーを利用しようと接近 資金と人集めに成功

ヒットラー大統領選挙に出馬
大統領になるには過半数の得票率が必要で、一回目の選挙で1位のヒンデンブルグが過半数行かなかった為に上位者三名による決選投票が行われ、その投票ではヒンデンブルク1935万9983(得票率53.1%)、ヒトラー1341万8517票(得票率36.7%)、テールマン370万6759票(得票率10.1%)をそれぞれ獲得した。ヒトラーはヒンデンブルクに敗れるが、一次選挙よりも大きく得票を増やして存在感を見せつけた。ドイツ共産党にとってはナチスとの差が決定的となったことを物語る選挙となった。

ヒトラーは大統領選には敗れたものの、続く1932年7月の国会議員選挙ではナチ党は37.8%(1930年選挙時18.3%)の得票率を得て230議席(改選前107議席)を獲得し、改選前第一党だった社会民主党を抜いて国会の第一党となった。


国会議事堂放火疑惑 共産党員逮捕権限 

ヒンデンブルク大統領の承認を得たヒトラーは国家人民党の協力を取り付けることに成功し1933年1月30日、ついにヒトラー内閣が発足

2月27日の深夜、国会議事堂が炎上する事件が発生した(ドイツ国会議事堂放火事件)。ヒトラーとゲーリングは共産主義者蜂起の始まりと断定し、直ちに共産主義者の逮捕を始めた。翌28日にヒンデンブルク大統領に憲法の基本的人権条項を停止し、共産党員などを法手続に拠らずに逮捕できる大統領緊急令を発令させた。この状況下の3月5日の選挙ではナチスは議席数で45%の288議席を獲得したが、単独過半数は獲得できなかった。しかし、共産党議員はすでに逮捕・拘禁されており、さらに社会民主党や諸派の一部議員も逮捕された。これらの議員を「出席したが、投票に参加しない者と見なす」ように議院運営規則を改正することで、ナチ党は憲法改正的法令に必要な3分の2の賛成を獲得出来るようになった。

ナチ党以外の政党を禁止

f0091252_8574246.jpg3月24日には国家人民党と中央党の協力を得て全権委任法を可決させ、議会と大統領の権力は完全に形骸化した。7月14日にはナチ党以外の政党を禁止し、12月1日にはナチ党と国家が不可分の存在であるとされた。以降ドイツではナチ党を中心とした体制が強化され、党の思想を強く反映した政治が行われるようになった。しかし上層部とは異なった構想を持っていた突撃隊幹部との対立が高まり、1934年6月30日の「長いナイフの夜」によって突撃隊参謀長エルンスト・レームを初めとする党内外の政敵を非合法的手段で粛清した。


f0091252_919203.jpg1934年8月2日、ヒンデンブルク大統領が在任のまま死去した。ヒトラーは直ちに「ドイツ国および国民の国家元首に関する法律」を発効させ国家元首である大統領の職務を首相の職務と合体させ、さらに「指導者兼首相(Führer und Reichskanzler)であるアドルフ・ヒトラー」個人に大統領の職能を移した。この措置は8月19日に国民投票を行い、89.93%という支持率を得て国民にも承認された。ただし「故大統領に敬意を表して」、大統領(Reichspräsident)という称号は使用せず、自身のことは従来通り「Führer(指導者)」と呼ぶよう国民に求めた。これ以降、日本の報道でヒトラーの地位を「総統」と呼ぶことが始まった。指導者は国家や法の上に立つ存在であり、その意思が最高法規となる存在であるとされた。(参考;wiki/ヒトラー映画)



ここまでがヒトラーが政権を握るまでです。


演説で大衆や軍の幹部 経済人らを引き寄せ 資金と人集めに成功 邪魔者は粛清する

他政党も弾圧 法令で他政党の禁止 ナチスの一党単独政党の合法化が決定します。


過激なヘイトスピーチ

ヒトラーは演説では当初からユダヤ人を根絶させると言っています。過激なスピーチ いわゆるヘイトスピーチです。このような過激な発言がどうしてドイツ国民が受け入れたのか?しかも大統領選挙では1位にこそなれなかったものの1位に近い票数を集めておりナチ党全体では国会議員の過半数を占め第一党になっています。

ヘイトスピーチ受け入れ 考えられるのは、
演説が上手いので国民がすんなりと受け入れ聞きなれてきた?! 当時の長引く経済不況。第一次大戦のドイツの敗戦で莫大な賠償金や様々な制約で国民に不満が溜まっていた。

これらの理由でドイツ国民はヒトラーのような指導者を求める体質になっていたのでは無いかと推測できます。



さて日本で可能かを考えます

長くなったので手短に行きます


1.よーめんの登場
右翼の父とウルトラマンの間でよーめん生まれる じゃ無くて普通の愛国者の両親の間で生まれる
第二次大戦で敗れたことにより政治家を目指す

2.日本青年社に入る
ここで得意な執筆と得意の演説で多くの隊員を集める


3、一回目のクーデターは失敗 逮捕牢獄
一回目の決起は警察・自衛隊の協力を得られず失敗 逮捕され豚箱へ

牢屋の中では待遇が良く人気者 口述筆記により”よーめんの闘争”を書く


4、日本政府からよーめん2年間演説禁止命令
出所後、民主党ついに言論弾圧 理由は危険思想家として国民を過激に先導するとしてよーめん集会や演説を禁止する。この頃に”よーめんの闘争”(よーめんクーデター論)発売 


5、長引く不況と日極会の躍進
長引く不況や長引く民主党のおっちょこぶりが後押しし日極会政党 後の国家極右主義日本労働者党に人が集まる

粛清

6、反よーめんや反日マスコミの粛清を行う
秘密警察よーめん親衛隊が反よーめんらをほとんどその場で射殺していく

7、よーめん東京都知事選に出馬
例により政権放送と称してNHKに登場し激しい演説をぶちかまし人気者になるも一回目の選挙で敗北 二回目で当選 続く国会議員選挙 首相選挙では当選を逃すも 国家極右主義日本労働者党の議員が国会で過半数を占め第一党になる


8、国会議事堂放火疑惑 民主党 共産党員逮捕権限
秘密警察よーめん親衛隊が国会に火を放ち民主党のせいにする(笑)


9、日極政党以外の政党を禁止

事実上の単独政権獲得 日本は愛国の国に・・・・



何のこたーねえ。簡単に可能だ。


故によーめんに支持を!




>>>>>>>
>>>>>>>




真面目な話 ここから違うネタ行きます

過激なテレビ局がほしい

チャンネル桜以外によーめん主導型 右派系保守テレビ局があきらかに必要ですな。
デモで2000人の集合力があるのなら。本来はとっくに日本を変えれるのですよ。


予め言っておきますがチャンネル桜の批判記事ではないのでよろしく。少年工科学校の特集番組や自衛隊動画等いつも楽しく見ています。
それでは二発目ぶちかまします。心の準備は宜しいでしょうか?!



よーめんが仕切る2000人は考えただけで恐ろしいデモになります。
過激派が2000人集まるというよりよーめんが発射する電波の影響で人間が本来持っている爆発力に目覚めた人達のデモです。例は極端かもしれませんがチーム関西が2000人いたとしたらどうですか?
よーめんがブチ切れたらもっと過激をやるかもしれません。

桜チャンネルを批判するつもりはありませんが。2000人集めても日本が変わってないじゃないですかということなのです。何度も言いますようにこの国はこの4年でむしろ悪くなっているのです。なのであのやり方は弱いのです。
デモが弱いというよーめんの感想をアドバイスと取るか、批判と取るかご自由ですが。本当に何度も言います。日本は変わっていないのです。あのデモを最近知った人達からすれば。日本はこれから変わる。と思うかもしれませんが。2000人なら5年前にも人権擁護法案反対集会で集まったのです?!それから 5年経って日本は変わったか?だから悪くなっているのです。

なぜ悪くなっているのかというと。
だからアレでは弱いのです。
この国はデモや街宣や署名で変わる国ではないのです。原因はマスコミが左翼だからです。
左翼や工作員が何をどれだけ言っても、日本のテレビ局がそれを取り上げなければ国民はサヨクにはなりません。マスコミは反戦平和と称して国民に奇麗事と自虐反日思想を植付け保守派議員を叩く。すると国民は元々存在しなかったサヨク思想を持ち奇麗事言うようになった。そして選挙ではマスコミにマインドコントロールを掛けられロボットになり民主党に票を入れ民主党政権が誕生した。

そこでチャンネル桜のような放送局が登場して来た事は大変良かったのですが。いかんせん時代はネットの時代になり視聴者はテレビから離れていった。経営が厳しくなる。
それでも宣伝効果はあり人を動員できる。


そこで、よーめんがその電波で毎日朝から晩まで日本人を目覚めさせることを言う!
すると国民はどうなるか?



1、襲撃が始まる(笑)
反日団体 売国奴 組織や個人.マスコミが叩かれる


この記事を見た人の中には引く人もいたでしょうが。よーめんは襲撃をせよとは一言も言わない。誰かを襲えとも一言も言わない。ただ日本人を目覚めさせるだけなのだ。

反日議員はいずれ本当に襲撃をくらい身を隠さなければならなくなる。政治活動が出来ないわけだ。そしていなくなる。反日議員の人数が減って来る。
そのうちに政治家は左翼発言が出来なくなる。はじめは恐怖心からかもしれないがそのうちに反日から目覚め本当に脱する者が出て来る。

2、よーめん親衛隊がたくさん集まる
当然、テレビの電波で好き放題募集宣伝できるので集めやすい。クーデター計画が軌道に乗る するとここの存在だけで左翼政権はビビり愛国的になるかもしれない。

3、デモはムフフ^^なデモになる


これで国は変わる 
実質、クーデターはしていない。組織的な暴力はしていない。よーめんは合法。


みなさん いかに奇麗事では国を変えれないかお気づき頂けましたでしょうか?!

早く気づけ!



今回の記事面白い!と思った方↓
人気ブログランキングへ



よーめん総統閣下 極右軍事政権党大会終了演説第一部
youtube版
http://www.youtube.com/watch?v=lrML85h55JQ
ニコニコ動画版
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9051615
後半 感動のクライマックス↓

よーめん総統閣下 極右軍事政権党大会終了演説第二部
youtube版
http://www.youtube.com/watch?v=gLmuajeIZro
ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9125240
ニコニコ動画版は第一部は異常なレベルの工作員がおいでなさってました.今は粛清済み。ウソを平気で吹聴するやり方。しかも堂々と何の罪悪感も無く!それが左翼・在日の戦法なのだ。結果の為ならそこには道義は無い!命懸けの印象操作 凄かった!


敵もよーめんの心理戦術に困惑

敵さんが、いかによーめんのやり方にパニックっているかが分かるコメントがありました。このよーめんヒトラーのニコ動画が上がった初期の頃。 「ヒトラーが本当にこのような事を言っているのかドイツ語の分かる人は翻訳してくれ!」と書かれてあるのを見ました。(笑)

ヒトラーが生前 「第二次大戦はドイツと日本の敗北という形で終わりました」というフレーズを聞いたら誰がどう見ても変だろう?東京空襲の画像が出て来たり、東京裁判の日本の首相らの判決は不服だと生前ヒトラーが日本援護したりするわけ無いだろう!戦争末期にヒトラーは死んでしまって戦後はいないだろう!

工作員らは、これらの現実が飛んでしまっているんです。つまりよーめんの映像のマジックにハマったのです。

ばか(笑)


人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2010-12-11 10:59 | ヒトラー完全コピー
<< ヒトラー・ユーゲント(ヒトラー... 尖閣諸島に二人上陸 >>