苛め被害の中学生君へ 確実な苛め脱出法は相手を虐殺することである

苛め被害の中学生君へ 確実な苛め脱出法は相手を虐殺することである
ヨロシク
人気ブログランキングへ
 戻りはPC画面の[←戻る]記号ボタンで戻ってください


ちょ、、ちょ、待った。また始まった?!と思うかも知れないのですが。

自分よーめんは小さい頃に父親から「もし苛めにあったら相手の目玉をくり抜け!目玉をかきむしれ!」と教わりました。

小学校4年生だったと思います。これで全てが解決出来たのです。暴力には更なる力の暴力で立ち向かえば良い。と。しかもその反撃は腕力に頼る必要は無くあらゆる手段、武器を使用しても良いと解釈しました。

この父親のトンデモな発言は(笑)よーめんのルーツになっているかも知れないのですが。ここで重要なのは。

(ここから重要→)この言葉を聞いたその日から苛められる事が無くなったこと。
  
(ここも重要→)”苛め克服”とはそういう事だったのです。

元々苛めを受けている訳では無かったのですが。苛めがあっても小4の苛めなどはたがが知れているでしょうが。相手にその数十倍の報復を与えるわけです。

それにより自分は鑑別所や少年院,児童相談所送りになるかも知れないのですが。
(ここ重要→)殺されるよりマシなのです。

分かったかね。



では質問です

貴方は
自分が殺されるのと

児童相談所に行くのと

どちらが良いでしょう?



これを見ている大人の人にも聞いて見ましょう。


どうなんだ!抜かせ!おまえだよ。お前の息子でもいい。抜かせ。「それ以外の方法で考える」等という逃げはもういい。出来なかったから死んだのだろう。どっちだ抜かせ!


失礼しました。


答えは明らかです。もし自分の父親が綺麗事好きな人間なら大変だったでしょう。解決はより難しくなり、子供に無用な忍耐と危険を与え今の時代は最終到達地点まで行くでしょう。


ちなみに児童相談所等は天国です。



親の気性一つ
遺族のお父さんは子供から苛めの相談を受けていたかどうか知りませんが。自分よーめんの父親なら”目玉をくり抜け!”とアドバイスを施しもっともっと早く克服しているのです。気性が荒っぽい人間が苛めを受ける道理が無いのです。


セルフデフェンス・自己防衛の場合
読者の中にはそのような教育をして子供が将来どうなる?と思う人がいるかもしれませんが。しかし自分よーめんは苛める側にも周らず。凶悪犯にもならなかったのは、(ここ重要→)宇宙戦艦ヤマトの主人公、古代進君やキャプテンハーロックが苛めたり凶悪犯罪を侵す事がありえないからです。セルフデフェンス・自己防衛での場合大丈夫でしょう。


そうです、いい具合になったのです(笑)



話を戻しますが。苛めを受けている中学生、高校生君は即刻武器を用意することを考えていいでしょう。一撃で目玉をくり抜くのには何が良いかと。

これを考えた時点で貴方はかなり成長するでしょう。何回も言いますが。よーめんのアドバイスの最大のポイントがここにあるのです。苛め克服とはそういう事なのです。


「武器を持たない喧嘩では貴方は足(蹴り技)を使う事を考えている時点で相手より何歩も有利になっている。」とは某ケンカ空手の創始が言っていた事ですが。たしかに実践でケンカのバリエーションが増え更に広い視野が出来ます。実践で有利でしょう。

格闘技を習うのが手っ取り早いでしょうが。
現実的にそうも言っていられません。

即戦力は
充分な研究と計画を立て武器を持ち充分な練習を重ねて使うことでしょう。


武器で攻撃し相手が死んだり重い後遺症を残す可能性もありますが、そんな心配は無用です。ここで勘違いしてはいけません。何よりも彼は自殺を強要され殺されているのだから。温厚派や綺麗事屋はここを考えず単に目先の発想だけで発言するものだからその無責任な発言に引っ掛けられた者は危険をさ迷う事になるでしょう。


それに素手による応戦も相手が倒れて打ち所が悪ければ死ぬ事もあるのです。相手が死ぬ死なないは武器は関係無いと思った方が良いでしょう。それに素手による反撃が失敗した場合、相手は複数の場合、貴方は危険な状況になります。ならば絶対に勝たねばならないとなった時、一撃必殺!となるのですがよーめんここで空手でよくいう理論の”一撃必殺”は信じていません。綺麗事は大変危ないです。現実は甘くないのです。アニメの世界でもバーチャルの世界でもないのです。一世代前の空手家の妄想は大変危険です。

本当の一撃必殺とは確実に相手がぶっ倒れる事です。本人の腕力や技術に頼るやり方は論外です。




チンピラには「暴力には更なる強い力の暴力には勝てない」事を教えてやれ!

親にはその後の慰謝料の謝金を消す為に裁判終了後に自己破産することを教えてからやれ!





よーめん理論でした。 親と子の生き方塾しましょうか?(笑)


このブログに何かを感じた!

人気ブログランキングへ
 戻りはPC画面の[←戻る]記号ボタンで戻ってください






それにしてもどこの世界に自分の息子に「もし苛めにあったら相手の目玉をくり抜け!」と教える親がいようか!アッパレよーめん一族!と思う方

人気ブログランキングへ
 戻りはPC画面の[←戻る]記号ボタンで戻ってください





軍事訓練パート1
売国奴11名粛清しました
http://youmenipip.exblog.jp/17696042/
軍事訓練パート2
この国ほど血の粛清が似合う国は無いのではなかろうか?
http://youmenipip.exblog.jp/17702966/


次回訓練

8月26日(日)
確定
9月30日(日)
10月28日(日)
[PR]
by youmenipip | 2012-07-27 00:58
<< 苛めを撲滅する方法は綺麗事発言... 遺族は甘い事をしてるとまた起きるぞ >>