マスコミは天誅を下す相手なのに

マスコミは天誅を下す相手なのに

人気ブログランキングへ


そろそろブログ更新しなくては

ブログランキングは下がっているのにアクセス数は変わらないのには内心興味を覚えます。毎日大体1000件~2000件のアクセスがあるわけですが。ブログを更新していないのに毎日尋ねて来てもらって大変恐縮しております。2ちゃんねるで騒がれたからでしょうか?よーめん死んだ?と。(笑)


変わらない日本の現状を見てつくづくウンザリし最近は人気ブログランキングの降下を止めるのが目的のブログ更新をするのもどうかと考え、何か一発必中の新しい打開策は無いものか試行錯誤しています。前向きな理由で一時的にブログ更新を止めていたので安心してもらいたいのですが、一度身に付いた政治思想はもう無くならないものなのです。



小林よしのりも始めはオーム等の社会問題を扱っているうちに気付いてみたら強力な右派系政治活動家になっていったのですが元ジャーナリストの桜井良子もそうです。一度この世界に入るともう他の分野には移らないのです。ただ最近は”差別的な言動は良くない”と左翼にまんまと先導されたような事を言っていることから単なる普通のおっちょこ保守だったわけです。


マスコミから くみしやすし相手


マスコミ:「最近新興保守勢力が”朝鮮人を日本から叩き出せ殺せ!”と言うような極端な差別的な発言をしているようですが小林よしのりさんや桜井良子さんははああいった極端な差別発言をどう思いますか?」

小林:「極端な差別は良くないと思います」
桜井:「わたしもああいう極端な差別発言は良くないと思います」


アホですか?こりゃ。。このようなロジックはマスコミや左翼の戦法で

左翼:「警察官や自衛隊は日頃拳銃で人殺しの練習をしていますが、そもそも人殺しは良いことですか?悪い事ですか?」
左翼:「警察官は腰に人殺しの道具をぶら下げていますが、そもそも人殺しは良いことですか?悪い事ですか?」



と言ったような質問を左翼同士で行い盛り上がっているのを目撃したごとが何度かあります。

それと同じです。マスコミは「差別は良いか悪いか?」といった極端なロジックを使い足を引っ掛けようとしてきます。



警告!マスコミに同胞を売るならそれなりの覚悟が必要


このマスコミは取材費をくれます。このマスコミ批判のよーめんにすら数万円程度の取材費が出るくらいなのでマスコミが特集したい記事に応じた発言をする顔の売れた人ならば数十万円レベルの取材費か出てもおかしくありません。

目先のご機嫌取りで安易に同胞保守を”売って”はいけないのですよ。 方法が違えど辿り着きたい方角は同じであるのでデタラメの世論誘導をしようというマスコミの意に添うような回答を返す必要はありません。マスコミは天誅を下す相手なのです。

「お金をくれるってんなら貰うけどマスコミが作りたいと思う趣向の答えは返さないぜ!それでもよければ質問に答えるけどそれでもいいですかい?」

というより
もしマスコミが貴方に
「最近の新興保守勢力の極端で非常識な差別発言をどう思いますか?」と質問した時点であなたは
「目の前のコップの水を顔面に食らわせ髪の毛をわし掴みにして振り回しガツンガツンと顔面をしこたまテーブルに打ち付けることが出来るかどうか?」
です。

これが出来るかどうかで貴方が真の右翼かどうかが問われるのです。いや右翼かどうかではなく”右翼か左翼か”が問われるのです。(笑)

まさにその通りで。自分で書いて笑いが出て来た。^^


朝鮮人を叩き出せ!殺せ!こんな事を言ってはいけない そんなロジックわかっとるわい。

そんなことより
貴様 いつまでもマスコミどもの”ていのいい”オモチャになっているといつか天誅を食らうぜ



これは戦争という認識はあるのか?


ヘイトスピーチはよくないと言っている紳士に尋ねたいが彼ら左翼のバックには中国共産党、北朝鮮、韓国がちゃーんと後ろ盾に付いていらっしゃるわけですがそれを分かっておられるのか?これは本来国と国の戦争である以上は実際は仁義無き戦いが裏にあるわけです。南京虐殺事件のレイプオブ南京の著者アイリスチャン氏も寝返る危険が出て来た瞬間に中国当局から消されるわけです。反日国家にとっては政治活動の情報操作は命掛けの戦いなのです。



・・・・・



まあこんな感じで宜しければまた記事更新を続けたいと思います。


それにしても何か一発秘中の打開策は無いものか・・・・

今回の記事に何かを感じた方↓
人気ブログランキングへ


f0091252_148331.jpg

[PR]
by youmenipip | 2013-04-30 14:18
<< 日本の議員も韓国に行け 防空避難訓練はしないのですか?(笑) >>