「ほっ」と。キャンペーン

韓国は良いが日本だけダメ?ヘイトデモ

韓国は良いが日本だけダメ?ヘイトデモ
人気ブログランキングへ
あれはヘイトではないが分かり易いようにあえて今回ヘイトにしておきましょう。

過激なシュプレヒコールはダメと日本だけ法制化で禁止にしようという流れに持って行くマスコミ工作員とそれにお目出度く引っ掛かる日本の保守達

韓国では日本人殺せ!は当たり前 しかしヘイトスピーチとして韓国でも日本でも問題にすらないのは何故か?

韓国では↓

燃やされる天皇陛下写真
f0091252_0223216.jpg

燃やされ処刑される日本の保守系議員 この後、棺桶に入れられる
f0091252_0232017.jpg

燃やされる旭日旗
f0091252_023429.jpg

踏みつけられる昭和天皇陛下
f0091252_024164.jpg

行列を組んで日の丸を踏んで歩く韓国議員達
f0091252_0255870.jpg

燃やされる日の丸
f0091252_0263929.jpg

日本の左翼議員の岡崎トミ子(元国家公安委員長) 韓国で行われている”日の丸”に×デモに参加 
(もう狂っているなあ)
f0091252_0355067.jpg


↓下記は日本国内の左翼どものデモ 左と在日はOKってか?!
日の丸はうんこ
f0091252_0335781.jpg

f0091252_0345436.jpg

日の丸にナチス
f0091252_0372531.jpg



今月(8月号)の月間wiilでは「ヘイトよりヘイトアクション」として安倍首相が韓国で処刑される画像↓を紹介しています。
f0091252_3221240.jpg

産経新聞や一部雑誌社は”ヘイトスピーチは良くない”という最近のマスコミの声に対して敵の情報工作だと気付いて来たよう。




韓国では日本人殺せが当たり前!しかしヘイトスピーチとして誰も騒がず

また今回も日本人だけがヘイト禁止だとお行儀のいい事を言い出した。

頭ブチ切れますな



>>>>>
>>>>>



前回の続き行きます

前回の記事ではよーめんは過去に「一部の保守集団が行った米国大使館デモで米国の国旗にナチスのマークを入れている仲間を私よーめんと瀬戸さんが庇った事によりブログが炎上しどぎつい脅迫文章を貰った事件を紹介しました」その米国大使館デモを行ったのは今でいうところの”行動する保守活動”となる集団です。

そしてブログを炎上させ脅迫をしたのは敵の左翼でも外国人でもない、なんと既存の旧保守の人間達でした。そうですさっきまで仲間だった人達でした。その当時では前にも申しましたように信じられないかもしれませんが愛国者が行う保守系のデモでは日章旗(日の丸の国旗)さえも持ってはいけないと言って譲らない自称愛国者が多かったのです。ブログを炎上させたそやつらも同じ事を言っていました。理由は「右翼と間違えられるとか通行人におどろおどろしいイメージを与える」などと言うキチガイめいた理由です。

ちょっと前まではそれほど保守という自称愛国者の人達はオメデタかったのです。現在、特に年齢で言えば現在60歳代位の方々が多いですが若い者もいました。
そこで私は、「この奇妙な珍問を解くような怪しい保守は何なんだろう?」と研究した結果、保守には13種類いる事がわかって来る訳です。(笑)右派系保守以外の保守のこの人達、考えが恐ろしく浅いというのが分かりました。一段下くらいのかなり浅い次元の事までしか考えていない事が分かりました。



はじめ特異の綺麗事を言いたいだけのオマルニー野郎かと思っていたのですが。なんと本心で過激なデモはよくないと言っておられる方々が多かったのです。


読者の皆様は過激なデモは良くないと聞くとたしかに”過激は良くない”と感じると思うのですが。当時の私が推奨するレベルの過激とは今と事なりかなり弱い内容なのです。韓国や中国のような上の画像にあるような処刑ショー的な物では無いのです。

つまり日本人は他国の国旗にバッテンを付けるどころか「荒っぽい抗議そのものがよくない」というレベルなのです。
理由は日本人は紳士的な民族だからだそうです。

既存の保守はシュプレヒコールの内容以前にデモや街宣の雰囲気に文句を言って来ました。
「シュプレヒコールとシュプレヒコールの間の”よっしゃー!”とか”そうだ!といったドスの効いた掛け声は通行人が引くからダメ。演説は興奮したり叫んだりしては通行人が引くからだめ。”日の丸”はあっても一本くらいにしないと通行人が引くからだめ。妨害者に野蛮な事を言って追い払ってはだめ。妨害者のお爺さんにクソジジイ引っ込めは非常識。妨害者の白人は紳士なのに野蛮な事を言って追い払ってはだめ。」等など当方のブログは毎日毎日このような注意警告説教でアラシ状態でした。


そして毎日毎日これらのコメントのお相手をしていたのが私よーめんだったといわけです。

そして前回の記事でも申し上げたように「戦後60年間、綺麗事を言ってて結果が出ていないではないか?!」と、追い詰めると最後「結果は出なくてもよい」という事を平気で言われる人達だった事が発覚するわけです。

よーめんや行動する保守を批判する綺麗事保守等の穏健派と言われる温厚な人達は結果を出すつもりで活動をしていないのです。もちろん結果は出た方がいい。つまり”結果は出ればいい”という程度のレベルなのです。結果より今、集まって楽しんでいることそのものが好き!という事だったのです。ようは会費集めです。危ないことをせずいかに安定して会費を集めるか。愛国詐欺とでも言おうか。結果を出すつもりは無いと会員に知らせずいかにも我こそは保守の主流なるぞといわんばかりの顔をして耳当たりの良い愛国の言葉を唱え会員を集め会費を集める。



会員はオマルニーと気付かないのか?戦後60年何の結果も出さない。日本はただ悪くなるのを知りながら身を挺して防ぐことをしなかった。その弱みを隠す為に様々な綺麗事を駆使する。それが習慣になる。


だから海賊シーシエパードが自分達の船に乗り込んで来ても海に突き落とす事が出来ない、紳士的に接し飲み物食べ物を与える。日本人は本当に心底 弱くなっているのか?後で日本人野蛮と言うマスコミが恐いのだろう。後の自分の保身のことばかりが気になる。


他の国民といえば多くの国民はテレビの言いなりになり日本は昔は中国朝鮮で悪い事をして来たんだと本当に信じさせられそれに議論を唱える保守政治家は非常識に見えるまでに洗脳が施されている。自称愛国者の保守は保守とて、”このままではいけない”と知りながら集まってオマルニーにふけるのが好きなだけだったわけだ。それならそれで大人しくしていりゃいいものを立ち上がろうとする仲間を後ろから撃ったりする。上に立ってありがたい説教まで始めるキチガイ。


それでも一部の保守の人達は悟ってあそこで踏ん張っているのです。そうです。”悟った”人達です。 


スピーチの内容なんかどうでもいい。 日本人が拳を上げる事に意義があるわけです。それが今まで無かったのです。では紳士的なシュプレヒコールで拳を突き上げればどうかということですが。それが戦後60年結果が出なかったということなのです。


そんなことは妨害者・反対者は知っている。だから今回、頭を使った。

あの妨害者達 横断幕の一つに「仲良くしようぜ!」というのがある。あの人達は仲良くする気はさらさらない。マスコミ対策と一般受け対策に余念が無い。今回ちょっと作戦的にうまい。


>>>


敵は刺青を見せてきたりしたかい。そこは手を変え品を変えの戦法の一つなのでしょう。

マスコミが全面的に味方の敵は一枚も二枚も上手 


差別は良くない。ヘイトは良くないというマスコミの巧妙な言葉使いに踊らされる保守政治家。
おっちょこ安倍はマスコミに踊らされ「”他国への差別やヘイトは良くない”」と言っているようでは先が思いやられる。何故、「韓国ではいつもやっているではないかね?君達はいつも韓国反日デモを報道しておるだろう?!」と何故言えない?もっと頭を使え!言う事だけははっきり言っていけよ!だからおっちょこって言うんだよ、このおっちょこ!



では今後どうするか?

結果!結果!というよーめんは今後どうしたら結果を出せるか知っているとでもいうのか?







このブログに何かを感じた↓
人気ブログランキングへ


保守貴方のタイプは?保守11種類勢
http://youmenipip.exblog.jp/12437826/
[PR]
by youmenipip | 2013-07-02 03:11
<< 韓国で日本人狩り、米国でも 過激なデモとは?よーめんのいう... >>