韓国で日本人狩り、米国でも

韓国で日本人狩り、米国でも

みんなに知らせよう↓
人気ブログランキングへ

韓国で日本人狩り、米国でも

この責任は日本の左翼政治家と温厚派保守にある


朴槿恵大統領公認、米国で「狂気」の在米韓国人が日本人に挑戦的、日本人は「金持ち喧嘩せず」と相手にせず

板垣 英憲 | 政治評論家、板垣英憲マスコミ事務所代表
2013年7月21日 2時59分

◆在米韓国人が、極めて「狂気じみている」という。最近、ニューヨーク・マンハッタン島を訪問した日本人の話だ。東洋人の容貌は、よく似ていて、どこの国の人か区別がつきにくいのだが、在米韓国人の嗅覚は鋭い。日本人を見つけると、やたらと挑戦的になり、険悪な雰囲気になるという。まかり間違えば、暴力沙汰から、殺し合いにまで発展しかねない場面が多々あるようだ。

それでも決定的な状況にまで最悪化しないのは、大抵の日本人が、在米韓国人の悪質なまでの挑発に乗らず、その場を急いで立ち去るからだという。要するに、日本人の多くが、「金持ちケンカせず」の大人の態度を取って、「狂気じみた韓国人」をほとんど相手にしない賢明な言動を示している。その半面、周囲のニューヨークっ子は、在米韓国人を奇異な目で見ている。早い話が、「極めて危険な狂犬」扱いしているらしい。

韓国人と言えば、中国人同様に、他人の飼い犬ばかりか、野生動物を捕まえて殺して食べる野蛮な民族と忌み嫌われているけれど、この習性は、米国に住んでいても変わらないと見られている。そのうえに、日本人と分かれば、まさに動物的感覚で、有無を言わせず、噛みついていくのも習性のようだ。従って、日本人の大半は、相手が韓国人であると認知すると、慌ててその場を立ち去る人が少なくない。訳もなく噛みつかれたのでは、身がもたないからである。

◆人権意識の旺盛な米国では、在米韓国人が、過去の出来事でも、それが人権侵害の件に当たると感じれば、非難の対象にする。在米韓国人は、同胞の恥部さえ、臆面もなくあからさまに天下にさらけ出して、同情を買おうとする習性がある。その実態を詳しく知らない米国人は、見かけの様子だけを見て、すべてを判断する軽薄なところがあり、先手必勝で訴えた在米韓国人の主張をまんまと聞き入れてしまう。

この点は、日本人は無防備なので、いつもこの策謀の犠牲者となる。しかも、反論してこれを打ち破るディベート能力が拙劣であるため、常に「悪者扱い」される。ニューヨーク・タイムズなど米国のジャーナリズムの大半が、「正しい歴史認識」に欠けているので、

卑劣な在米韓国人の言い分を深く検証もせずに受け入れて報道してしまう。慰安婦の像を見せつけられると、在米韓国人の破廉恥な習性にも気づかず、たとえば、米国の過去の政治リーダーたちが、「日韓併合」の本当の立役者であり、日本人を狡猾に利用したという歴史的事実さえ知りもせずに、「日本民族悪人玉論」を平然と書き連ねているのである。この結果、米国が歴史的にいつも「正義の味方」であったかのような世論が、全米で形成されることになる。

◆韓国内では、「日本人狩り」が横行し、日本人と見れば、凶器を振り回して、暴行ばかりでなく、殺人事件まで起きかねない最悪状況が、醸成されつつあり、今後、日本人が韓国をビジネスなり、観光旅行するなりすることは、極めて危険な状態になってきている。日本外務省も、早期に「危険情報」を流す必要があるのだが、どうも「日韓外交」がこれ以上悪化するのを恐れているのか、未だ手控えている。

しかし、日本外務省にとって大事なのは、韓国民ではなく日本国民の生命・身体の安全であるはずである。韓国がいかに危険な状況になっているかの情報を適時的確に流布すべきであろう。

さらに韓国から欧米大手の投資会社や金融機関が、韓国に投資した資金を引き上げており、韓国経済がいよいよ危険水域に入っている。「経済オンチ」な朴槿恵大統領が「馬脚」を表わしてきており、日本民族にとって、韓国経済が破綻すれば、それ相応の被害を被るので、韓国による「カントリー・リスク情報」についても、日本国民によく知らせる義務がある。





日本人は「金持ち喧嘩せず」?


金持ち喧嘩せずというのは悲しい自己弁護 正解は腰抜けは喧嘩できずだろうが?

金持ちならお金を使って何とかするが訴える甲斐性も無い 

金持ちならユダヤ人のようにその国を支配するがその甲斐性も発想も無い 羊




日本人狩りの責任がなぜ日本の左翼と日本の温厚派保守の責任なのか?

左翼の責任なのは何となく分かると思うのですが、何故、温厚派保守も一役買っているか分かるかい?

日本の左翼は戦後日本共産党が左翼の柱になっておりました。行き場所が無かった朝鮮人は戦後に大韓民団と朝鮮総連が出来るまでそこ日本共産党を居場所にしていた時期があったわけです。その関係で共産党には当時在日や帰化人が多く在籍していた時期がありました。

韓国、北朝鮮の本国は戦後、反日政策が国家の支柱になっていきました。その流れで日本の在日左翼も反日が政治活動の支柱になりました。そのせいで日本の左翼は欧米の左翼と異なり、マルクスレーニン主義云々はどうでもよく反日を行うことが日本の左翼の思想になっていったのです。

故に日本の左翼の特徴が自国、日本の国旗や国歌が嫌いで自衛隊と在日米軍が嫌いで更に愛国心を敵視する性質があります。在日中心の左翼ならではです。それに感化されたおっちょこ日本人が在日と一緒になって日本を貶める活動をするわけです。これは、日本人自らが日本を貶めるという世界でもまれなキチガイ民族の誕生となったわけです。

海外で左翼といえは日本の左翼のように「自国の国旗は侵略の象徴だとか自国の国旗は殺人や虐殺の象徴で世界から嫌われている」などと言う人はほとんどいません。多少居るには居るのですが左翼の中ではごく少数です。外国の左翼は自国が好きで、好きであるからこそ軍隊も必要だし自国の国旗に敬意を表するし自国をあえて悪く言うことはしません。

日本の左翼だけが日本は悪い国だったと異常に思いたいのです。


そのうえ日本の政治家は首までドップリ在日に買収されワイロ漬けになり敵工作員顔負けの反日政策を行う犯罪者がうようよいるようになりました

当ブログでも再三紹介しているように
f0091252_23514496.jpg

f0091252_23512249.jpg

f0091252_23522867.jpg

f0091252_23502565.jpg

f0091252_2349129.jpg
f0091252_23485075.jpg


・前原民主党議員 世話になったお母さん(在日)から五万円貰いました!と、執務室に招き記念写真     
f0091252_2358330.jpg





このような工作員化した奴らが韓国や北朝鮮、中国に対して弱腰の政策を行い日本人が立ち上がらないように綺麗事を巧みに操り地道に世論を動かし保守の比較的温厚な者を引っ掛け、保守は何か変だな?!と内心は不安を感じつつもも紳士的と弱腰の区別がつかず何が正しい方法かが分からず工作員と一緒になって過激なデモは良くないと言い、”言い続ければ実現する原理”で左翼の目標を左翼と一緒になって実現させてしまったのです。

「綺麗事保守、温厚派保守が左翼、工作員、在日と一緒になって左翼の目標を実現させた」とはよーめんしか言わない事ですが。これが日本が落ちぶれるに至る真実です。綺麗事保守、温厚派保守にこのような自覚、発想が無い限り日本が再生されることは1億%ありえないのです。



甲斐性が無いとは?!

自分よーめんはよく保守政治家は甲斐性が無いと言います。そもそも甲斐性とは何で、何故、保守は甲斐性が無いのか?

左翼の方が甲斐性があると言う事か?ならば何故、左翼は甲斐性があるのか?


”甲斐性”というのもよーめんしか言わない事ですな

次回、行きましょう






このブログに何かを感じた↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2013-07-23 00:20
<< 米で慰安婦少女像誕生 韓国は良いが日本だけダメ?ヘイトデモ >>