拉致されて3 病室での出来事

拉致されて3 病室での出来事

拉致されて3 病室での出来事

(前回からのつづきです)前回↓
 拉致され2 ”日の出”を見る為に
http://youmenipip.exblog.jp/20875122/


自分は大きな総合病院にもう何年も入院しいる母親の所に来ていました。病状の悪化とは裏腹に終止元気そうに振舞う母親に自分は仕事が終わってから、元気を貰う為にいつも来ていました。ある日自分は母親に「お母さん。北朝鮮がまた日本に向けてミサイルを撃つと言っているよ!」と言いました。母親はガっと目を開いて「撃てるもんなら撃ってみろ」と、力強く言いました。横田めぐみさんら日本人拉致事件やミサイル問題の事はテレビで見て知っているはずですし何より自分の強き愛国心はここから来ているのでした。

母親は「日本は甲斐性が無いな~。すぐにでもやっつけに行けばいいのに・・・」と言いました。それが母親の口癖でした。その日はいつも以上に興奮気味に言っていました。

その数日後、深夜に病院から「病状が悪化したのですぐ来てほしい」という連絡を受けました。病室に入ると、もう意識は無く人口呼吸器に繋がれたは母親の息は苦しそうで機械の手助けが無ければ呼吸が止まってしまうというのです。数十分後、脈拍が急激に上がったり下がったりを数度繰り返し徐々に脈拍が無くなって行くのでした。長い間自分にエネルギーを与えてくれた母親は自分の目の前で息をひきとろうとしていたのでした。

「人間いつかは死ぬもの,こういう時が来るのは仕方が無い」と言い聞かせてはみても、たった一人の肉親が居なくなる事は自分が一人になってしまうことで、さすがに耐えられませんでした。前回こういう事があった時は奇跡的に息を吹き返し生還したので今回もそうだろうと安易に考えている自分がいました。しかし今回、看護婦は無情にも「お気の毒です。」と言う言葉と共に合掌をして顔に白い布をかけ去って行きました。

唖然とした自分はこみ上げて来る絶望感と寂しさに打ちのめされました。自分は途方にくれ、そして考えました「これで自分の身に何かあった時、心配したり悲しんだりする身内は一人もいなくなった。自分は好きなように暴れ好きなように死ねる。後悔の無い生き方をしよう」と、考えが纏まって行きました。それは左翼の粛清を意味していました。失う者が無い者、心配する家族が無い者はいかに恐いかお見せしよう。と強く言い聞かせました。


・・・・

車の中で手錠を掛けられ動けなくなった自分はうつらうつらとしながらその時の病室での出来事の夢を見ていたのです。車の動きはガタガタと激しく揺れて来ました”何処を走っているのだろうか?”と、最近ほとんど寝ていなかった自分は急激に襲って来る睡魔と戦いながらうつらうつらとする眠りの中で感じていました。その時、○○!○○!(自分の下の名前)を呼ぶ母親の声が聞こえたような気がしハッとなって起きました。車の外を見ると車は海岸線沿いの草むらの中のデコボコ道を走っているようです。どこに連れて行こうというのだ。

着いたところは数メートルほどの小さな防波堤でした。このまま車ごと海に突き落とそうというのか?そうこうしていると防波堤の海側に大きさが数メートル程度の黒い物体がせり上がって来ました。車一台分位のボート形の半潜水艇です。防波堤では無く漁師さん用の小さな船着場でした。半潜水艇というのは潜水艦とは異なり一見、船のような形をしているのですが水中に浅くですが潜ることが出来るのです。

朝鮮語訛りの強い覆面の輩が車のドアを開け自分に下りろと命令しました。さすがに自動小銃を突きつけられれば従うしかありません。そしてこの船に乗れと命令して来ました。「何だ、これ?あれじゃねえか?!」「横田めぐみさんもこうやって拉致したのだろうか?」その半潜水艇の狭い船内に押し込められた自分は不安よりその後の船酔いに苦しめられたのでした。「何処に連れて行くつもりだ。北朝鮮かいな。」沖で大きな船に乗り換えさせられました。もう奴らは日本語は使っていませんでした。

車から脱走した我々に対して奴らは銃で撃って来た訳ですが。こやつらなら有り得たのです。仲間のワゴン車で逃げた我々はタイヤを撃たれパンクし全員呆気なく捕獲されていたのです。

小泉政権時に九州沖で不審船を追跡する事件がありました。追跡中に不審船は海上保安庁の船を機関銃で撃ったりロッケット砲を撃ったりし、最後自爆しその後船を引き上げれば中から自動小銃やロケット砲等がわんさか出て来ました。船倉にはこの半潜水艇も積んでありました。日本にこの半潜水艇で忍び込み偽札や覚醒剤等の他にそのような武器類も入れていたのです。そして帰りにお土産として日本人を拉致していたのです。

殺すならとっくに殺されているはず、となれば北朝鮮行きか?!同時に拉致された仲間はどうなったのか?

続きは次回で。
次回 いよいよ北朝鮮 横田めぐみさんと対面か?! 

次回;拉致され4 北朝鮮招待所
http://youmenipip.exblog.jp/20981539/


ごほっ、ごほっ、死にそうです。続きを書くエネルギー源をください↓

何かを感じた↓
人気ブログランキングへ


不審船事件動画
http://www.youtube.com/watch?v=CxU_FtAjQx0

半潜水艇 wikiiより
f0091252_735975.jpg

[PR]
by youmenipip | 2013-11-21 06:36
<< 拉致されて4 北朝鮮招待所 わたし拉致されました2 ”日の... >>