「ほっ」と。キャンペーン

革命が起きるとテレビ局が真っ先に占領される理由

ここをクリックするとブログ最新トップページへ飛びます!



f0091252_12421345.gif今から20年以上前にフィリピンでアキノ氏暗殺事件がキッカケでマルコス大統領派とアキノ氏元婦人派が衝突し、内乱のような状況になり、政権交代した事件がありました。

当時はルーマニアのチャウチェスク政権が破壊したり、その他の東欧諸国でも大なり小なりの政権交代劇がありました。そして最後に旧ソ連が破壊したり、と国際情勢が大変不安定な時期でした。


そのフィリピンでの革命の時(いずれの国もですが)テレビ局の奪い合いになっていましたね。




f0091252_12423872.gif大統領選挙の結果をマルコス支持派のテレビ局では、マルコス大統領の当選の番組を報道し、またコラソンアキノ未亡人を支持するテレビ局はアキノ氏元夫人の大統領当選の番組を放映するという、つまり二つのテレビ局で異なる二人の大統領の就任式典が放送されていたという異常な事態が発生していました。

その後マルコス支持派・アキノ氏支持派のテレビ局前では、マルコス側対マキノ氏側の兵隊同士の銃撃戦が始まりました。

その時、国民は自分の支持する大統領の式典番組を放映しているテレビ局に集まり反対派の攻撃からテレビ局を守る為に電波塔の周りに集まりました。所詮、機関銃を持った兵隊に勝てるわけは無いのですが、国民としたら、。まさか丸腰の一般の民衆を撃つ事は無いだろう?!ということでしょう。

f0091252_12474889.jpgそして最後はアキノ氏元未亡人側が勝利し、マルコス大統領一家は国外に亡命するハメになったわけです。

このように、テレビ局は革命が起きると真っ先に奪い合いになるのです。

国民もそれを(電波の重要性を)分っているのです。

テレビとは命をかけて奪い合う!それほど重要なものなのです。








ところで・・・・・・

電波の重要性を分っていない国民(国)があったとしたら?

いやはや、敵にすればなんとも料理しやすい国では無いだろうか?!

だって武器を持ってテレビ局を支配しなくてもいいではないですか!!!


日本の国情を不安定にし、自分の母国有利にする為には、単にマスコミに就職すれば良いわけですからね。

まあ、反日電波を発射したいのは、敵国だけでは無く日本人のサヨク陣営らもそうでしょうが、竹島を今だに「日本の領土竹島」と言わないのが、日本人サヨクの不思議なところです。






私はテレビ局を自分達日本人の手に奪い返(正常に)したいのです。もちろん銃を手にするわけには行きません。また、今からその考えに基づいて就職するわけにも行きません。つまりかなり難しいことなのです。

だからといってこのままでは、我々がいろいろなデモをしてもテレビ局は9条改正反対など反日派のデモは取り上げるが、我々のデモは取り上げてくれない以上は、国民意識を変えれないのです。


銃や今から就職する以外にテレビ局を奪い返す方法は無いのだろうか???

その方法をこれから一緒に模索して行きませんか!なんとしてもこの国を救いたいのです。お願いします!



テレビ局の電波は重要だと思われる方は
↓↓↓
人気blogランキングへ



参考資料

フィリピンの2月革命について
http://www.k3.dion.ne.jp/~syouhou/the_revolution_in_Philipino_February.html
イメルダ・マルコス(大統領夫人)
http://www.ainoue.com/ai/71-80/76imelda.html

フィリピン歴代大統領
http://www.t-macs.com/pres/profile/10.htm
[PR]
by youmenipip | 2006-06-21 12:49 | 鬼畜左翼偏向報道問題
<< 誰が電波を支配するか?! 朝日に続け!共同通信の印象操作... >>