誰が電波を支配するか?!

ここをクリックするとブログ最新トップページへ飛びます!


革命が起きるとなぜテレビ局に戦車がいるのか?

f0091252_14414854.jpgフィリピンや東欧諸国でミニ革命が発生した時にテレビ局に軍隊(戦車)がいる映像を見た事があると思いますが、ではなぜ新聞社では無くテレビ局なのか?ということを考えますと。










なぜテレビ局なのか?!

その1 

テレビは情報が無料で入ってくる。

新聞や雑誌、ネットはお金を出して情報を入手しますがテレビは飛んでいる電波をタダで受信できます。テレビ局の資金源はCM(スポンサー)で成り立つ為に情報提供量を視聴者から貰う必要が無いので、視聴者は自宅にテレビさえあれば無料で情報が手に入る。

その2

リアルタイム(生放送)で情報が入る

新聞は少なくても反日以上のタイムラグがあるが、テレビは生映像出来る。中継車で現場に行き、今起きている状況を視聴者はリアルタイムで知る事が出来る。

その3

動く映像

一つ下のエントリーでも申したように、フィリピン革命の時、二人の大統領が別々のテレビ局で大統領就任式典を放送していたわけですが、その大統領就任式典を新聞で見るのとテレビで見るのとでは説得力に差があるわけです。しかもその映像をリアルタイムで国内の国民と衛星放送を使って世界に発信できるのです。

その4

洗脳(プロバカンダ)が容易に可能

以前、夜のニュース番組で反戦・九条改正反対の特集で「ヒットラーの演説シーンの映像の後にユダヤ人の大量の死体と旧日本軍の映像をミックスして見せながら」反戦・九条改正反対の番組をしていました。このような番組の作り方なら(その3動く映像効果も手伝って)彼ら(製作者)の意図する目的は簡単に果たせます(この手の映像手法は日本のほとんどのマスコミがやります)これがテレビの一番恐いところです。


このようにテレビはその国を征することが出来ると言っても良いでしょう。

それだけに革命が起きると誰が(どこが)テレビ局を支配するかで決まるのです。極端な話大統領官邸が襲われ大統領が変わり、政権が変わってもテレビ局をほっておいては、テレビ局は国民に革命政権への不支持を徹底するように視聴者(国民)と世界に呼びかければ革命は失敗します。

つまりテレビ局の支配はその政権維持には絶対必要不可欠なものなのです。

故に革命が起きると銃撃戦をしてでもテレビ局を落とさないといけないのです。




ところで、日本のテレビ局なのですが・・・・・・('A`)

すでに、無血革命が起き某勢力に乗っ取られていると思っていいでしょう。



上の、その4「ヒットラーの演説シーンとユダヤ人の大量の死体映像」を用いて製作者の意図する目的達成の為に国民意識を操るということをしている以上は、もはや日本国政府の放送局ではありません。(たまに反対側の立場の意見を放送したりしますが、筑紫哲也の番組はそれはありません)

この状況を維持する為には、サヨク・在日は死に物狂いで抵抗してくるでしょう!つまりあの手この手を使って某政権維持の体制を守ろうとするでしょう。



日本のテレビ局は占領されたのではないのか('A`)と思われた方は
↓↓↓
人気blogランキングへ

クリックして頂きますとランキングがアップし、多くの国民に危機感ぐらいは伝えられます。
[PR]
by youmenipip | 2006-06-22 15:21 | 鬼畜左翼偏向報道問題
<< 鬼畜左翼TBSが「おわび」で石... 革命が起きるとテレビ局が真っ先... >>