ミサイル発射は、国内の防衛体制の整備だぞ~!

ここをクリックすると当ブログ最新トップページへ飛びます!



船、航空機へ警報遅れる 国交省に情報伝わらず。(共同通信)

f0091252_20274984.jpg 北朝鮮のミサイル発射を受け国土交通省は5日午前、ミサイルが落下した日本海などを航行する船舶や日本の空域を飛行する航空機に対し、警報や注意情報を出した。しかし、ミサイル発射の一報や着弾点の情報がなかなか国交省に伝えられなかった上、省内での対応にも手間取り、船舶への警報が1発目の発射から5時間以上かかるなど対応が遅れた。
 ミサイルは同日午前3時半すぎから断続的に計6発発射されたが、海上保安庁が警報を出したのは午前8時53分。海保は「着弾点の情報が入らず、警報の対象地域が特定できなかった」と説明している(共同通信) - 7月5日13時47分更新

・・・・経済制裁は分かるんだけど、その前にやることがあったんじゃないかな?

(テポドン発射騒動で下記、一段下のエントリーの"鬼畜TBSへの抗議"を忘れないでね!)



・・・・・戦争反対(放棄)の国だからこそすることがあるはず・・・・?


自分は、このサヨク中心主義国家に住んで、このようなブログを書いている以上は、日本は北朝鮮に対して武力攻撃をするとは思ってもいないけど、「国内にミサイルが着弾した場合や敵兵士が機関銃を持って虐殺しに来られた場合のシュミレーションを立て研究し日本人に注意を促し日本人の死傷者を少しでも減らすことの対策(訓練やマニュアル)がまったくない!」というのは、どうなんだろう?!と不思議に思います。

下の方のエントリーでも申したように、防空避難訓練は大げさだとしても、ミサイルが日本に着弾した場合の対応って取ってあったのかな?

かなり以前、日本テレビが木曜スペシャルのような番組で”世界の軍事事情”のような番組をやっていて、「日本は有事(戦争になった場合)敵から攻め込まれた場合の際の対策がまったく取られていない!各省庁には”戦争”という状態のマニュアルが存在していない?!そのような国は珍しい?!日本は戦争を放棄したら、攻められないと思っているのは少しお目出度い?!」と日本政府を非難(チャカスような感じて)で世界の現状と日本とを比較するような熱い番組が放送されていた時代があったのですが。

まさに本当なのですな?!

そういえば学校で火災や地震の場合を想定しての授業や避難訓練はあったけど”戦争”という場合を想定した授業って無かったよね。

たしかに、変だ?!大昔に見たその日本テレビの番組のように「九条で戦争を放棄したから、戦争を想定したマニュアルが存在しない?!」というのも、よく考えてみたら不自然な話では無いか?!(イヤイヤほんとオメデタイと言えばオメデタイ・・・・)

なぜなら、戦争と言うものは最低でも二つの国があって成り立つ以上はどちらかが、戦争する気が無くても、一方的に攻撃されたら、どうしようもないのでは無いのか?!

これは、平和論者、無防備都市宣言派、九条反対派、と言われる人達はこの件はどう説明するのでしょう?


以前、見た誰かのブログに無防備都市宣言を推奨している学者(たぶん左翼)の意見が載っていて「敵から攻められたら、一切抵抗しなければ良い。抵抗するから、攻めてきた相手も攻撃せざるを得ないのだ!」と、言っていた!と書いてあるブログを見たことがあります。


ただ、今回、よ~めんは、そこまでも突っ込んでいないのです。もっともっと低次元なレベルで疑問に思っているのです(苦笑)


一番最初にミサイルが自分の頭に振ってきた場合の対策は立ててあるのか?と、もっともっと初歩的な次元のお話で呆れているのです・・・・(苦笑)

なんのつもりでしょう!

北朝鮮のミサイル問題が世を賑わすたびに首相官邸、防衛庁にこの件のメールまたは電突をしつづけるしかないでしょうね。



TBS問題も忘れないでね!政府はミサイル問題でTBSの処分どころではなくなっている可能性があります。のんびり事なかれ主義の政府を突き上げてください!

また今回のTBS問題を石原都知事に話を持って行こうかな?!とも考えてます・・・・ウッシッシッ

それはいいと思う人は
↓↓↓
人気blogランキングへ
クリックして頂くとこの問題を多くの国民に知らせる事が出来ます。
[PR]
by youmenipip | 2006-07-05 20:30 | 朝鮮封建主義人民虐殺狂和国
<< 本当の着弾地点はどっち? TBSを逃がすな!ハイド議員の... >>