敵基地を直接攻撃しよう!(トマホーク巡航ミサイルで)

ここをクリックすると当ブログ最新ページへ飛びます!


敵基地を直接ピンポイントで攻撃できるトマホーク巡航ミサイルの導入は性能や資金そのものより日本は軍事的に百歩ほど進んだことになる!

これ以上は言うまい。これ以上は言わないけど、あまり時間が経つと敵工作機関(もちろん左翼政党と左翼マスコミのこと)の激しい抵抗があるよ!導入は今しか無いことだけはたしかだ!

f0091252_18455449.jpg←SLAM 人口衛星からの誘導と赤外線カメラによる目標物の確認で誤差10mのハイテク兵器。
(画像の物は航空機発射型)



これに狙われたら君の家までやってくる!
まさに、こんな感じで↓

君の家はどこ~?!                 / |
  _- ̄ ̄ヽ ̄ヽ ̄ ̄ヽ ̄ ̄ ̄ヽ ̄ヽ ̄`ー-',,....|
 (´∀`   )  )   )━━━━━━ ,,,,,,,,━━;;)
  ~-;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ;;;;;
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ロ;;;;;;;ノ ̄   \_|
                .   ̄ ̄
               




>>>>>>

敵基地を直接ピンポイントで攻撃出来るトマホーク巡航ミサイル(クリックで拡大)
f0091252_17253795.jpg


トマホークは、ロケット・ブースターにより発射されると保護カバーが外れて、操舵翼と主翼、空気取り入れ口を展開、ロケット・ブースターは燃焼後投棄され、ターボファン・エンジンを始動して巡航に移る。燃費の良いターボファン・エンジンにより射程は1000kmを超える。小型で、低空を飛行するため、戦闘機や地対空ミサイルなどで迎撃するのは困難だ。 (逆に言えば相手がこれを撃って来た場合MDミサイル防衛システムで迎撃するのは難しいのだ!)

f0091252_19504683.jpg  

トマホーク巡航ミサイルの特徴として発射後はジェットで飛ぶためにミサイル上部または下部に空気取り入れ口が付いているのが普通のミサイルと大きく異なるところ。 

●タクティカル・トマホークTactical TomahawkTACTOM(当初Block4と呼ばれていた改良計画を発展させたタイプ)開発中

前方監視テレビカメラを搭載、衛星経由のデータ・リンクで発射後の攻撃目標の変更・再設定や、陸上・海上の移動目標も攻撃可能となる。弾着直前の画像から攻撃の成果を予測可能。
長い航続距離を生かして目標地域上空で長時間滞空可能。
電子妨害に強いGPSを採用。
搭載する艦艇で目標設定可能となり、運用上の柔軟性を向上。
高価なターボファン・エンジンから、燃料効率はやや落ちるが、価格の安いターボジェットに変更。
燃料タンクを大型化して、航続距離を最大で3000kmとした。
エンジン給油方法改良と補正不要なリング・レーザー・ジャイロの採用で15年間使用可能となる。
弾頭に自律誘導型弾頭も計画中。
価格低減および整備維持費用の低減のため、既存部品を多用、部品点数も35%削減。
価格はBlock3の1億7500万円から7100万円(概算値)となった。
    


またこのミサイルは小型の為に艦船などに塔載できるので世界中どこへでも持っていって使用出来ると言うわけだ!つまりこれを持っていたらICBM(大陸間弾道弾)もいらないのだ!
f0091252_2013789.jpg

艦船から撃てるのがいいよね。

とにかく安いから、これ1000発ほど購入してアソコとアソコとアソコに睨みを利かそうよ!





取り合えずアソコとアソコとアソコに睨みを利かそうよ!と思われた方は
↓↓↓
人気blogランキングへ
クリックして頂くと、アソコとアソコとアソコに睨みを利かせられるかもしれません!

各省庁への抗議の内容は、「MDミサイル防衛だけでは精度の面で片手落ちになるので、ミサイル防衛とトマホークミサイルの両方を同時に導入した方が良い!と思います。どちらか一つに絞る場合はトマホークでの敵基地攻撃を重視した方が費用対効果を考えると良い」というような感じでお願いします。


メール・電話先一覧(まずはこのサイトを参考にしてください)
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/kougisaki.html

これじゃ~能無ピョンも騒ぐわけだ(日本の先制攻撃論に非難ごおごお)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/12/20060712000019.html

参考サイト
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/slam.htm
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/tomahawk.htm
http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/iraq/nuclear/003.html
 
[PR]
by youmenipip | 2006-07-16 20:22 | 軍備・防衛
<< 「日本とは対決しなければならな... 1兆円のMDミサイル防衛システ... >>