ブログ・ネットの重要性と、うろたえるマスゴミ

オーマイニュースの件、気になるので、今回はブログの重要性について触れたいと思います。
ネットは今後マスコミを監視する情報網になって行く必要があります。下記の例を紹介します。

アメリカ人のブロガーがまたマスゴミの捏造を暴いた件

イスラエル軍のレバノン空爆を実際の写真より派手に見えるように合成したものを暴き謝罪訂正に追い込む。(左が捏造煙が多い 右が捏造前)
f0091252_0461611.jpg

f0091252_0505033.gif

ブロガーお手柄! レバノン空爆の報道写真、変造見破る
【ニューヨーク=長戸雅子】英ロイター通信の契約カメラマンが、イスラエル軍によるレバノン空爆の写真2枚をパソコンで修整・変造していたことが発覚したが、この変造を指摘したのは、ニュースを専門とする複数のブログで、そのうちのひとつは、2004年に起きたブッシュ大統領の軍歴をめぐる米CBSの誤報を指摘した米国のブログだったことがわかった。今回も有力メディアが見抜けなかったほころびを、新興メディアが突いた形になった。
 疑問を指摘したブログのひとつ「リトル・グリーン・フットボールズ」は、空爆で煙が上がるベイルート近郊の様子が写された写真が配信された5日に「明らかに加工された写真」と、サイトで紹介した。その根拠として、煙の形が対称形になっていることや、同じビルが手前と後方に写っていたことから「画像の複製」と指摘した。

 この指摘を受け、ロイター通信は7日、レバノン人の契約カメラマンが、空爆後にビルから立ち上る煙の量を増やすなどの加工をパソコンで行っていたことなどが確認されたとして変造を認め、同カメラマンとの契約を解除した。

 これらのサイトは、CBSが2004年に放送したブッシュ大統領のテキサス州兵時代の軍歴をめぐる報道で、報道の根拠となったメモのタイプ活字が当時は存在しないものだったことなどを指摘。その後の調査でCBSの報道は誤報と判明し、「新興メディアが伝統あるメディアを負かした」と取り上げられた。

 今回の写真問題を取り上げたサイトには、「主流メディアは多くの報道を、モラルや忠誠心という点で大いに疑問のある通信員に低賃金で外注している」と、既存のメディアを批判する書き込みもみられた。
http://www.sankei.co.jp/news/060809/kok012.htm



実際のアメリカのブログ(「リトル・グリーン・フットボールズ」のサイトをご覧ください!






実際のアメリカのブログ(「リトル・グリーン・フットボールズ」

http://littlegreenfootballs.com/weblog/?entry=21956_Reuters_Doctoring_Photos_from_Beirut&only



f0091252_1404368.gifプログの普及

総務省によると、国内でサービスが始まってから1年程度経過した2005年3月末時点で、自分のブログを開設した利用者は延べ約335万人に上った。2006年には同621万人、2007年には同782万人に達すると予測されている(いずれも3月末時点)。従来のHPも、情報を更新していく点では日記と同様だが、通常、プログラム言語を知る必要がある。ブログなら、メールを書く感覚で更新でき、最新の内容がページの目立つ場所に自動的に表示される。




よーめんより

ネット・ブログの重要性と、うろたえる寄生虫達

最近、鬼畜左翼マスコミどもは新聞・テレビ、そしてオーマイニュースのような鬼畜サイトなどを通して、しきりにネットウヨ・ネットウヨと顔を引きつり歪めながらブザマな言葉を口から吐き出し我々を否定しののしるようになったのは、我々がマスコミを追求し捏造を暴くようになったため身の危険を感じてきたからです!

今まで情報と言えば一方通行でしたので、マスコミは好きなように情報を色付けし加工し味付けし、我々の目や耳に入る頃にはトンでもない逆情報になって入ってくることがしばしばありました。

しかし、ネットが全世界で普及しマスコミと同等の情報を我々国民も入手出来るようになりさらに最新情報として瞬時に配信できるようになった現在はマスコミは本当に公平忠実な報道をしていかないと、その矛盾を即座に追求されてしまいます。

そのような時代の変化を読めず一昔前のノリで市民を甘く見ていると、TBSのように総務省から厳重注意を食らい他の報道機関でまでその醜態を報道される、という失態を演じるわけです。

また、左翼マスコミはネットで愛国心的な発言をする人達をウヨといいますが、これにつてもいずれ天罰が下るはずです。なぜなら愛国心は本来国民に自然に与えられた(持っている)使命感であるはずのものを、それをまるで悪い犯罪心理でもあるかのように捏造までして印象操作したり、モロに罵倒する行為が世界で通るわけは無く、いずれ日本国内でも大問題になるでしょう。

また、日本の関係各省庁はマスコミの左翼化は危険思想として捕らえ強力な対応策を取って行く必要があります。



故に彼らはネット法案のような物を作ろうとしたり、人権擁護法案のような物で言論統制をしようとしてくるでしょう!今後徹底した監視が必要で、少しでも変な事を見たり聞いたりしたらすぐ大騒ぎしてください!


さあ!早速大騒ぎにご協力ください!ポチっと?! 5回ほど大騒ぎください!^^
↓↓↓
人気blogランキングへ
クリックして頂くとこの問題を多くの人に伝えられます。
[PR]
by youmenipip | 2006-09-06 01:57
<< もし日本にネットが普及してなか... 安倍氏は「美しくない」=亀井氏... >>