『天皇はやはり神だった』のか?!

白い馬は”神の使い”だから天皇だけが乗れる。と昔は婆ちゃんによく聞かされたもんだ。。シミジミ
f0091252_18523639.jpg


*『天皇はやはり神だった』(学研『ムー』2001年8月号寄稿)
◎ 天皇家不滅の謎

日本の天皇家の歴史は、初代の神武天皇から数えて、今上天皇まで一二五代、二六六一年にもおよぶ。考古学的に証明できる大和朝廷の成立から数えても千七百年以上も続いており、諸外国の過去・現在の王朝を、はるかにぬきんでた歴史と血統を保持する世界最古の王家である。

 しかし、なぜ過去二千年にもわたって、時の権力者たちにも滅ぼされることなく、南北朝の分裂や、戦国時代の動乱、江戸幕藩体制の圧迫を乗り越えて、明治維新で復活をとげられたのか。また、太平洋戦争であれだけの敗北を喫しながら、なぜ亡命も皇室廃絶の憂き目にもあわずに、現代に皇統が継承されているのか。いまだに、真相の多くが謎に包まれている。

 よく考えて見ると、日本が島国であって、外国の侵略や干渉を受けにくかったという点を割り引いて考えても、皇室存続には歴史の展開点で、かなりの部分「奇跡的」な様相が見られる。

 近代でいうなら、鎌倉時代以降の「武家政権」の七百年の歴史を「大政奉還」でひっくりかえし、しかも鎖国体制から一挙に四十年たらずで開国西欧化をなしとげ、日清日露戦争で勝利して列強の仲間入りを果たしたのは、明治天皇あってのことだった。

 また、太平洋戦争で敗北したのち、昭和天皇はマッカーサーと会見して「戦争の責任はすべて私にある。自分の運命は、いかなるものであろうと、貴下の判断にゆだねます」とのお言葉を発された。マッカーサーは激しく感動し、その後の皇室への処遇を一変させている。

 このような国家元首は、外国には(日本の歴代摂関・将軍・首相たちにも)めったにいない。だからこそマッカーサーは、その後、昭和三十九年に『マッカーサー回想記』で当時の天皇との会見のありさまを述べ、その回想記の英語の原題を『われ、神を見たり』と付けたのである。マッカーサーは昭和天皇の姿に「私は神を見た」と、二十年経っても述べているのだ。

 さらに、「東京裁判(極東国際軍事裁判)」の裁判長ウェッブは、昭和五十年に日本の雑誌の取材で「天皇についてどう思いますか」という問いに、「神だ、あれだけの試練を受けても帝位を維持しているのは、神でなければできないことだ」と答えている。

 戦勝国で裁いた側の重鎮たちが、敗戦国で裁かれた側の国家の長を、宗教や思想や立場の差を越えて「神だ」と賛嘆する。これは政治的な思惑や駆け引きのレベルでは説明できないことだ。

 また、前後するが、大正十一年に来日したアルバート・アインシュタイン博士も、次のような「世界の盟主」というメッセージを残している。

「近代日本の発達ほど世界を驚かせたものはない。この驚異的な発展には他の国と異なる何ものかがなくてはならない。果たせるかな、この国の三千年の歴史がそうであった。この長い歴史を通して一系の天皇を戴いているということが、今日の日本をあらしめたのである」

 アインシュタインにしろマッカーサーやウェッブにしろ、よほどの衝撃と驚愕を、天皇という存在から受けたと考える以外にない。
参考 神国の森『天皇はやはり神だった』より 下記サイト参照



よーめんの感想はココ↓





廃墟からの厳しい復興を遂げた日本民族
f0091252_1917137.jpg

学徒出陣f0091252_19572869.jpg
全国の都市(小さな地方まで)が焼け野原になり300万人ともいわれる日本人が戦争で亡くなり、家にある鍋や釘まで物資不足の為に提供し最後の血の一滴まで戦争遂行の為に差し出した日本人。国家そのものが壊滅状態にあったのにも関わらず瞬時にして立ち直ったのは奇跡としか考えられない。戦後15年後には新幹線が走り高速道路網が完備され東京オリンピックをやってのけた国。中・韓など、特に中国などは戦勝国なのに今頃になってようやく新幹線らしき物が走りだしたらしい。

この日本の奇跡の復興はなぜありえたのか?まさか世界が資金協力してくれたから?だけでは説明付かない。そこには日本人しか持ち得ない何かがあったのではないのか?



では他の国には持ち得ない日本人だけが持つ力とは何か?と考えた時、国民性や文化の違いという事になる。国民性や文化の違いという面を取り上げたなら、先の戦争では日本人は一つに纏まっていたように思えます。それは「日本人は天皇中心の神の国」という宗教的要素に近いものがあったのではないだろうか?物量で勝敗が決まる戦争の時代にそのような精神論ではもちろん勝てない。しかし、祖国復興という目的ならどうだろう?!

一つ前のエントリーで天皇の存在は「天皇制は日本人を統率させ日本人の結束や繋がりを強化させる」ので反日三国が攻撃する。と書きました。

そのような日本人が昔から備わっていた精神論的な記憶があったからこそ世界経済で上位に立ったのではないだろうか?

日本は天皇制だったからこそ戦後奇跡の復興を遂げたと言っても大げさではないでしょう。それ以外には考えられない。天皇制を廃止しよう?などという論は、外国人工作員ならともかく、日本人で正常な脳があればありえなく、ありえるとすれば鬼畜以外の何者でもない。バチ当たりもいいとこだろう!


また鬼畜左翼らは「兵隊さんは天皇陛下バンザイ!」と言って死んで行ったのだから天皇の”戦争責任云々”などとほざくが、悪質もいいとこ。天皇は軍部上層部の政治に参加していなく、それこそ神の存在だったわけだから、それを知ってて電波を使ってほざくマスコミは間違い無く敵の工作員が侵入していると思ってよい。


世界に誇れる日本文化の歴史を今後も数百年数千年と日本人は護り続けなければならない!工作員に騙されてはいけない!
↓↓↓
人気blogランキングへ
ランキング票アップさせて、この問題を多くの人に知らせましょう!



参考サイト

神国の森
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/4669/index.html
「人間View」あなたの人生観が「コロッ」と変わる
http://blog.mag2.com/m/log/0000149987
宮内庁ホームページ
http://www.kunaicho.go.jp/index.html



カーチス・ルメイと東京大空襲
http://sidenkai21.cocot.jp/m363.html
[PR]
by youmenipip | 2006-09-18 20:07 | 天皇
<< 韓国にも皇室を?!何でも日本の... 天皇制 世界が羨ましがる日本文化 >>