偏向裁判官を弾劾裁判にかける件

「裁判官訴追委員会」の生きているアドレス見つけましたので貼ります。

一昨日金曜日に電話した時、裁判官訴追委員会のホムペのアドレスリンクをここのブログに貼ることを告げた時、やたら警戒してるな?と感じたのですが、その後、訴追委員会のホムペが急に繋がらなくなったので、我がよーめんブログの過去のエントリーを見て恐れを成したのか?(苦笑)それとも感激して負けじと素敵なホムペ作りでも始めたのかい?(笑)と思っていましたが、トップページ以外の各ページが生きていましたので貼ります。
http://www.sotsui.go.jp/claim/index2.html


いろいろな他のブログを見てますと他のみなさんは、初めこのトンデモ判決をエントリーに取り入れておられましたが今日くらいになると次の話題に入っているようです。しかし我がよーめんブログはそういうわけには参りませぬ。そこが違いです。一度見つけたエゲツナイ問題は決してそのままにせず何らかの対応を取って行くつもりです。(富田メモ問題もあのままで済ますつもりはありません)ところが同じ問題をブログで長く取り扱うと飽きられランキングが落ちて行くのですが、私は元々人気を得る為にやっているのではなく、何か国の為の運動をするつもりでやっているので、ランキングが下がっても何のことは無いのです。が、しかしかと申しましてもランキングがどとんどん下がっていけば多くの皆様に日本で今起きているトンデモ事件をお知らせする機会が減りデモや署名の集まりが減るのもまた問題です。そこでよーめんブログの趣旨をご理解頂ける方には誠に恐縮ですが「ランキングのクリック」の更なるご協力をお願いしたいと存じます。最低一日一回のクリックの応援をお願い出来ればと存じます。


さて本題に戻りますが、今回は都教育委員会と教職員組合という「組織対組織」の裁判ですが

まず皆さんに念入りに言っておきたいことは、偏向裁判・やらせ八百長裁判・初めに結論ありきの裁判、等は絶対にあってはいけない裁判です!その被害者が個人の場合は絶望のどん底に叩き落され一人で悩み苦しむわけです。が、国家権力の前に成す術はありません。完全な泣き寝入りを要求してきます。マスコミもよっぽどのコネや何かが無いと取り扱いません。簡単にひねり潰されてしまいます。例えば個人で大組織に裁判を挑む者とすれば、裁判官はあくまでも中立公平に裁判をしてくれるだろう?とか、裁判官は弱い者や困っている人の見方だろう?!とか、とにかく第三者で、しかも公共の人なので、納得の行く方法でこの問題を見てくれるだろう?!と思って裁判をしているのです。ところが実際はそうでは無い場合があります。






我々はそのような悪質裁判・不当判決を知ったら自分のことで無くても皆で大騒ぎをしないといけません!悪質裁判官は「この男は孤立した奴なのでまさか赤の他人が皆で騒ぐはずは無いだろう?!」と調べています。「バックにマスコミが付いていないだろうか?変な組織が騒がないだろうか?」と。どうやって調べるか?なんとあなた側の弁護士も偏向裁判の仲間に入れてしまってます。「私は善良な市民でございます。」なんて顔してたら恐ろしい判決文を貰う場合があります。要注意です。


国家権力とは極力戦わない!敵にしないということです。ましてや当よーめんブログは国家権力側の立場ですし。でも今回の左翼変更裁判官は許しませぬ!




ここに訴追請求の見本があります。国民なら誰でも自由に訴追請求することが出来る。
(裁判官弾劾法15条1項)
書き方はこのように特に決まった書き方は無いそうです。裁判が行われた日と裁判官名と場所(東京地裁)の三つは必須です。

f0091252_1362778.gif

http://www.sotsui.go.jp/claim/index2.html




裁判(裁判官)への不服申し立て制度のようなシステムをもっと強化するべきだ!と思う人
↓↓↓
人気blogランキングへ
ランキング票アップさせて、この問題を多くの人に知らせましょう!
[PR]
by youmenipip | 2006-09-24 02:27 | 国旗・国歌に 唾吐き問題
<< さすがプロ市民!裁判のやり方を... 裁判官訴追委員会に電話しました。 >>