「博士の消されたブログ」まとめ

「博士の消されたブログ」まとめのブログ


創価・中共問題を取り扱っていた人気ブログ「博士の独り言」が先日9月27日昼頃から何者かにブログ管理ページに侵入されかってに内容を削除・改ざんされ一時閉鎖に追い込まれました。そこで私達、同ランキングにいたブロガーとしましては、創価や中共、特定の政治家の問題はいつも取り扱っており、決して人事では無く、暴力的な言論弾圧に全身の血が逆流するほどの怒りを感じると共に断固抗議し、そのような不届きな攻撃に対して今後一切妥協しない方向で行く所存であることをご報告申しあげます。


これまでの流れ


1 今年に入りブログ「博士の独り言」の管理人自宅に複数以上の輩が脅しにやってくる。
(それまでも電話による脅しなどもあり博士は引越しを考えるようになる)

2 今年8月末ブログ・pcの不調を訴えるようになる。
(何者かが自身のpcに入り込みリモート操作で悪質ないたずらをしているのが分かる)
(詳しくは次ページ)

3 ブログがかってに削除されたりする危険を感じた博士はブログランキングに入り1位になれば敵も削除しずらいだろうと考えランキングに登場し1位を目指し頑張る。

4 9月中頃、博士自身が身の危険を感じるようになる等の内容を記事に入れ現状を読者に(世間)に知らせる

5 9月26日創価学会に関するエントリー記事を書く

6 27日安倍新政権の各政治家個人の内容記事をエントリー

7 同日27日夕方、ランキングバーナーが何者かに削除され、ランキングから姿を消す。その後コメント欄、過去のエントリー等ーが徐々に消えて行く。(これらの異常現象は博士や多くの読者の目の前で発生している)

8 関係者に迷惑がかかることを考えた管理人博士はブログの一時閉鎖を決意し同日夜、自身の手で閉鎖をする。

9 同日8時頃「博士のブログ」の異変を、以前から博士の身の安全を危惧していた博士のファンらが気づき同ランキング内の他のブログ(よーめん・極右・依存症の独り言・やじざむらい的日々雑感等)のコメント欄に博士と博士のブログの異変を知らせるカキコミをする

10 同日深夜 よーめんブログが真っ先にエントリー記事にして取り上げる。

11続いて早朝に極右ブログでも取り上げる。(ここで博士が早朝6時に安否の無事と状況を知らせるメッセージがあったことを知らせる記事がエントリーされる)

12 他の多くのブロク゜も賛同しこの事件を取り上げる

(現在博士は独自ドメインを取得し復帰作業中とのこと)

(上記内容を変更する場合もあります)


(現在情報収集中です。新情報を教えて下さい)



8月末 博士から読者への緊急のお知らせ
   ↓



>>>>>>>>>>

ブログの異変を知らせる博士 今年8月



読者の皆様

「博士の独り言」にご来訪いただき、いつも有難うございます。

ところで、8月31日未明よりログイン/記事アップが出来ない状態が続いています。

政治家への明確な指摘に対し、統制筋から圧力が加えられている模様です。

万一、削除に遭いました時は、こちらを本館といたしたく考えます。

今後とも、よろしくお願いいたします。 

2006年8月31日

--------- ----------

【筆者記】

 読者のみなさま、お忙しい中、いつも「博士の独り言」へ日々新たなご訪問をいただき感謝いたしております。おかげさまで、この8月も無休で記事のアップを続けることができました。

 粗い記事ばかりで恐縮ですが、みなさまからフォローいただくコメントや激励のコメントをいただき、さらに、ランキングボタンという贈り物までいただき、大変に心強く思います。

 みなさまから頂戴する1つ1つのコメントに、お返事を書かせていただくことがなかなかことが出来ませんが、すべて拝読し、至らぬ筆者のビタミンとさせていただいております。

 拙き記事ですが、その内の1つでも、みなさまが時事刻々のニュースをご参照になる時のご参考としていただけるものあれば幸いです。

 小さなブログですが、今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

---------- ---------- ----------

【状況報告】

 一昨日(29日)は、アップした記事が削除され、それを発見して再アップしたところ、その内容が、それより数時間ほど前に書きかけていた未完成原稿であった、という事故に遭いました。こちらは第三者が筆者のPCにリモートで入り込み、悪戯を働いていたことが原因であったことが判りました。

 また、今日8月31日の未明から、午前10時過ぎにいたる約10時間にわたり、筆者によるログイン/原稿作成ができない状態が続きました。ブログ自体も表示されにくい状態に陥る時間帯もありました。同じような現象がこれまでにも5、6度ありましたが、いずれもカルトや中共に関連した厳しい論調の記事をアップした後に起きています。

 読者の方から教えていただきましたが、こうした時は、決まったように Yahooのブログ検索からも「博士の独り言」の記事へのリンクが消えるそうです。

 しかし、みなさまよりいただく絶大なるご支援により、「博士の独り言」をランキング上で、大きく目に入る位置へ押し上げていただいているおかげで、削除の危機を乗り越えることができた。そう信じております。

 この上は充実に努め、読者のみなさまと共に、第1位を目指してまいります。

 ご支援のほど、宜しくお願いいたします。

----------



今日、早朝掲示板にあった博士からのメッセージ

■ ご心配をおかけしました
■博士の独り言(107) 投稿日:2006年9月29日<金>07時04分
みなさま

 心温まるエールと貴重なアドバイスの数々を頂戴いたし、大変に心強く思います。BBSの場を借りて恐縮ですが、心より感謝いたしております。有難うございます。

 再開に向けて独自ドメインの取得申請を致しました。サーバー準備には今少しの時間と費用がかかりそうですが、準備が出来次第、ブログを公開させていただくつもりでおります。今度は、HPとブログの同時併載が可能になると思います。真実を共有する意義から、ミラーブログの在り方を考えさせていただくとともに、HPを介して有志のブログの皆様との協力ネットワークを構築できれば幸いです。

 ご賛同、ご協力いただける有志ブログのみなさまには、ご一報いただければ幸いです。ここ一両日中のニュース報道に書くべき記事が幾つか思い立ちますが、先ずは、今暫く準備と拙き身の保全に努めるべきと自戒しております。




以上が最近までの情報です


ところでなぜ博士のブログが狙われたのか?

「たかがブログ、されどブログ」「たかがネット されどネット」 なのでしょうか。

創価や中共、政治家個人を取り扱うブログやホームページは星の数ほどあります。


私自身が博士を知ったのはランキングに登場してからのなので、それ以前の経歴は分からないのですが。自分のような新まいペエペエのガキブロガーと違い(苦笑)博士さんくらいの人格者になると人を引き付ける能力・人望なども高く。人脈もあり。一つ一つの話の信頼性や信憑性が格段に優れているのでしょう。そのようなブロガーの存在は敵にとって危険で目障りな存在なのでしょう。

また、今ほど申したように「たかがブログ、されどブログ」「たかがネット されどネット」 なのでしょう!ネットと言えば少し前までと違い、最近は学校でも自由に使える場があり子供や主婦といった層にも広まり、ネット内での騒動はまったく侮れなくなったということです。

自宅から外に出て署名やデモで政府を動かしたり、電凸したりと。抗議行動するようになってますしね。



それにしても、三色旗の話がそんなたいそうな問題なのか?また政治家個人の過去の問題が今更そんなサイバーテロを起こし逮捕される危険を犯すほどの問題なのか?政治家なら今更誰もビックリもしないでしょうに。だって小泉首相は在職期間中に婦女暴行罪の裁判を起こされていたのに、あの人気なわけだからね。。


極右さんの記事に書いてありましたけど「個人がこのような攻撃を受けた場合大変怖いでしょう!」と書いてありました。たしかにその通りだと思います。故に今後ブロガー同士や読者のネットワークを構築していく必要がたしかにあります。



クリックして大騒ぎしましょう!
↓↓↓
人気blogランキングへ
ランキング票アップさせて、この問題を多くの人に知らせましょう!


情報を教えて下さい。
[PR]
by youmenipip | 2006-09-29 18:11 | 鬼畜カルト問題
<< 復活まぢか「博士の独り言」 他人のブログをかってに削除した... >>