北朝鮮核実験を実施したと朝鮮中央通信が発表する

ただ今入りました情報によりますと、北朝鮮が今日核実験を安全に実施したと北朝鮮中央通信社が11時50分頃に発表しました。日本政府では塩崎官房長官らが首相官邸に入り情報を収集していますが13時時点で確定した情報は確認できていないということです。アメリカと共に情報収集を続けるということです。
f0091252_1245141.jpg
北朝鮮中央通信の発表では北朝鮮科学実験部門で核実験は科学的で綿密な計画を持って安全に実施したと発表しました。

韓国の地質調査省が午前10時36分頃北朝鮮ハムギョン北道ファデ郡でマグニチュード3、58の地震を感知したと発表し、韓国政府は先ほど閣僚会議を始めました。韓国政府はこれまで北朝鮮政府に対して融和製作を取っており核実験は許されないという立場をとっており、今回北朝鮮が核実験を行ったことにより融和製作を変更するものと思われます。

今回の北朝鮮が核実験を行うと発表した時、単なる脅しでは無く本当に行うだろうとして、アメリカや周辺各国は警戒を強め、核実験を行わないようにと警告していましたが、核実験を強行したことにより国際社会にとって明白な挑戦行為とするのは明らかで国連で(軍事的強制措置などが含まれる国際連合憲章)7章に言及する決議について議論が行われ北朝鮮政府は今後さらなる窮地に追い込まれのは明らかです。

北朝鮮は先月核実験を行う準備があると発表し、その後核実験を行ったことは、「名実共に核保有国という立場を明確に示し国際的な立場を上げたい」という意思の表れだと思われます。(NHKテレビニュースより聞き取り)
f0091252_1339156.jpg

こういう時に必ず現れる軍事評論家 

各紙の反応とよーめんの意見
   ↓



f0091252_1382114.jpg


北朝鮮が核実験 プルトニウム型原爆か '06/10/9 ▽6カ国、完全崩壊

f0091252_13513975.jpg 【ソウル9日共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は九日、北朝鮮が初の核実験を行ったと報じた。プルトニウム型原爆とみられ、昨年二月に核兵器保有を公式宣言していた。今年七月の弾道ミサイル発射を上回る強硬措置。十月三日の外務省声明通り実験を行ったと表明したことで日米など国際社会は強く反発、国連での制裁論議は必至だ。昨年十一月以降中断している六カ国協議は完全に崩壊し、朝鮮半島情勢は一九九四年の核危機以上に深刻な事態に陥り、米朝間の緊張が危機的な状況に達する恐れもある。
(中略)
 実験場所は地下につくった核実験施設とみられるが、核爆弾の数や規模などは不明。

 北朝鮮は金融制裁をはじめ米国主導による北朝鮮包囲網強化に危機感を強め、「核保有国」であることを誇示、米国を直接交渉に引き出す狙いとみられるが、米国が応じる可能性は低く、中国やロシアも厳しい対応を示すのは確実で、国際的孤立が一気に深まった。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200610090194.html
f0091252_1354232.jpg北朝鮮:核実験を実施 中央通信報道 地震波も探知
 【北京・西岡省二】北朝鮮の国営朝鮮中央通信は9日、地下核実験を実施したと発表した。実験の時間や場所など詳細は伝えていない。同通信は「科学的打算と綿密な計算で進められた」と成果を報じ、「放射能漏れはなかった」と伝えられた。日本や米国、中国、韓国など関係各国が情報確認を急いでいる。北朝鮮外務省は今月3日、「科学研究部門が今後、安全性が徹底的に保証された核実験を実施することになる」と宣言していた。80年代から浮上した北朝鮮の核開発疑惑は核実験によって現実のものとなった。核保有国としては、米英仏中露、インド、パキスタンに続いて8カ国目になる。国際社会は北朝鮮への制裁に踏み切るとみられ、北朝鮮の核問題は緊迫した局面を迎えた。

 
毎日新聞 2006年10月9日 12時51分
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061009k0000e030024000c.html

>>>>>>


よーめんより

本当に戦争やる国

このブログを書いている9日13時時点では本当にやったのかどうかの確定は出来ていないのですが(韓国は確定)たぶん本当にやったのでしょう。と、言うのは北朝鮮が核実験したと発表した時間帯と韓国が地震を感知した時間が似通っているので、やったのでしょう。また北朝鮮が核実験をすると発表した時。アメリカは本当にやるだろうという見方をしていました。

前回日本海にミサイルをぶち込んだ時もこの国は本当に戦争をするかもしれないと感じました。食料自給体制が失敗し大量の餓死者を出し拉致問題も国際化し世界的に孤立してしまった現時点で最後のカードは核実験の実施しかなくこれを持ってして国際問題を強引に解決するしか方法が無くなって来たのです。しかしそれによりさらに国際制裁措置が強化されるのは明らかでさらに窮地に立たされます。その後北朝鮮は窮地からの奪回を狙い今度は本当に日本と韓国にミサイル攻撃を行い宣戦布告をし戦争状態を作りこの戦争状態の終焉を持ってして国際的な孤立を解決するというシナリオです。(この時、韓国に対しては実際に戦車や航空機などによる侵略的攻撃も有り得る可能性があります)

f0091252_1462539.jpg北は日本や韓国にミサイル攻撃を行えば当然アメリカは北朝鮮に対してへの激しい空爆が予想され北朝鮮全土が致命的な打撃を受ける可能性があるわけですが、そのような打撃は100万人もの餓死者を出しそれでもなお暴君で君臨し続ける将軍様金正日にとっては痛くも痒くもなく、国際的に悲劇の国を装い同情を得ようというシナリオに入っています。

日本政府はこのような暴力による脅しに一歩も引くことも無く速やかに制裁措置を行うと共に。また実際に戦争を仕掛けてくるのは時間の問題であり早急に日本の軍事防衛体制の強化はもちろん、核の開発を視野に入れた日本再生をして頂きたいと思います。



さらなる制裁と防衛力の強化をと思われる方は
↓↓↓
人気blogランキングへ
ランキング票 アップさせて、この問題を多くの人に知らせましょう!
[PR]
by youmenipip | 2006-10-09 14:03 | 朝鮮封建主義人民虐殺狂和国
<< 極右軍事政権を作ろう! 村山談話 河野談話認める?お坊ちゃま >>