またも子供をダシに使ったのか?

少し前に、札幌の中学生が安倍首相に教育基本法改正反対の手紙を送ったというヤラセ臭い事件があったばかりですが。今度は安倍首相に靖国参拝はするのか?という意味合いの質問を安倍首相との食事中に子供達がしだしたという事件が発生しました。


・・・・・・コピヘ開始・・・・・

(下記 2006年12月7日 読売新聞)

f0091252_043579.jpg靖国参拝?「難しい質問だなあ」…首相が小学校視察
 安倍首相は7日、東京・市谷仲之町の牛込仲之小学校を視察した。

 政権の重要課題に掲げる教育再生に向け、学校現場の実情を知るのが目的。首相は「友達を大切にして、独りぼっちの子がいたら声をかけて下さい」と呼びかけた。児童から靖国神社参拝について聞かれ、「難しい質問だなあ。おじさんはまだ決めていないんだ」と答える場面もあった。
(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061207i311.htm
魚拓(コピーページ)
http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061207i311.htm&date=20061208225116

[時事通信社]
安倍晋三首相は7日昼、東京都新宿区立牛込仲之小学校を訪問した。
 給食の用意された6年1組の教室に案内された首相は「独りぼっちの子がいたら、ぜひ声を掛けてあげてね」などとあいさつすると、子どもと一緒に小さないすに窮屈そうに着席。政治家になった理由や好物など次々と出る質問に、首相は、はしを止めて「お父さんもおじいさんも政治家だったから」「ラーメンと焼き肉だ」と丁寧に応対し、「靖国参拝ですが」という予想外の質問には、「難しい質問だな…」と小声で答えていた。 



・・・・・・コピペ終了・・・・・


このニュースを初め知った時 子供が飯食いながらそんな質問するか!と、これはまた”左翼教師のヤラセ指導”かと思ったのですが、あながち、そうとも言えなくなって来ました。

最近の子供は”子供左翼ニュース”というのを幼い頃から見せられているのを知り 絶句しました!それは”富田メモ”の天皇のA級戦犯靖国合祀反対説が確定した事実として子供に布教されていたからです。

マスコミが”富田メモ”なる物をあたかも確定した事実のように取り上げたのは今年8月。しかし富田メモは、その時点から現在に至るまで 信憑性に問題があると指摘されており、現在ではマスコミ自らも富田メモをまったく引き合いに出さなくなったことから察しが付くように大変怪しい世紀の大誤報の疑いが出ています。




・・・・・コピペ開始・・・・・・・


{NHKしゅうかんこどもニュース}より

小泉総理大臣が終戦の日におまいり
'06/08/19 放送

 8月15日の終戦の日に、小泉総理大臣が靖国神社(やすくに じんじゃ)にお参りしました。これに対して中国や韓国が抗議(こうぎ)しています。
 どういうことなのか、きょうは靖国神社がテーマです。

 靖国神社は神社です。いまから130年以上前の1869年に建てられました。
 ここには、国のために戦って亡くなった軍人や、戦場で働いていて亡くなった、たとえば看護師(かんごし)さんなどが、神様としてまつられています。
 ここに来れば、戦争で亡くなった人に会えると思って、訪れる遺族(いぞく)の人が多いのです。現在まつられている人は、246万人。このうち213万人が太平洋戦争で亡くなった人なのです。

 この中にA級戦犯といわれる人たちが含まれていて、これが問題になっているのです。
 A級戦犯とはどんな人たちなのでしょう。

 太平洋戦争が終わった後の1946年、戦争に勝った側のアメリカやイギリスなど連合国が、「日本の指導者(しどうしゃ)には、戦争を起こした責任がある」といって、裁判を開きました。これが「極東国際軍事裁判(きょくとう こくさい ぐんじ さいばん)」です。東京で開かれたので、東京裁判ともいわれます。
 この裁判については、戦争に勝った側が一方的(いっぽうてき)に開いたものでおかしい、という意見もあります。
 いずれにしても、この裁判で裁(さば)かれた人たちが「A級戦犯」と呼ばれました。戦犯とは戦争犯罪人という意味です。この裁判では、当時の総理大臣らが死刑になりました。

 このA級戦犯の人たちは、すぐにまつられたわけではありません。他の戦死者と一緒にまつることには、反対する意見もあったといわれています。
 でも今から28年前の1978年、A級戦犯のうち14人が靖国神社まつられたのです。

 この靖国神社に、小泉総理大臣は毎年一回、これまでに5回お参りしていますが、中国や韓国はそのたびに抗議してきました。
 どういうことかというと、「中国や韓国は、戦争で日本からひどい目に合わされた。その責任があるA級戦犯がまつられている靖国神社を、国のトップの総理大臣がお参りするのは問題だ」と怒っているのです。

 その小泉総理大臣が今年はどうするのか、とくに注目されました。
 小泉総理大臣は、終戦の日の8月15日にお参りしたいとずっと言ってきました。でも中国や韓国は「戦争の責任を一番感じてほしい日なのにあえて、この日におまいりするということは、戦争を反省していないと言うことではないか」といって、とりわけ強く反対してきました。

 これまで小泉総理大臣は、8月15日におまいりしたことはありません。小泉総理大臣はこの秋に辞めることを明らかにしています。最後の機会だから注目されたのです。

 もうひとつこんなこともありました。
 靖国神社にA級戦犯がまつられたことを、前の天皇の昭和天皇がどう思っていたかを、書いたメモが先月、明(あき)らかになりました。
 メモを書いたのは、天皇や皇室に関係する仕事を担当する国の役所、宮内庁のトップだった富田朝彦さんという人です。富田さんのメモによると昭和天皇は「私は、あれ以来参拝(さんぱい)していない。それが私の心だ」と述べたということです。
 どういうことかというと、昭和天皇は「A級戦犯がまつられたことを良くは思っていなかったので、それまでやっていた靖国神社へのおまいりをやめた」のではないかというのです。
 こんな資料が見つかったのは初めて。そこで、小泉総理大臣はどうするのだろうと注目されたのです。

 小泉総理大臣はどうしたか。
 8月15日に靖国神社におまいりしました。
 この日を選んだことについて、小泉総理大臣は「戦争の犠牲になった人たちに感謝し、2度と戦争を起こしてはならないと思っておまいりした。でもいつ行っても批判(ひはん)される。いつお参りしても同じなら、この日を選ぶことにした」と言っています。

 これ対して、中国や韓国は日本の政府に強く抗議しました。2つの国との関係は、その後もうまくいっていません。

 小泉総理大臣が靖国神社におまいりしたことについては、日本の国内でも賛成、反対と意見が分かれています。
 また靖国神社にまつられているA級戦犯をどうするか、といった議論も始まっています。

 小泉総理大臣は、この秋にやめるといいましたね。
 では、次の総理大臣は靖国神社についてどう考えるのか、お参りをするのでしょうか。
 中国や韓国との関係をこれからどうするのでしょうか。

 いま注目されています。だから靖国神社をめぐるニュースはこれからも目が離(はな)せないのです。
【 2006/08/19 放送(内容は放送時点でのものです)
http://www.nhk.or.jp/kdns/_hatena/06/0819.html
魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.nhk.or.jp/kdns/_hatena/06/0819.html&date=20061208233004



・・・・・・コピペ終了・・・・・・・・




どうでしょう?なかなかの所業です。


日本の子供達にこれを見せて「天皇陛下さえも反対しておられるA級戦犯合祀場所に小泉首相が行くとは、けしからん!韓国・中国は怒って当たり前だ!」と言う印象操作・情報操作がなされていますね。


安倍首相との食事会で小学生が”靖国問題”を言い出したのは、ほとんどの確立で大人のヤラセでしょうけど。もし百歩譲って大人が絡んでいないとすれば、今申し上げたような、マスコミの情報操作・印象操作の影響です。左翼らから、また反論がきそうですが、「富田メモの天皇発言は確定した事実で無い以上、NHKこどもニュースで、確定したものとして報道するのはフェアでありませんし、恐らく違法です。」故にテロップなどで「”天皇発言”と完全に確定したわけではありませんが・・・・」と言った、但し書きは必要でしょう。それが無い以上は悪質な左翼偏向報道です。そしてそれが今だに何の訂正や但し書きも無く今だにああしてアップされているというのも世間を甘く見ているのではないでしょうか。


大人は何も知らない子供達の心をもて遊ぶものではないと思うのですがいかがなものでしょう!






すみませんが今回もコレ↓クリックしてやってくれませんか!

人気blogランキングへ


「週刊金曜日の件の特集」はお休みしました。
[PR]
by youmenipip | 2006-12-09 00:03 | 鬼畜左翼偏向報道問題
<< これが鬼畜左翼だ!シナ抗議街宣... 宮内庁にお電話さしあげました。 >>