これが鬼畜左翼だ!シナ抗議街宣で・・・

先日週刊金曜日を吊るし上げ、謝罪広告を出させた。我らが”主権回復を目指す会”が南京虐殺関係の裁判の日に裁判所前で、シナ抗議街宣をしたようです。

日本の”主権回復を目指す会”↓
f0091252_2330750.jpg

特製の横断幕が極左の存在を圧倒し覆い隠す

f0091252_0132769.jpgf0091252_014682.jpg

日本ではこういった親日派レベルでの抗議街宣や抗議デモというのは今まで少なかったよな!


面白くない人達↓                    面白くない人達↓   
f0091252_23501162.jpgf0091252_23504925.jpg

(写真 左)代表の急所を突く演説に逆上し、掴み掛からんとする極左集団『南京への道・史実を守る会』

(写真 右)演説がよほど悔しいのか、掴み掛からんとするシナの番犬たち




下記;靖國会事務局日誌より
http://yasukuni.jugem.jp/?day=20061208


支援・街宣『展転社支援、夏淑琴裁判」報告記
【極左の偽造を言論で粉砕】

展転社をシナ・中共の謀略から守る「夏淑琴」裁判が12月8日、東京地裁で行われたが、当会は地裁前で、南京大虐殺の歴史偽造を暴く街宣活動を行った。

街宣では西村代表が「住民20万人余りは、戦闘区域と隔離された『安全区』に避難しており、戦闘地域には一人の住民どころかネズミ一匹さえいなかった。安全区委員長のジョン・ラーベは住民の食料を調達した日本軍に感謝状を届けている」等など、具体的事実を挙げつつ虚偽の歴史偽造を暴いた。さらに、「この虚偽をあおり夏淑琴の人権だと騒ぐ支援の極左が、何故シナ・中共の人権蹂躙は知っていて無視するのか。

強制収用所に送り込まれたシナ人学生達を助けないのか。卑劣極まる偽善者共だ、それがお前たち偽造を煽る逆日極左である。日本に巣食うダニ、精神の悪臭を放つゴミだ」と切り捨てた。

ところが、代表の理を詰めた街宣に言論で対抗できない極左集団『南京への道・史実を守る会』らは、西村代表のマイクを取り上げようと再三再四に亘り、暴力行為を仕掛けてきた。代表は「地裁前の皆さん、よく見てください。異なる言論、太刀打ちできない言論を力・暴力でつぶす手法は、正に彼らが飼い主・シナ・中共の弾圧手法と瓜二つである。言論でやり込められ、対抗できないと知るや今度は、プッチン切れて暴力に走る。連中の精神がいかに脆弱で退廃を極めているか示して余りある」と本質をえぐり出した説法に、地裁前の通行人からも大きな拍手が寄せられていた。




主権回復を目指す会のみなさん抗議街宣お疲れ様でした。


下記は本当ですか?!

>極左集団『南京への道・史実を守る会』らは、西村代表のマイクを取り上げようと再三再四に亘り、暴力行為を仕掛けてきた・・・・



この鬼畜左翼どもはここをどこだと思っているんだ!前にも何かで書いたかもしれないけど、逆に中国・韓国で日本人が中国や韓国を刺激するような事をしたならリンチ(警察黙認)に合ってしまう。

それを日本人のマイクを取り上げようと暴力を仕掛けて来るとは、まさに逆では無いか?つД`)・゚・。・゚゚・*:.。




オレは怒ったぞ!と言う人は
↓↓↓
人気blogランキングへ


この件(この裁判)もう少し勉強中 byよーめん
[PR]
by youmenipip | 2006-12-09 23:57 | 南京冤罪裁判問題
<< 読者の電突紹介 またも子供をダシに使ったのか? >>