新年明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろお騒がせ致しました。でも今年はもっといろいろあると思います。

何と言っても新年早々要注意しなくてはならない問題がいくつかありますがその中でも新年早々の最重要事項は、『ネット版人権擁護法案』(ネット規制)の実施でしょう!せっかく大勢の日本国民の反対で消滅したかと思われた人権擁護法案が何食わぬ顔をして生き返っていたのですからね。

f0091252_2344170.jpg富山の大組織インテックの社長件[社団法人]テレコムサービス協会(ネット版人権擁護法案管理団体)の会長を勤める中尾哲雄なる輩は中核派と繋がりの深い富山大学出身で、その中尾哲雄は富山の”森のゆめ市民大学”なるいかにも頭がお花畑になりそうな大学で副会長をしており、しかもその大学の学長はこともあろうに現役北朝鮮工作員と言われる 筑紫哲也が学長 をしているというから、いやはやなんとも香ばしいではないでしょうか?!・・・・・昨年はいろいろ香ばしい臭いを嗅いで来ましたがこれは一段と香ばしい!
f0091252_23351067.jpg
インテック社長の中尾哲雄イコール左翼?!であるとは限らないけど、筑紫哲也と繋がりがあるばかりか同じ大学を”運営”しているようであれば、痛烈な異臭がしないでもありません!

中尾社長本人に”あなたは左翼ですか?”と聞くわけにもいきませんが、中尾氏は地元富山ではTBS系列の地方局も経営しているとなると、TBSがネット規制法案を管理するのと同じじゃないですかね?!自分がテレコムサービスに電突した時、やたら不気味な余裕とふてぶてしさを感じたのはダテでは無かったのですよ。これ、ちょっとマズイですね。


「ネット規制」はTBSが管理運営するのと同じ事?

ネット版人権擁護法案 香ばしい香りの流れ 分かりやすい一覧表

「ネット版人権擁護法案を管理する[社]テレコムセンター会長中尾氏は中核派と繋がりの深い富山大学卒」    
     ↓
「その中尾氏は筑紫哲也が学長を勤める”森のゆめ市民大学”(富山)で副学長を務める」
     ↓
「中尾氏はさらに地元富山ではTBS系列のテレビ局も経営してる」
     ↓
「TBSと言えば昨年2ちやんねる有志らによるTBS免許剥奪デモなどでネットを嫌っている」
     ↓
「ネット版人権擁護法案はそのTBSの系列会社(チューリップテレビ)の社長中尾氏が会長をしているテレコムサービスが運営する」
     ↓
「つまりTBSがネット法案(ネット版人権擁護法案)を運営しているのと同じことになる」
     ↓
「最悪の結果が予想される」(;゚Д゚)


参考 極右評論
ネット規制 背後にTBS、毎日も
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51262120.html
仕組まれているネット規制 筑紫の名前も
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51261192.html
[社]テレコムサービス協会に電突 よーめんブログ
http://youmenipip.exblog.jp/4175299/

↑これらをコピペで広めてくだされ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


社団法人テレコムサービス協会 03-3597-1092
http://www.telesa.or.jp/

総務省03-5253-5111
http://www.soumu.go.jp/opinions/opinions.html
首相官邸 03-3581-0101
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

「ナチスが共産党を弾圧した時、私は不安に駆られたが、 自分は共産主義者でなかったから、何の行動も起こさなかった。」

「その次、ナチスは社会党を弾圧した。私は更に不安を感じたが、自分は社会主義者でないので、何の抵抗もしなかった。」

「それからナチスは、学生・新聞・ユダヤ人と順次弾圧の輪を広げていき、その度に、私の不安は増大したが、それでも私は行動に出なかった。」

「ある日遂に、ナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。だから行動に立ち上がった。 が、もうそのときはすべてが、遅すぎた。 」

ドイツの牧師、マルティン・ニーメラーの言葉




言論弾圧は許さない!って方、クリックして頂くと助かります。
↓↓↓
人気blogランキングへ
クリックして頂くと順位がアップし異常事態を多くの人に伝えられます。
   


↑これらをコピペで広めてくだされ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
[PR]
by youmenipip | 2007-01-01 01:06 | 言論弾圧法案
<< 秋山不可解な試合? 竹島(独島)管理船建設 韓国 >>