奈良の騒音おばさん問題

「奈良の騒音おばさんは”何か得たいの知れない黒い大きな壁”と戦っていたのだった?」

f0091252_1491768.jpgという話しがネットを中心に、まことしやかに飛び交っているという事を聞いていましたが。事の真意はともかく、こういう事も「ネットが無ければマスコミの一方通行」だったわけで、両方の意見を聞ける事は必要な事です。



下記 拾い物 で失礼します

・・・・・引用開始・・・・・・
>
奈良県の「騒音おばさん」を救え!!!

久しぶりに、「毒蛇日記掲示板」(http://bbs10.fc2.com/php/e.php/dokuhebi-bbs/)を覗いてみたら、僕にとっては、かなり重要な書き込みを発見した。奈良県の「騒音おばさん」事件の続報である。実は、奈良県のあの「騒音おばさん」の映像がテレビで流される度に、僕は心の奥に痛みを感じてきた。これは、一歩間違うと、自分自身にも訪れるかもしれない悲劇のように感じたのだ。明らかに、彼女はある種の極限状況に追い込まれている。「追い込まれている」ということの責任は彼女自身にもあるだろうが、それだけではない。「追い込んでいる」奴等がいるはずなのだ。そうでなければ、彼女がああいう行動を取るはずがない。彼女を極限状況に追い込み、彼女を精神的破綻状態にまで追い詰めたものとは、何か。あるいは、誰か。はっきり言ってしまえば、近隣住民の一部による「集団リンチ」か「村八分」だろう。たとえば、彼女が、「険悪な顔をして布団をたたき、そして何事かを(「引越し、引越し……」)大声で喚いている…」というあのビデオ映像を誰が撮影したのか…という問題だ。あの不思議な、不可解な、奇怪な「ビデオ映像」を誰が撮影したのか。何のために撮影したのか。そしてこの私的映像をマスコミに売り込み、日本全国に流通させたのは、誰か。そしてマスコミは、被害者の言い分だけを100パーセント信用して、「加害者=犯罪者」と確定したわけでもない段階で、こういう秘密なプライベート映像を、全国ネットで流してもいいのか。これこそ問答無用の「集団リンチ」であり、「村八分」ではないか。さて、この映像を撮影したのは、「騒音おばさん」の近所に引っ越してきた新住民である「山本某」一家である。「山本某一家」の者が、偶然ではなく、意図的に撮影したものらしい。僕が、この「騒音おばさん」事件に不自然なものを感じ、何か「いやな感じ」を受けたのは、このビデオ映像の撮影者の「意図」と「魂胆」に、心理的に醜悪なものを読み取ったからだ。「毒蛇日記掲示板」の書き込みによると、すべてを妄信するわけではないが、その裏事情がよくわかる。「騒音おぱさん」の家の隣に引っ越してきた「山本某一家」は、単なる「善意の被害者」のように振舞っており、すべてのマスコミ報道もその線に沿ってなされているが、実はそんなに単純な話ではない。むしろ、問題は、僕が、この「騒音おばさん」報道に接した当初、直感的に感じたように、被害者と自称する「山本某一家」の方にあったらしいということだ。つまり「騒音おばさん」は、24時間、この隣家に引っ越してきた「山本某一家」に監視され、隠しカメラで密かに撮影されていたということだろう。「なるほど、やはり、そうだったのか…」というわけだ。ニーチェは、ヨーロッパ「形而上学批判」の方法として、その言説を「誰が語っているか…」と問うたが、われわれも、今、「誰があの映像を撮影したか…」を問うべきだろう。確定は出来ないが、一説では、この「山本某一家」の背後には「創価学会」の影がちらついているという話もあるようだ。創価学会へ勧誘したが断られたために……というわけだが、はたして真実は……。事件の根本原因は、どうだったのだろう。裁判官は、そういうことを考えたことがあるだろうか。いずれにしろ、警察も裁判所もマスコミ報道も、まったくあてにならない時代だな、と思う今日、この頃である。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20070108#p1

http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/50158055.html



・・・・・・引用終了・・・・・・




よーめんのコメント


そう言えば部落解放同盟の幹部が実際に市役所に出勤していないのに、数年間に渡り給与を貰っていたというあの人は、たしかテレビのインタビューでは顔にモザイクをかけられていたが、この騒音おばさんは逮捕される前から顔を丸出しで放送されていましたね。奈良の騒音おばさんと解放同盟のあの人と、”どちらの罪が重いのか”は、さておいて、あまりにも一方的過ぎやしないかと当初から思っていましたが、しかしあのおばさんのあまりにも凄いアクションでそこら辺の冷静さをかいてしまい、こちらも酷い婆さんだ!と思っていました。

TBSは珍しくニュース23で解放同盟を取り上げたは良かったけど、”後から何を言うて来るか分からないような組織”には、ちゃーんと顔にモザイクをかけ報道し。文句が言われにくいような個人に対しては問答無用で顔を公開する。なんともチンケな局では無いか?強いところには弱く、弱い所には強い。カスですな。


で、

下記の日テレのバンキシャの動画で、塩爺が”狂ってますキチガイの顔だ!”と思わず言ってのけたように初めは俺もそう思いました。でもよーく考えると この怒っているおばさんは相手と口論になっているから怒っているのに、この動画には騒音おばさんと口論しているはずの被害者という人の怒り声がカットされているではないか。そのいわゆる騒音おばさんの怒り声の部分だけを放送したのでは公平とは言えません。喧嘩である以上は両者の会話があって初めて喧嘩・口論が成り立つのであって、どちらか一方だけの怒っている部分の動画をアップするというのは問題です。

(動画ダウンロード)(右クリックで対象をファイルに保存を選び保存し支持に従ってください)
http://www.geocities.jp/shebackzone/bankisha.zip

・・・・・・・・・・


またいろいろなサイトに「この騒音おばさんの家に20人位が集団で車で現れ抗議に来た事がある」とも書いてありますね。この状況はどこかで聞いた事がある状況と似てますね・・・

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル  何か鬼畜カルトの臭いが(;゚Д゚)

20対1は、怖いよ!集団での恫喝は暴力と同じだよ!


以前私はどこかの掲示板で「もし自分や自分の家族が攻撃されたら(精神的も含む)ほぼ100%の確立で血のO復を行うやもしれません?!」と書いた事があります。


なるほど・・・・・このおばさん・・・・・


いろいろな意味に置いて、やはり2ちゃんねるは不要だというわけにはいきませんね。必要ですね。


これらの説を100%信用しているわけではありませんが、どうも思い当たるフシがある・・・・・





支持出来る部分もある!と思われた方は、
↓↓↓
人気blogランキングへ

クリックすると 投票数がアップし多くの人にこの現状を知らせる事が出来ます。


動画集
http://www.geocities.jp/shebackzone/douga.html
[PR]
by youmenipip | 2007-01-19 14:53 | 鬼畜カルト問題
<< 左翼と中帰連がシナ人を裁判で援護 我々は大和民族としての誇りを失... >>