お目出度すぎる国 河野・村山談話

日本の謝罪要求-米の従軍慰安婦決議案 可決阻止へ政府躍起  
2007/03/02 07:25

 米下院が審議中の、従軍慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議案をめぐり、政府・自民党内で可決阻止に向けた活動が活発化している。一部議員は、決議案の根拠とされる河野洋平官房長官談話の修正を近く政府に申し入れるが、就任前は河野談話に否定的だった安倍晋三首相の本音を代弁したいとの思惑も透けて見える。(東京政経部 小倉敦)
(中略)
 これに対して下村博文官房副長官は二月二十八日のCS番組収録で「デタラメな内容で、政府としても可決されないよう働きかけをしていく」と表明。世耕弘成首相補佐官は二月下旬に訪米し、政府関係者らに決議案の問題点を訴えた。
(中略)
 一方、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」(会長・中山成彬元文部科学相)は、決議案を「河野談話のあいまいさが誤解を招いた結果」として、首相官邸に談話の修正を求める方針。
(中略)
 こうした首相の姿勢を議連側は「首相は自由に議論してほしいと言っている」(森派若手)と歓迎するが、政府内には「向こうは一生懸命、対日非難の火をつけようとしている。騒げば向こうの思うつぼだ」(外務省幹部)と、過熱する自民党内タカ派勢力への懸念も出ている。

参考 
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070302&j=0023&k=200703019362

魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3%3fd%3d20070302%26j%3d0023%26k%3d200703019362&date=20070303022108



河野談話 慰安婦「強制性」に韓国から働きかけ (産経)

 宮沢内閣末期の平成5年8月、河野洋平官房長官(当時)は「慰安所の設置、管理および慰安婦の移送は旧日本軍が直接、間接に関与した。慰安婦の募集は、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、甘言、強圧によるなど本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、官憲等が直接これに加担したこともあった」とする談話を出した。

 官憲による慰安婦募集の強制性を認めたもので、韓国などにより、日本政府が正式に慰安婦の強制連行を認めたと拡大解釈、宣伝された。

 しかし、談話の根拠は元慰安婦女性からの聞き取り調査だけで、9年3月の参院予算委員会で平林博内閣外政審議室長は「個々の証言を裏付ける調査は行っていない」と答弁。河野氏自身も同年、自民党の「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の会合で「強制的に連行されたものかについては、文書、書類では(証拠は)なかった」と述べている。

 証拠がないにもかかわらず、政府が強制性を認めたのはなぜか-。河野談話作成にかかわった石原信雄元官房副長官によると、当時、韓国側は談話に慰安婦募集の強制性を盛り込むよう執拗(しつよう)に働きかける一方、「慰安婦の名誉の問題であり、個人補償は要求しない」と非公式に打診していた。日本側は「強制性を認めれば、韓国側も矛を収めるのではないか」との期待感を抱き、強制性を認めることを談話の発表前に韓国側に伝えたという。
(2007/03/01 11:00)
http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070301/ssk070301000.htm
魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070301/ssk070301000.htm&date=20070303025030

>>>>>

やっていない物はやっていないとはっきり言う!

この当たり前の事が出来なかったのはなぜなのかを良識のある政治家、国民、みんなで話し合わなければならない。



「ちょうど消費税導入で国民が自民党離れしていたドサクサ紛れに社会党の村山が総理になるという最悪の時に政治が弱腰になり、そこを姑息にも鬼畜韓国が、河野・村山の耳元で何やら上手い話をささやいた。それに乗っかり河野や村山がトンデモ無い発言をしていた。という。これが悪夢の90年代。悪い事が全部重なっていた。クリントン政権で次から次へと行われる日米経済制裁。バブル破壊。消費税問題。自民党がガタガタになっていた時だ。





それと今回の問題で米国が騒いだ事を重く見て、仮に今回も謝罪決議が流れたとしても、これで終わりにせず徹底攻撃をして行く必要があります。

なぜなら攻撃は最大の防御だから!

裏で糸を引いていた輩は誰なのかを日本人の前にクビに縄を付けて引きづり出し皆で恫喝するべきです。TBSがあいも変わらずに平日日中に韓国ドラマシリーズをやっているその横でどこの国が裏で意図を引いていたかを国民にお知らせするのだ。


>>>>>>>>>


また外務省だ!

「米国の慰安婦騒動を『「(日本が)騒げば向こうの思うツボ』という汚物のような発言を吐いた!」つまり「米国慰安婦決議の可決を邪魔をさせないような巧妙な印象操作」をしてることになる。
博士の独り言
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-440.html

これは電突しなきゃならないです。

天覧映画も害務省・文化庁が変だったし。

>>>>>



「誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ

クリックして頂くと票数がアップしこの問題を多くの国民に知らせる事が出来ます!
[PR]
by youmenipip | 2007-03-03 02:56 | 戦地売春婦問題
<< 反日デモ中継画像 日本の裁判官問題 >>