トルコの場合逆制裁

主権国家とは こういうのを言うのだろう。 

決議したら、基地使用を制限するぞ!



トルコ猛反発 米のアルメニア人虐殺非難決議案 「穏健な日本」と対極
f0091252_17551310.jpg
 【ワシントン=古森義久】米国議会の下院に90年前のアルメニア人虐殺でいまのトルコを非難する非拘束の決議案が出され、採択される見通しも生まれてきた。現在のトルコ政府は同決議案に猛烈に反対し、もし可決の場合にはトルコ国内の米軍による基地使用をも制限すると言明し、両国関係の危機までが語られ始めた。米議会民主党が日本の慰安婦問題糾弾の決議案を審議する状況と酷似しているが、トルコの対応は日本のそれとはまったく異なっている。

 同下院には1月末、1915年から数年間に起きた「アルメニア人虐殺」を非難し、その非難を米国の今後の対トルコなどへの外交政策に反映させるという趣旨の非拘束の決議案が民主党アダム・シフ議員(カリフォルニア州選出)らによって提出された。虐殺開始の記念日とされる4月24日までに本会議で採決される見通しだ。

 アルメニア人虐殺とはオスマン帝国時代のトルコにより帝国領内少数民族のアルメニア人約150万人が虐殺されたとされる事件。欧米の歴史学者の間でも「トルコによるジェノサイド(事前に計画された集団虐殺)」とされ、今回の決議案でもその用語が使われている。

 しかしトルコの歴代政府も国民多数派も集団虐殺とは認めず、現政権はアブドラ・ギュル外相をこの2月、ワシントンに送って米側の政府や議会に対し同決議案が採択された場合、トルコ国内の反米感情が燃え上がり、政府としても自国内のインジルリク基地などの米軍による使用を禁止あるいは制限すると警告した。

 米国議会が外国、とくに同盟国の歴史的な行動をいま取り上げて非難するという動きは、日本の慰安婦非難決議案のケースとまったく同じだ。しかし、トルコが対米安保関係を変更してまで国家をあげて猛反対するという点は日本の対応とはまるで異なっている。
(2007/03/11 01:47)
http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070311/wld070311000.htm

魚拓
http://megalodon.jp/?url=http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070311/wld070311000.htm&date=20070311173615




(米側の政府や議会に対し同決議案が採択された場合、トルコ国内の反米感情が燃え上がり、政府としても自国内のインジルリク基地などの米軍による使用を禁止あるいは制限すると警告した。)


日本も

「もし、決議したら、広島・長崎の原爆大虐殺をジェノサイドとして国際問題にして米国への謝罪決議案を審議するぞ!」

くらいは言ってほしい所でしょうが。精神侵略されてる政治家がたくさんいるのでダメだろうな!


また米国で日系人による抗議デモの声が聞こえてこないが・・・・?ただ眺めているのでしょうか?!

こう言った場合他国は決して黙っていない!


まず米国にいる日系人弁護士を集めて大弁護団を作りマイク・ホンダ等の日本叩き議員らに対して日系人が差別を受け精神的に損害を受けたとして名誉毀損の億単位の訴訟を行うべきだし、在住の日系人らは抗議活動、デモ、街宣、ビラ配布、直接訪問抗議、抗議メール、抗議電突、などありとあらゆる運動をするべきでしょうね。

それじゃー中・韓・朝、と同じじやないか?!と言う意見も出ましょうが。

日本人の場合、”大人しいと損をする”ということがなかなか分らない民族だとしても、”特亜と同じ”だから何だって言うのか?日本人の体内からそういう発想を抜いてしまいたい!Yahoo掲示板にゾロゾロ転がっている工作員らは、自国と同じ方法を使わせないように即座に、そう言って潰してかかる。日本人の美徳を上手く操って。(もちろんココにもおとづれる)

指をくわえて何もし無い日本人の政治家を眺めていても、手遅れ、後の祭りになるでしょうよ!



故に米国に住んでいる日系人よ立ち上がれ!戦うのだ!


「誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ

クリックして頂くと票数がアップしこの問題を多くの国民に知らせる事が出来ます!

[PR]
by youmenipip | 2007-03-11 18:19 | 戦地売春婦問題
<< 違法なCNNアンケートに変身! 日米開戦やむなし ハルノート従... >>