産経を見習え!(サヨクマスコミへ)

産経以外の日本のマスコミはこれを見習え!

産経新聞の古森義久という人が慰安婦問題の米国のニュース番組に出演し日本の冤罪を晴らしている。

↓動画 文字が小さく読みづらい場合は、動画再生後、一旦停止させ画面をクリックすると大画面に切り替わります

☆以前まで貼っていた下記の動画は6分間の短縮版でしたので、完全版(13分間)に差し替えました。短縮版のページにコメント投稿して下さった方々のコメントは完全版に移動しました。


youtube版 TAMAGAWABOATさん使わせてもらいます
http://www.youtube.com/watch?v=Z9VFiNPe4do&watch_response

f0091252_9595382.jpg
古森義久さんのブログ
産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員。
国際的にみれば、中道、普通、穏健な産経新聞の報道姿勢に沿って、日夜アメリカの首都からの均衡のとれた情報発信に努めています。




f0091252_0125057.jpgこの人、もとは毎日新聞社会部記者として活躍していたそうで、87年に産経新聞に移っています。毎日新聞のままだとしたら、今ここでこうやって米国のニュース番組に出て従軍慰安婦問題の釈明をすることは無かったでしょうね。

フジ産経以外の日本の新聞社テレビ局で”慰安婦強制連行は無かった!”という報道を見たことがありません。

同じ日本人という立場で一つの問題を見て、どうしてこうも180度逆の新聞紙面が出来るのだろうか?

・・・・・・・・・・・・・

このような↓慰安婦問題の英語版フラッシュがどんどん出来ればいいよね!

youtube版
Quick Summary of "Comfort women
http://www.youtube.com/watch?v=VWB-sc1wGV4&watch_response



「南京問題のフラッシュ英語版」も出来てました。ありがとう!
http://www.youtube.com/watch?v=uwqFOxmr2to&watch_response



日系の方、米国関連の政治サイトやお知り合いのブログに貼って下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・


櫻井よしこさん

「私達はこういう時は事実に戻らなければならない。ジャーナリストの使命はそうですよ!何が事実なのか?! 事実に戻れば日本軍の強制連行は無かった!」櫻井よしこ談

 朝生出演:従軍慰安婦問題について 田原総一郎も櫻井女史にかかってはただうなずくだけ。

櫻井よしこさん出演動画↓必ず見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=HvWimmKifOs&watch_response



彼女の一言一言が自信に裏打ちされたような話し方だ。しかしよく考えてみるとそれが当たり前のことなのに日本人はその当たり前の事が言えて無いのだ。それはなぜかと考えて見ると、日本人のほとんどの人は”精神侵略”されているのでは無いか?と思います。

amazonf0091252_04323.jpg
以前、自分が靖国神社に行った時に、いつものように遊就館(戦争記念館)に寄り”ゼロ戦(戦闘機)”等の写真を撮って来て、自分の周りの比較的政治に詳しくない普通の人達にその写真を見せた時の反応が「これじゃ~中・韓が怒るのも無理は無い!」と呆れたような態度でその言葉を口走ったのです。つまり、靖国神社の隣に戦争記念館があるのが非常識だ!と言うのです。当然、オレは「何で非常識なの?戦争で亡くなった人達がいる隣に戦争記念館があるのは当たり前だろう?! 別段不自然では無い!それこそ戦争と関係無い人が祭られている神社の隣にある方が不自然だろ?また、それをいちいち何で他国に叱られにゃーならんのよ!」と、なります。


日本人が、中・韓に無用な遠慮を無意識に当たり前にしてしまう事が”精神侵略”です。しかも、その無用な遠慮は、余計に日本をマズイ立場に落とし込むはずです。このことすら精神侵略されているので分らないか?!


目を覚ませ!サヨクよ!産経の古森氏や櫻井女史が言っている事は日本人として当然のことなのだ!


クリックして頂くと順位がアップしこの問題を多くの人に伝えられます。

「誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2007-05-08 02:01 | 戦地売春婦問題
<< 電突紹介  秋山 復活か?! >>