河野談話 の撤回を求めよう!

今改めて問う河野談話とは何か?


f0091252_1314521.jpg事の始まりは1990年代に入ってそれまで存在すら定かでは無かった慰安婦と言う人達が
左翼新聞社と共産党員の自称元兵士の手により従軍慰安婦として蘇り日本に対して謝罪と賠償を求め出し韓国との間で国際問題が発生。 当時の宮沢首相が調査中である






f0091252_134516.jpg
にも関わらず韓国訪韓時に謝罪をしその後、当時の官房長官の河野洋平が何の証拠も無いのに軍・政府による組織的な拉致・強制連行での売春の強要を認めた談話を発表したことにより多くの問題が発生しました。




 > 河野談話とは?

1997年に当時の河野洋平官房長官が発表した慰安婦調査結果に関する談話。


f0091252_139455.jpg
第二次世界大戦中、朝鮮半島などでの慰安所設置に「旧日本軍が直接あるいは間接に関与し、募集の際も甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集め 更に、官憲等が直接これに加担。いわゆる旧日本軍による組織的な強制連行による売春の強






f0091252_1316099.jpg要を行ったとし。しかも生活は強制的な状況の下での痛ましいものと断定。」「心身にわたり癒やしがたい傷を負われたすべての方々に対し心からおわびと反省の気持ち」を示したもの。







河野談話全文  下記 よーめんブログ
http://youmenipip.exblog.jp/5371177/

> 日本国民にとって河野談話はどう関係があるのか?そして何がまずいのか?


f0091252_13124174.jpg戦時中過酷な状況の中で働いておられた多くの女性の方々に対して「日本国民として謝罪の意を表し心よりお詫びの気持ちを表明すること」には変わりありませんが。しかしながら河野談話における謝罪とは「戦時中という過酷な状況下で売春を行わせる事になってしまった」ということに対する広い意味での謝罪であり。河野談話で言うところの”旧日本軍の強制連行”と言ったような、軍が組織的に「嫌がる女性を無理やり連行し無理やり売春させる」と言う軍関与の強制連行に関しては一切の証拠も無く、当時の河野陽平氏も「そういう意味での強制の証拠は無いが、あったような気がした!」という思惑で書いており、しかも産経新聞などで証言するように「(一度)認めれば問題は収まると思った!」というように、本心では無く当時の諸外国の事情を察して”認めてあげた”と言う物であるのに。諸外国 特に韓国などは問題を沈静化させるどころか、それを逆手に取って(証拠として)日本の教科書への記述やその表現方法までも口出しするようになり。それに異論を唱えると、「反省の色が無い!そんな程度の形だけの謝罪では済まされない!あの政治家を首にしろ!」等 明らかな内政干渉 及び日本人への自虐思想の植付けとも思われる要求を年々強化させて来ました。



  > 河野談話があったことによって日本が被った被害とは?
         このまま行くと日本はどうなってしまうか?


韓国などは、日本との外交・交渉が不利になると”日本人は反省していない?!”と関係の無い慰安婦問題や日韓併合問題を引き合いに出すようになった。(このように韓国は一度謝罪すると味をしめて永久に土下座を要求する民族だったのだ!)f0091252_13323473.jpg

諸外国・特に韓国などは 繰り返し繰り返し 必要以上の謝罪・反省・賠償を求め、政治上の内政干渉、日本人の子供達への自虐思想の刷り込み、そしてすでに日韓基本条約で解決済みであるはずの個人賠償裁判など繰り返し行い。その結果 我々日本人及び日本国は政治上も精神上も徹底的に苦痛と屈辱の繰り返しを受け続けています。












f0091252_14105750.jpg
また最近は中国、北朝鮮まで加担し米国民主党下院議員マイケル・ホンダなる日系人による「日本国首相による従軍慰安婦謝罪要求問題」など、世界にまで反日の火が飛び火しています。ここまで来ると単なる反日運動、嫌がらせ、日本攻撃であり、もはや






f0091252_14112994.jpg
日本国民として これ以上付き合う必要はありません。











 「日本はドイツのように謝罪していない!!」
つまり下記のように「涙を流して膝まづいて誤れ!」と、なんと!本当に土下座を要求する様になった韓国。
f0091252_1347476.jpg



f0091252_1532116.jpgましてや、このような慰安婦問題の全部が事実であるならば、我々日本人としても異論は無いのですが、「軍や日本政府による組織的な強制連行による売春の強要」と言ったありもしないことまで認めるわけには行きません。

また慰安所施設の政府・軍による運営といった戦争中であれば”致し方無い”状況下での売春施設は、日本国のみに存在していたとは言えず 世界中どこにでも有り得る事であり、それを敗戦国だけに対して しかも戦後60年以上も経つのに今も直、必要以上の謝罪を求めるのは、日本国に対する嫌がらせ、政治上の攻撃以外のなにものでもありません。


このような事が今後も繰り返されるのならば、日本国内はいつも政情不安定、経済不安定、失業率の悪化、 企業倒産 さらに自虐思想の子供達が増えて行くことにより学習意欲の低下、労働意欲の低下、モラルの低下等 最終的には日本国の全ての分野の弱体化を招くのは明らかです。また世界にも反日の火が飛び火して行くことにより、世界的な反日運動、日本製品不買運動が発生し、日本は世界的に孤立し政治上、経済上、海外の日本人の安全上思わしくない状況になるのは明らかです。

そこで私達ブロガー有志は河野談話の撤回を求める為の運動を行い国民運動発生の火蓋にして行きたいと考えています!
                                        by よーめん



河野談話の撤回を求めよう!と思われる方
「誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ


クリックして頂くとこの問題を多くの国民にお知らせできます。


画像参考動画 
http://jp.youtube.com/watch?v=U6nZ77etr8k&feature=related


河野談話撤回署名サイト

f0091252_1359113.jpg
[PR]
by youmenipip | 2007-05-27 14:05 | 戦地売春婦問題
<< 南京虐殺質疑 朝鮮人援護の日本人は出て行け! >>