南京虐殺質疑

(いわゆる) 南京虐殺事件と(いわゆる)従軍慰安婦事件で民主党の松原仁(じん)議員が麻生大臣等に質問しています
f0091252_10161377.jpg

毛沢東が戦後3年後(1938年5月国民党軍とドンパチやっている時) 延安と言うところで行った談話で
・・・「日本の戦術は包囲は多いけど殲滅が少ない」・・・・(殲滅:敵を全滅させること)
と語った!

これはどういうことなのか?と、質問している。(旧日本軍は残酷極まりない軍隊では無いのか?)

↓動画;松原仁議員の外交問題質問2/6
http://www.youtube.com/watch?v=QSpExiXuPFg


当時、国民党(当時戦争当事国の政権)は日本軍はけしからん!と外国人記者相手の記者会f0091252_10182411.jpg見を南京虐殺が合ったとされる頃から翌年の約一年の間に約300回もの記者会見を行い、日本を非難しておきながら、一度も南京虐殺に触れていない。宣伝戦として外国人相手の重要な会見時に一度も南京虐殺の話をしていないと言うのは不可解で宣伝戦として中国が日本を非難し国際世論を味方に付けるのであれば南京虐殺で数万人~数十万人の無実の国民を虐殺・殲滅した事件を300回もの記者会見で一度も言っていない?!と言うのは不自然である。

↓動画 松原仁議員の外交問題質問3/6より
http://www.youtube.com/watch?v=5vvzYjkarP0&NR=1


アイリスチャンのレイプオブ南京に関しての質問 後半は慰安婦狩りの質問
f0091252_11161981.jpg
アイリスチャンは日本のアサヒグラフの写真を使って”今から強姦する為に強制連行される女性の写真”として説明してる。しかしその写真はニコニコ笑って歩いている女性が写っている部分をカットして使っている。今から強姦される女性がニヤニヤして歩くか?!つまりこの写真は単に軍人さんと一般の人達が歩いているだけの写真だ。  それに対してアサヒグラフは抗議をしていない。朝日新聞はこの写真を撮ったわけだから旧日本軍の軍人が強姦する為に女性を連行している所では無い!という事を知っているはずだから・・・

南京問題にしても慰安婦問題にしても日本側はしっかりとした資料(証拠)がある!しかし中国側は事実とする資料はあるのか?と質問↓

動画:松原仁議員の外交問題質問5/6
http://www.youtube.com/watch?v=kUiWsOD9UEU

f0091252_10263793.jpg











「ある慰安婦は日本の陸軍大将の二倍の年収を稼いでいた。逆に言えば陸軍大将なみの待遇だった!」

「アメリカの研究機関にこの問題を研究させてほしい!アメリカの民間団体は公平に研究するはずだから必ず日本の無実を晴らせる。そういうところに研究させたらどうか!」と追求↓


松原仁議員の外交問題質問6/6
http://www.youtube.com/watch?v=Fu-0a_WnyKc&mode=related&search=

慰安婦強制連行の怪

写真 (3)-1
(アイリス・チャン本) →写真右
f0091252_11203543.jpg
写真 (3)-2
(左のハレーションに注目) ↓写真下
f0091252_11205934.jpg

写真 (3)-3
(アサヒグラフ版) 小さくて確認しずらいが全体を映した写真には「ニヤニヤしながら歩く女性」が写っている。
f0091252_11222238.jpg

下記;参考サイトより引用
 佐々木は「憲兵から兵が内地へ送るこの種の写真はすべて焼却処分にしているが、いいのがあったらお取り下さい」と言われているから、問題の写真が(2)とは断定できないにせよ、みやげ用に大量に出まわっていたことらしいこと、適当なキャプションがついていても不思議はないことがわかる。
 だが、写真(3)シリーズともなると、(1)や(2)に比べて一段と悪質の度を増す。幸い手のこんだトリックの過程が明らかになったので、手口分析をやってみよう。まずアイリス・チャン本(A)の写真((3)-1)に付してある説明文は次のとおり。

 「日本軍は何千人もの女性を狩りたてた。大多数が集団レイプされるか、軍用慰安婦にされた(出所は台北の軍事委員会政治部)」

私の知る限りで同じ写真を掲載している文献を列挙しておく。
 B 『鉄証如山』(台北、1982)
 C 『侵華日軍暴行総録』(北京、1995)
 D 笠原十九司『南京事件』(岩波新書、1997)

 説明文の主旨はいずれもAと似たりよったりだが、出所を明示しているのはD(写真(3)-2)だけなので、次にそのキャプションをかかげる。

 「日本兵に拉致される江南地方の中国人女性たち。国民政府軍事委員会政治部『日寇暴行実録』(1938年刊行)所載」(第三章扉)

 どうやらAとDは出所が同じらしいと見当はつくが、疑問に思ったのは写真のトリミングや鮮明度に微妙な格差が生じていることだった。あとで説明する『アサヒグラフ』版の原写真と比較すると、B、Dはトリミングが同じだが、AとCは右端の荷車を引くオバさんをカットしている。鮮明度が全般的に落ちているのは当然だろうが、気になるのは先頭の女児につづく妙齢らしい女性のあたりがDだけハレーションを起こしたようにぼやけている。
 ともあれ、慰安婦の強制連行写真にしては、のんびりとした風情で、赤ん坊を抱いた女性もいれば、子供が少なくとも4人、にこにこ顔の少年も1人見える。兵隊は行軍時と同様に肩に鉄砲をかついでいるが、銃剣はつけていない。
 久しく疑問を抱いていたこの写真が、実は写真週刊誌『アサヒグラフ』の1937年11月10日号に掲載され、翌年3月に朝日新聞社から発売された『支那事変写真全輯-中-上海戦線』にも転職されていることに気がついたのは、今年の1月になってであった。
 問題の写真、「硝煙下の桃源郷-江南の『日の丸部落』」の標題で、熊崎玉樹特派員が撮影した4枚の組写真のうちの1枚である。
 全体の説明文を見ると、日付は10月14日、舞台は上海郊外の宝山県で「我が軍の庇護によって平和に還った2つの部落がある。その1つは『日の丸部落』とといわれる盛家橋部落で・・・・約400名の村民は、我が軍の保護によって敗残支那兵の略奪をまぬがれ、意を安んじて土に親しんでいる桃源郷」とある。
 ここは綿作が盛んで、組写真には日本兵がつきそい老若そろって秋日和のなかで民謡を歌いながら綿をつみ取るシーンも入っている。問題の「連行写真」(写真(3)-3)には我が兵士に護られて野良仕事より部落へかえる日の丸部落の女子供の群」というキャプションがついていた。
 そう言われて見直すと、先頭の女児も次の姑娘(クーニャン)も、そして兵隊と並んだ少年もニコニコと笑っている。少年の肩にもう1人の兵隊が手をかけている。右端の小肥りのオバさんが引く荷車には、綿が積んであるのも知れる。念のため朝日新聞社のOB会に問い合わせてみたら、このすばらしい構図の写真を残した熊崎カメラマンは3年前に惜しくも80歳で亡くなったことがわかったが、記事の通りにちがいないと私は確信している。
 それにしても、写真のキャプションを正反対に書き換えた犯人は誰なのか。私は熊崎カメラマンに代わって追跡してみようと思いたった。まずはD((3)-2)の写真を使った岩波新書の担当編集者に電話で問い合わせた。やりとりの要旨を次に紹介しよう。

 問 私が買った新書の写真にハレーションがあるが。
 答 どの本も同じで、印刷工程上のミスではない。
 問 何からとったのか。
 答 著者の笠原氏が中国語の原本からコピーしたものを届けてきたので複写した。キャプションも原本通りだ。
 問 アサヒグラフに元写真があるのだが――― 
 答 当社には責任はない。疑問があれば著者に聞け。
 問 通常は扉写真にコピーから複写した欠陥写真は使わぬと思うが。
 答 行程上の問題は出版社の自由裁量だ。忙しいから切る(ガチャン)。

 この間の問答は10分たらずと思うが、官僚式受け答えに終始したこの編集者は、アサヒグラフに元写真が――と聞いても何の感心も示さないので私はがっかりした。近所の八百屋でも、この大根の傷は・・・・と聞けばもう少し誠実に答えてくれるのに、編集者のモラルも日本軍同様に頽廃してしまったのかもしれない。  
http://www.history.gr.jp/~nanking/chang01.html

参考資料:南京虐殺は嘘だった!
http://www.history.gr.jp/~nanking/


日本の教科書の「南京虐殺」記述について

 f0091252_10532480.jpg小学校の教科書では、「日本軍は中国各地を侵略し、多くの生命を奪うなど、中国の人々に大きな被害と苦しみをあたえました」(大阪書籍)の様な内容で「南京大虐殺」を全5社が記述している。


南京入場
 中学校の教科書でも全7社が記述している。「・・首都南京を占領した。その際、婦女子を含む約20万人とも言われる中国人を殺害した(南京大虐殺)。」(東京書籍)、「日本軍は、シャンハイや首都ナンキンを占領し、多数の中国民衆の生命をうばい、生活を破壊した。ナンキン占領のさい、日本軍は、捕虜や武器を捨てた兵士、子供、女性などをふくむ住民を大量に殺害し、略奪や暴行を行った(ナンキン虐殺事件)。」(教育出版、写真)と記述。 欄外の註には「この事件の犠牲者は20万人といわれているが中国では戦死者と会わせて30万人以上としている。また、1941年からは、日本軍は、華北の抗日運動の根拠地などに対し、『焼きつくし、殺しつくし、うばいつくす』という三光作戦を行った。こうした日本軍の行為は、世界から強い非難をあびたが一般の日本国民は、敗戦後になって初めてこれらの事実を知った。」と記述されているが、このような記述が教科書として適切かどうか検証する。

【中学校歴史教科書】
犠牲者:一般市民を殺害した・捕虜と一般市民を殺害したと、中学歴史全7社が虐殺記述。
犠牲者数:「10数万人、中国では三十万人と言っている。」大阪書籍・清水書院・教育出版・日本文教出版の4社。「20万人」東京書籍・日本書籍の2社。帝国書院が数字なし。
三光作戦:大書・日書・清水・教出・文教の5社。



>>>>>>>>>>>>>>>>.





よーめんを含めて多くの日本人がふと気付いた時には、教科書まで押さえられていたんだね。そして今ようやく教科書から慰安婦が外されるようになったのは、日本人は左翼と工作員らに掛けられていた常軌を逸した戦犯としての呪縛から少しずつ解き放されているようだ。

あの時、小泉氏が首相になれず橋本だとかがまた首相になっていたら時代を逆行していたんだね。

あ~。恐ろしい・・・・・


これを日本の軍国主義化とか右傾化と言って騒いでいる奴らは全部工作員として認定していいだろうな。



今後日本は全部抗議しろ!と思われる方↓

「誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ


クリックして頂くとこの問題を多くの国民にお知らせできます。





南京事件「証拠写真」を検証する
小林 進 / / 草思社
スコア選択:
[PR]
by youmenipip | 2007-05-28 11:30 | 南京冤罪裁判問題
<< 電凸:ブロガー連盟vs秘密結社 河野談話 の撤回を求めよう! >>