中・朝・韓 と同じ事をするのはよくない・・・

・・・・中・朝・韓 と同じ事をするのはよくない・・・・・

これ↑を禁止用語にしないと日本はいつまでも"中・朝・韓"の天下です。


この国の再生にネックになっているのは、これです。

この国の再生に"在日がどうたらこうたら"は一切関係なく、そこにいる日本人がまずいのです。




・・・・中・朝・韓 と同じ事をするのはよくない・・・・・
こんな、在日が広めた言葉にまんまんと引っかかって一緒になって喜んで使っているうちは日本再生などは永久にやってこない。

日本人の美徳でも何でもない。単に精神侵略 いやそこまでも行っていない。単なる自己暗示に引っかかっているのです。

↓定期的に紹介している朝鮮総連への家宅捜査の動画

もう一度初めの方だけご覧ください。

>

以前朝鮮総連の家宅捜査の動画で兵庫県警の警察官と朝鮮総連の人間とでもみ合いになった時、そのもみ合いを見てたまげた通行人がメガフォンを持って警察官に何やら言いましたね!

動画↓
http://jp.youtube.com/watch?v=e6TtSF6TXdE&eurl=http%3A%2F%2Fshiratorijun%2Eblog4%2Efc2%2Ecom%2Fblog%2Dentry%2D52%2Ehtml
f0091252_11385998.jpg
家宅捜査での朝鮮人と警察のイザコザを見ていた神戸市民が警察官に対してハンドマイクを取り。

 「日本人は和解を愛する民族です!平和を望み桜の木を愛する民族です!」

 「日本人は和解を愛する民族です!平和を望み桜の木を愛する民族です!」



この、モンゴル顔独特の角ばってノッペリした顔の通行人は生粋の日本人か?通行人がそんな事を言うか?

犯罪を犯したから家宅捜査をしているだけでそれを総連は肉弾で妨害している。誰かどう考えても悪いのは総連だ。




たぶん今まで当ブログが何か活動をしようとした時に、即座に書き込む「よーめんさん達がやろうとしている事は中・朝・韓と同じでは無いでしょうか?」と書いた人の半数は在日ではないのか?(初期)

このように日本人の美徳を逆利用して格好の工作活動として使われているのだ。


マスコミも煽る!煽る!
f0091252_11402563.jpg

f0091252_11404365.jpg

竹島問題などで韓国の過激な抗議デモが紹介された時、マスコミは日本人の美徳を煽った!

紳士的な老婆を登場させ。「同じ事をしたら戦争になる」と、日本人は一段高い次元なのだ。と言ったような穏やかで騒がないように、つまり日本で韓国抗議デモが起きないような世論を作る。


このような不気味な連中を私は"もののけの類(たぐい)"と呼ぶことにした。


f0091252_1374837.jpg

→これは゛もののけの類゛と言うよりも単なるバカ







なぜ綺麗事を吐くのか?!

以前にその理由を研究しましたが、今一度まとめますが中道右派の方が綺麗事を吐く場合についてです。左翼の方の心理ではありません。ですから思想の違いは触れません。

性格説
 穏やかな性格で過激な事は体質的に出来ない。あり得ない。という性格。(もちろんそれが良いとか悪いと言う意味では無い)


一言で言うと、喧嘩が出来ない性格。自分の家に強姦が入り、目の前で妻や子がレイブされても抵抗できず最後はお金を渡し帰ってもらう。あとで被害者である妻や子から"なぜ助けてくれなかったのか?!"と、文句を言われても綺麗事のオブラートで包んだ自己弁護を吐く。その家族も次第にそういう性格になって行く。



自己正当化説(自己弁護説とも言う)
自分が何となく抵抗を感じる事を、野蛮だ!とか非常識だ!と言う論調を用い自己の性格の弱さの言い訳に使用する。
(例えば;相手に失礼な事を言うことは道徳的に悪い事だ!と言うような)


以前にも言ったが会社での出来事
「素行不良な自分の部下を注意しない管理職に対して"なぜ注意したり叱ったりしないのか?"と聞いた時。」

「相手に対して失礼な事を言うのは道徳的にいけないことだからです。逆の場合自分が注意されたら嫌な気分になるようなことは言ってはいけない事だと思いますし、またそれが正しい事だと思います!」とキッパリ言うバカ野郎がたまに出現します。(笑)

このような輩は、性格が弱い人の場合とそれを正しい事だと信じる"思想"の場合がありますが、この輩も初めからそうだったわけでは無く、初めは何度か注意がましい事を言ってはみたものの部下に反抗され孤立したりして行くうちに自分の都合のよい"自己正当化説(自己弁護)"が編み出され独自の思想となって行ったのです。そういうパターンが多いようです。つまり自分に負ける!と言うやつ。


また、マズイ事にそういう考えを持つ方が"楽"なのです。あえてぶつかる事をせず。何事も穏便に済ませる方が当然”楽”です。そしてそれが病みつきになり、上であげたような「相手に対して失礼な・・・」などと言うトンデモ発想が生み出されトンデモ発言が続々と口から飛び出るのです。



精神侵略説
「日本人は平和を愛する民族です!話し合いで事を解決し怒らない!戦わない!日本人らしくない事をしたり言ったりしてはいけない。」と中・朝・韓・米等に言い続けられるなどして、誤った"日本人感"というのを持ってしまった状態の人。



最近、気づいたのが、
「白人は中・朝・韓とは違う。悪いのは中・朝・韓等の特アであって白人は関係ない。」


と言う人がいる。こっけいなほどおもしろい。

これなども一種の精神侵略です。


危機感の違い

この危機感の違いに関してはいろいろな種類があるのですが、前回は「活動する我々に危険がつきまとっている事に関しての危機感」をお話しました。立場の違いによって”言う事”(発言)や行動がパソコンの前の人とは異なるのは当たり前です。それを分かっていなくて同じ問題を見るので当然「よーめんさんは・・・西村さんは・・・・」となるのです。


今日は

日本国が不利になると言う意味での危機感についてお勉強したいと思います(笑)


このままでは日本はよりマズイ立場に落とし込まれる。と言う認識が全く無い人がいます。

これは危機感の違い。状況の認識の違いなのですが

たとえば、米国の旧日本軍慰安婦謝罪決議にしても今度誤ったらどうなるか?!を我々は当然、「今度謝ったら大変な事になる。!」と言う認識なのですが、逆に考える人がいます。「日本は謝り足りないのでは無いのか?謝り方が弱いのではないのか?せっかく謝ってもそれを覆す発言をする政治家が悪い。」等等。

左翼では無くて保守が言う場合です。


これは"危機感の違い"ではなかろうかと?!と考えます。

「問題を捉える認識が甘い!」それもあるでしょう。


この危機感の違いに関しては時間の関係でまた次回にしたいと思います。



ミイラ取りがミイラになる。
おばかさんw


さて今日は新しいジャンルに入ります(笑)


左翼またはサヨクのブログと付き合ううちに左翼になる右派がいる事が判明しました(笑)

これは”オバカさん”と申しまして記事として取り上げる価値も無いのでやめます。(笑)




「誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ

追加;動画で 我々はなぜ怒っているのか?ココ↓
http://youmenipip.exblog.jp/6186570/



★よろしければ広めてください。↓



河野談話の白紙撤回を求める市民の会 
http://kounodanwa.com/

靖国神社前での街頭署名活動~第二回署名提出

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee70782.flv

ようつべ版①
http://jp.youtube.com/watch?v=ba4lEzJIcyM&watch_response
ようつべ版②
http://jp.youtube.com/watch?v=45lf4Vcgmnk


ニコ動版です。
有志が上げてくれてます。
他のも恐らく全部・・・

靖国神社前署名

1/2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm870052
2/2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm870190
朝日新聞前街宣
http://www.nicovideo.jp/watch/sm813296

河野談話撤回署名を弾圧する、築地署のダブルスタンダード!(字幕付き版)

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48051149/48051149peevee61658.flv

ニコニコ動画版
左翼警察・共産党・親日派正規軍 三つ巴対決
http://www.nicovideo.jp/watch/sm589696
ログインが必要ですが楽しいです!



最後に 念の為もう一度↓

「誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2007-08-21 13:09 | 綺麗事と精神侵略
<< ナルシシズム説(綺麗事と精神侵略) おまえら正座して見てるんだろうな?! >>