台湾のシナびいきの政治家がやって来た!

台湾の大物左翼政治家 馬 英九(ばえいきゅう)来日 シナにコビを売るらしい

日本で言うところの台湾版左翼

台湾の売国奴を糾弾する 台湾研究フォーラムの人達と主権回復する会
f0091252_0503660.jpg

■11月22日(木)ー歓迎晩餐会会場前
時間 午後6時~7時過ぎ
場所 ハイアット リージェンシー 東京(旧センチュリーハイアット東京)前

■11月23日(祝)―記者会見会場前
時間 午前9時~12時
場所 新宿ワシントンホテル新館前

参考
馬英九来日不歓迎デモ参加レポート
http://taidoku.fc2web.com/ouen127fukangei.htm
f0091252_124591.jpg

 日本人台湾独立促進会
馬英九来日不歓迎デモ参加レポートより
>
会場となったワシントンホテル
馬英九日本滞在の最後の日となる11月23日、新宿ワシントンホテル前で不歓迎デモが行われることになった。馬英九の今回の訪日は、直前に予定を2回も変更するなど混迷を極めていたが、それが幸いして日程が祝日と重なり、私にも参加するチャンスが舞い込んできた。
新宿駅南口からワシントンホテルまでの道のりは台湾関係やチベット関係のデモ行進で毎回通るコースなので迷うことなく集合場所に到着。集合場所はワシントンホテル新館前であったが、新館の前は道路が狭く、人通りもわずかで周囲はマンションが密集するなど、ロケーションが悪いと同時に、馬英九が新館から入場するかどうかも不明であったことから本館の正面入り口に我々は移動した。
>



f0091252_0582086.jpg


このような↓パフォーマンスは我々も見習う必要がある
f0091252_0592469.jpg


      台湾の左翼 馬 英九(ばえいきゅう)支持者
f0091252_0595860.jpg

怪訝な顔をしてこちらを見るシナびいきの人達
f0091252_1122172.jpg

f0091252_1124432.jpg


       台湾のテレビ局
f0091252_1174555.jpg




馬英九氏『反日』を否定 都内で懇談 尖閣平和解決訴え
2007年11月24日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007112402066870.html 
台湾最大野党、国民党の次期総統候補、馬英九前主席(57)は二十三日、都内で日本人記者団と懇談し、「両岸(中台)の安定と繁栄を求める国民党の考え方に、日本から好意的反応をもらった」と訪日の手応えを語った。

 馬氏はかつて尖閣諸島の領有権問題で「日本との一戦を辞さない」と強硬発言をし、「反日」的とする見方もあった。

 今回の訪日は、来年三月の総統選を前に、反日イメージを払拭(ふっしょく)するのが目的の一つで、馬氏は領有権の主張こそ変えなかったものの、「紛争は平和的に解決するのが基本。最悪でも武力による解決などあり得ない」と軌道修正し理解を求めた。

 中国との関係については、「統一、独立、武力行使へのノー」を掲げ、中国との平和共存を追求するとした。

 その一方で馬氏は、中国の国防費が十九年連続で二ケタの伸びをみせ、中台間の軍事バランスが不安定になっていることを念頭に、総統に就任した際には「防衛的武器を調達する」目的で、軍事予算を域内総生産の3%以上の水準に高めると言明した。

 (外報部・浅井正智)


馬 英九(ば えいきゅう)
>
馬 英九は中華民国(台湾)の政治家。第4代中国国民党主席。1950年香港で生まれ、1993年から1996年までは法務部長、1998年から2006年までは台北市長を務めた。2005年8月19日には中国国民党党主席に党員による初めての直接選挙により選出され、蒋経国、李登輝、連戦に続き、第4代党主席に選出された。夫人の周美青との間に女児二人をもうける。現在、馬英九は国民党を代表する人物として、また国民党系のメディアや一部市民の間での支持率が高く、総統選で民進党に連敗した国民党の救世主的存在として見なされている。現在は2008年に実施される次期総統選挙で有力候補者の一人になると見られている。
>




シナの魔の手が徐々に忍び寄る台湾 最近は「台湾はもはや親日国では無い!」と言う声も多くなったとか。台湾からシナの勢力を追い出せ!


馬は "反日では無い!"とわざわざアピールするところがマイクホンダと似ていて臭さが漂う。


"台湾のシナより"の政治家には要注意
↓↓↓↓
人気blogランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2007-11-25 01:23 | 中狂(中華人民虐殺共和国)
<< 今度生まれ変わったら韓国人には... 在日「住民税半額」 「不公平だ... >>