語る運動から行動する運動を紹介

まずは先週土曜日の柏中央公民館で行われた「日本華人教授会議」の会長を務めシナ・中共政府の代弁者”朱建栄”講演会に対する抗議の様子からお伝えします。

読者撮影投稿動画紹介
柏市中央公民館朱建栄講演会強行突破の場面
(コメント↓読者)
(公民館入場の強行突破のシーンです。様々な理由をつけて阻まれ、西村さんがよし突破しようと決断して決行した瞬間です。
相手はこちらの勢いにビビリ、入り口時点で既にプラカードを持ち込むなという主張に咄嗟に後退しているところが笑えます。
受付でも又、一悶着あったのですが・・・)
柏市中央公民館朱建栄講演会強行突破の場面パート1
ドガログ(2分)
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48007531/48007531peevee107578.flv

読者投稿動画 パート2
朱建栄講演街宣一場面‏
シュプレヒコールの内容の一部 夜なので動画は暗くて見え難いですが雰囲気は伝わると思います。

ドガログ版(2分44秒)
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48007531/48007531peevee107782.flv

(動画送ってください 紹介します。メールに分割して貼って送ってください)


西村氏の呼びかけ文

建栄(東洋学園大学教授)、それは「日本華人教授会議」の会長を務めシナ・中共政府の代弁者としてNHK、朝日新聞に登場しては我が国を悪し様に罵る反日の権化である。「日本華人教授会議」は対日工作機関である中国社会科学院の統率下にある下部組織。バウネット・ジャパンや「子どもと教科書ネット21」と連携して南京大虐殺、慰安婦強制連行を我が国において世論工作する機関である。 彼らは10数年までは、日本社会と教育機関に「浸透」するレベルであったが、今や主要機関に地位を占め日本国民を「指導」するまでとなっている。その朱建栄が、柏市から年間780万円の補助金を受けている「柏市国際交流協会」主催の講演会をする。納税者として、反日現行犯の講演会に我々の税金が投入されるなど、到底許すことは出来ない。朱建栄が講師として不適格であると訴えると共に、講演会で彼の反日・偽善を質問攻めにし、その正体を暴こう。
<『語る』運動から『行動する』運動へ>




こちらは、昨日”在特会”が中心になって行った「小平市無年金問題について花小金井駅前で行った街頭活動」を紹介します。

写真解説

当日は南口と北口両方で街宣・ビラ撒きをしましたが、メインは北口でした。2562は自主制作映画「かん天な人」製作のACT FACTORY TOPIX事務局代表の、米田隆司氏。2531は南口で演説する高橋事務局長(在特会)2536は、絡んできた酔っ払いが警察に連行されるとこw  途中で帰った人も合わせて40名くらい参加しました。ビラは1500枚ほど配ったみたいです。

・ 2562
f0091252_11534271.jpg

f0091252_11543628.jpg

・ 2531
f0091252_124258.jpg

f0091252_1155443.jpg

f0091252_11552232.jpg


f0091252_11561815.jpg

・ 2536 最後は絡んで来た酔っ払いが連行されるとこ


引用

皆さまには在特会の活動をご支援いただきありがとうございます。
これまで告知してまいりましたように平成19年12月16日、小平市無年金問題について市民への問題周知と抗議の声をあげるべく花小金井駅前で街頭活動を行わせていただきましたので、その報告をさせていただきます。

当日は快晴に恵まれましたが寒風吹きすさぶ中での活動となりました。
駅の北口および南口の二班に分かれてビラの配布と街頭演説を行いましたが、用意したビラ(1500枚ほど)もそのほとんどがさばけるくらいに多くの方が今回の年金問題を身近な問題として興味を持たれていたようでした。ただ、それと同時にほとんどの方がこの問題について知らないということも現実であり、ビラの配布者に尋ねてくる方の大半が「そんなこと小平市でやっていたの?」とびっくりしていた様子でした。

以下 ”在特会”doronpa氏のブログ参照
http://ameblo.jp/doronpa01






なかなか良い形になって来たのではないか!

いくつかの団体・組織は別々に行動せずになるべく共闘すると効果が倍になるはずです。

それこそ「一本のマッチは折れやすいが、束ねると・・・・」のように


最終的には日本の保守派系市民団体・民族系右翼団体・一般参加者が大同団結すれば良いのではないか。(またそうしないと一万人デモはあり得ないのではないか?!)その為には「民族系右翼団体と偽右翼(朝鮮右翼)」とをはっきりと区別する必要があるかと考えています。


てんでバラバラな保守派をまとめる努力 

これ難しいのです。抗議方法が各人の価値観や性格の違いにより賛否両論があったように目標・目的が同じはずなのにちょっとした事が自分と異なるからと言ってこちらが糾弾されてるうちは大変難しいのです。それに関して ある人は「当たり障りの無い行動をすれば良いのでは無いのか?!」と仰る人もおられましたが、そんな人達もすぐに悟られたようですね「何をしてもケチを付けられるのですね・・・・」と言う内容の投稿に変わってましたね。

当ブログでは少なくなりましたが、今だにハデな抗議活動に対して異論を唱える人がいるようですね。こちらが注意すると”左翼認定されました!”と言われているようですが、そうでは無いのです。何回も言いますが「仰っている内容が左翼・在日の印象操作誘導コメントと同じなのです。(土井まさこが言っていた内容と似ている)そこが問題なのです」

彼らは「日本人が一致団結するといかに強力な民族になるかを第二次大戦で分かっているのでもう二度と日本人同士が愛国の元に一致団結しないように命がけで組織のまとまりを粉砕し命がけで日本人の美徳を刺激し命がけで行動にブレーキをかけようと命がけで誘導しています」その内容・方法とまったく同じなのです。それに気付かないところが日本人に染み付いた精神侵略の根の深さに驚きです。


「”百人百通り”の性格と価値観」があるので、自分の主張が絶対正しい!と押し通してはいけない。


組織として行動をする以上は各人が「八割良ければそれで良し!」と言う常識を持ってして”口を開けないと”どんな組織でも空中分解するでしょう。

(そんなもん 何から何まで 全部自分と合うわけが無いでしょうがね?)



「八割良ければそれで良し!」とした場合「語る運動より行動する運動」を評価する 
↓↓↓↓
人気blogランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2007-12-17 12:17 | 在日問題と売国奴
<< デモの方法論 日本からも叩き出せ! >>