綺麗事屋よ、よく見ろ!

世界に広めよう!

日本が綺麗事屋のせいで舐められている事を!



調査捕鯨を妨害するテロ犯罪を日本は紳士的・礼儀正しさを履き違えているので撃退出来ない事を米国人にまで見抜かれている!

日本人よ恥をしれ!いい加減怒らないと反日ブームが世界で発生するぞ!

日本テキサス親父 捕鯨船テロは日本人の大人しさを指摘(捕鯨編)

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48007531/48007531peevee128199.flv

youtube版
http://jp.youtube.com/watch?v=Gy9PkuzmIWU&feature=related

>


注;二種類の動画を同時再生すると固まります。一旦停止させてから移動して下さい。


世界に広めよう!

日本が綺麗事屋のせいで舐められている事を!


いい加減怒らないと反日ブームが世界で発生するぞ!

日本テキサス親父 捕鯨船テロは日本人の大人しさを指摘(イルカ漁編)

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48007531/48007531peevee128204.flv

youtube版
http://jp.youtube.com/watch?v=ETaHPEjSYQA&feature=related

体当たりするシーシェパード船(米)の動画
http://jp.youtube.com/watch?v=KDsZcLVXyn8



世界に広めよう!

日本が綺麗事屋のせいで舐められている事を!


いい加減怒らないと反日ブームが世界で発生するぞ!


日本人を殺すCM 

注;二種類の動画を同時再生すると固まります。一旦停止させてから移動して下さい。

ドガログ版
http://dogalog.excite.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48007531/48007531peevee126231.flv

youtube版
http://jp.youtube.com/watch?v=LbRoCFlNfkQ

オーストラリアの鬼畜カンガルー虐殺動画
http://jp.youtube.com/watch?v=CXgTWb8JBuA&feature=related

日本人殺していいですか?怒ることを忘れた日本人多数登場!
http://jp.youtube.com/watch?v=wOr9lhBtKWM&feature=related


左翼と保守綺麗事派よよく聞け!

オーストラリアからは軍艦を出す!とまで言われているのだ。どうせ日本は左翼・在日・保守綺麗事派の指摘があり何も出来ないだろうと見抜かれているのだ。まさに好き放題!

この実情をどうしてくれるのだ。怒りで発狂しそうだ!


おまえら美徳と言う物を履き違えているのだ。怒りを表すことを紳士的に!と言うのが美徳では無い!バカか?!

左翼と尻の穴を舐めあえよ このセンズリ野郎がぁ!



いい加減怒らないと反日ブームが世界で発生するぞ!


よーめんの言っている事が徐々に理解出来てきたぞ!って方は
↓↓↓↓
人気blogランキングへ
広めましょう!



戦後の軍事裁判で大量の日本人捕虜を報復処刑した差別国家オランダに本部があるグリーンピース(動画はオーストラリアのグリーンピース)

こちら↓でグリーンピース・シーシェパードへの抗議署名をやっています。各種動画・写真大量にあり。
(財)日本鯨類研究所
http://www.icrwhale.org/

これをほっておくと世界に反日ブームが広まる可能性高し。

日本のグリーンピースが字幕を入れたと思われる動画
自分でぶつかっておいて捕鯨船がぶつかったと抜かす。
http://jp.youtube.com/watch?v=9l1soRE7Z6k&NR=1

抗議を↓

グリーンピース・ジャパンの事務所案内
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F
最寄り駅: 営団地下鉄丸の内線西新宿駅徒歩4分、JR、京王線、小田急線 新宿駅徒歩15分
電話: 03-5338-9800 FAX: 03-5338-9817
グリーンピース・ジャパン事務所紹介
http://www.greenpeace.or.jp/info/office_map_html
グリーンピース・ジャパン
http://www.greenpeace.or.jp/



まだ押していない人は  皆に知らせよう↓
↓↓↓↓
人気blogランキングへ
広めましょう!
[PR]
by youmenipip | 2008-02-15 23:37
<< 反日弁護士を追え!警察官正当防衛裁判 どうして行く 今後の日本 >>