「ほっ」と。キャンペーン

他人事の日本人2

三つほど前のエントリー「他人事の日本人」で、秋葉原の事件で救命処置中に記念撮影していた者がいたと言う記事を紹介した後、このよーめんも救出活動中に食らったトンデモな出来事の体験を話しましたら。皆様もいろいろトンデモな目にあっている事が分かりました。


ご紹介しましょう。



Commented by 凛 at 2008-06-22 16:02 x
初めまして、私も同感です!

ある時、子供の習い事で球技場に行き
私は急にパニック障害の発作で倒れてしまいましたが
誰一人として救助やせめてスタッフへの通報もしてくれませんでした。
近くに年配の女性もいたのに完全に見て見ぬふり・・・。
倒れながらも自分で携帯を取り出し、
出ない声を振り絞って知人を呼び何とか帰ることが出来ましたが
そのお陰で暫くは旦那がいないと外出も出来なくなりました。

日本人よ、明日はわが身だと言う事がわからないのでしょうかね。


Commented by WING at 2008-06-23 00:04 x
殺人最中を眺めて携帯撮影したり笑ってるとか悲惨な事故の現場も何事も他人事という状況判断ができないというのは本当に日本人だろうか恐ろしい光景ですね。以前に高速の衝突激しい事故現場でトレーラ待ち中に車と一緒にスクラップ状態の運転手が挟まって動けない状態時に渋滞の中で近寄り一人で何とかしていたのですが多数ならくちゃくちゃドアを開けて挟まった人を救出可能かと呼掛けたら迷惑な顔されました。今日日どんな教育になっているのか最近疑問です。昔の日本を取り戻したいばかりです。

Commented by 憂国無罪 at 2008-06-23 14:00 x
よーめんさん!エントリーいつもご苦労様です。
田舎の想い出ですが、家の前で起きた交通事故の際、怪我人を真っ先に救助すべく、手元にあった新聞紙をかき集めて,一目散に駆けつけて止血作業に没頭する母親の後ろ姿を忘れません。お陰で、一度,こうした現場に出会すと、先にどなたかが言われるように「救命スイッチ」が入ります。年代や地域に拘らず、矜持を持つ日本人として当たり前の事をやって行きましょう。






この他にも、非公開コメントですが、「自転車を運転中に歩道に突き出た道路標識に顔を強打し転倒して顔が二つに割れるほどの大怪我をし血まみれになりのた打ち回っているのに、犬の散歩中の婆さんが知らん顔をして通って行かれた」(非コメなので内容をやや変更)とか、いろいろありました。



実はよーめんの体験例ですが、あの後、凄まじい続きがまだあるのです。

たくさんの野次馬にシカトされた状態で今にも溺れ死にそうな人を救助し、その人が救急車で運ばれて行った事を確認した後、自分の手や体を見ると血まみれ泥まみれになっている事に気づき、自分は何処かで手を洗わせてもらおうと思ったのです。

周りを見ると事故現場の向かいの店先に水道の蛇口を見つけたのでそれを借りて手を洗わせてもらおうと思い店の前まで行きました。昔の古い商店の店先には玄関先に水を撒いたり掃除したりする為の水道があったりします。自分はその水道を借りようと思い、水道の蛇口を見ると蛇口のレバーの部分が無いのです。蛇口のレバーが取り外し出来るタイプの物ですが、回すレバーが付いてないのです。自分はすぐそこにいる店の主人と思われる人に水道を使わせてほしい!と申したところ「あっち行ってやって!」と怒り口調で、手を隣の家の方角を指したかと思うと、オヤジは店の中に入り横開きの扉をガシャっと閉めたのです。

自分は、その態度にビックリです。”ことの何たるか”に気づかない自分は”あっちとはどっちだ?”と思い、おろおろと隣のお店に行くとそこでも、ガシャ!と店の横開きの扉を閉められたのです。今度は中からガチャン!と鍵を閉める音付きです(滝汗)

不愉快もいいとこです。この時点で異常な現象をまの当りに感じ悟ったのです。これは酷い!と。

この者どもは先ほどまで、自分の救助劇を遠くから見ていた近所の野次馬どもなのだ。

救助を手伝う勇気も無ければ、店先(外)にある水道を使わせる社会性・社交性も無い。

(テレビの画面から貞子が出て来たあの状況になったのだ。つまり気が弱く愚かなのだ)


この者どもは年齢で50歳代~70歳代だ。よくテレビや何かで「最近の若い者は・・・」等と言うセリフを聞くがもうすでにお気づきのように先入観による一方的な偏見により生まれたセリフだと言うのがお分かりだろうか?! この時点でわたし、よーめんは20歳代前半。(携帯が普及する前)


これでは、よーめんに老害と言われても仕方あるまい。



かと言っても、もちろん年配者全員では無いし、実際に秋葉原では若者が人命救助の横で記念撮影していたのも事実なわけだ。



事故を起こしたトラックの運転手どもは救助もせず他人事のような顔で救助劇を見ている。また野次馬どもは曲がりなりにも自営業とは言え商売をやっている経営者だ。普段は経営者面をし、普段は部下の前で偉そうな事を言い。普段は父親として子供の前で叱ってみせ。

イザという時、この有り様よ!


今、日本人に何が起きているのか?


りょーたろーの上司へ
在日工作員どもは何かを悟られまいと 早速「”右翼思想と秋葉原の犯人は関係無い”」と言うコメントで印象操作して来た。巧妙な工作コメントなのだが一昔前はそれで結構カモが付いて来ただろうが、ここでは通用しない。

秋葉原の犯人の事を言っているのでは無く”他人事の日本人”の話をしているのだ。



工作員らはしきりに、「それと秋葉原は関係無い!」と、焦って工作コメントしたいのだろうが、実は他人事の日本人の性格と政治思想はおおいに関係あるのだ。

在日はこれをはるか以前から知っているのだ。朝日もTBSも平和団体もジェンダー団体も全部知っているのだ。

腰抜けは左翼思想へと繋がる!
             
          と言う事を!

前にも何度も申している通りだ!


「立ち上がれよ日本人!」とよーめんはよく言う。しかし立ち上がるには勇気と根性がいるのだ。

お分かりか?!ここまで言われればどんなに鈍い奴も分かるだろ!


腰抜けがイザという時に日本の為に立ち上がるとは考えられないのだ!


中・韓はそれを知っているのだ!



右派的な思想を維持するには常に高い自主性、挑戦心、忍耐と強いプラス思考が求められる。逆に自己弁護が巧みな奴、負けや逃げ、腰抜けを認めず巧妙な論で言いくるめる奴、口は出るが体を動かさない総評屋、やらないことの言い訳ばかり上手い。このような奴は間違いなく左翼思想または今後左翼予備軍になるのだ。


事故を起こして救助に参加しない運転手 おそらくこの男、自分は今の今までここまので腰抜けだったかと知らなかっただろうし、今だに同じはずだ。



常に言い訳と自己弁護で生きている。りょーたろーやサンマンらとそっくりだ。




他人事の日本人1
http://youmenipip.exblog.jp/8442057/




日本再生とは日本人再生!
↓↓↓↓
人気blogランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2008-06-24 01:34 | 今、日本人に何が・・・?
<< 日本人に何が起きているのか? 速報2 せと氏 桜井氏登場 >>