2006年 09月 08日 ( 1 )

もし日本にネットが普及してなかったとしたら?

最近、ふと?思うことがあります。「もし日本にインターネットという物が普及してなかったとしたら?どうなっていたんだろう?! 」と考える事があります。よく考えるとゾーッとします。みなさんもマジマジと考えてみてください!

ここ数年ネットを賑わせてきた「人権擁護法案」「在日外国人参選権」「北朝鮮人権法」などの悪法。そして竹島問題、東シナ海の尖閣諸島問題等の領有権問題なども彼らは日本に交戦権が無いことをいいことに自国有利に強引に行動を進めてきましたよね。

領有権問題などは我々がネットでどれだけ騒いでも最終的に彼らが武力を持って行動を起こして来たならばどうすることもできませんが。少なくとも「人権擁護法案」などの悪法の阻止はネットの威力は絶大なものがありました。

今までは良識のある一部の国会議員だけが反対していたのでしょうが、しかし最近は国民がデモや署名までして反対運動をしているのを無視することは民主主義に反するので出来にくいのです。


いきなり10日後に開催が決定した「人権擁護法案反対集会」(昨年)もネットだけの宣伝で2000人が集まったり、小泉首相の8、15靖国参拝を求める国民デモは1000人。などの各種デモ・集会などもほとんどネットの宣伝で成り立つようになりました。

来週の何曜日の何時から東京のどこそこでこういう内容の集会があります?!なんていうことをネットが無ければ普通の人達は知る由もなかったことを、今は簡単に知ることができ、自分なりに充分に調べ勉強することができます。


こうなると当然、困って来るのは左翼陣営です。

More 続きはココ
[PR]
by youmenipip | 2006-09-08 02:20