2006年 09月 15日 ( 1 )

A級戦犯は犯罪者ではない!安倍晋三 3

日本を再生出来る可能性のある人間は安倍氏以外には思い付かない。再生とまではいなかいにしても今までの情けない日本から脱却出来る可能性がある。

八月十五日に小泉首相が靖国参拝しました。それまでのマスゴミはこぞって「中国は大騒ぎするぞ!」と脅したり、富田メモという世紀の大放屁までかまして首相の靖国参拝を封じ込めようとあの手この手を使って異様・異常な状況でした。そのマスゴミの策略もすべて失敗に終わり、国民世論はあれだけのマスゴミの小泉批判・靖国参拝批判を見せられたにも関わらず、首相の支持は高く。15日放送のNHK「日本のこれから」のインターネットアンケートでは70%の参拝支持など。あきらかに、国民はこれまでの日本とは違う動き、つまりマスゴミの世論操作・世論誘導とは異なる動きを見せるようになってきました。つまり自主独立の動きを見せるようになってきたのです。(あともう少しなのだが?!)


日本は民主主義とは名ばかりの「左翼マスコミ共産主義誘導国家」であり、日本に少しでも左翼に”はむかう”者が現れると、一斉に集中放火を浴びせられ、森総理の時のように完膚なきまでに叩かれ消滅させられる運命にありました。また他の政治家どもは異様に中・朝・韓に媚びへつらう政治家が多く、まるで日本人のための国ではないような所がありました。


この国を変えるにはまずは左翼マスコミ問題と左翼政治家問題。そして強力なリーダーの出現が必要でした。



安倍氏は、これまでの歴代の首相が言わなかった「A級戦犯は犯罪者では無い!」をはっきり言える人です。これは小泉首相も言わなかったことで。さらに東京裁判の呪縛に取り付かれて無く、東京裁判の判決を否定できる人です。

これは我々の言っている事そのものもで、我々の代表です。もし首相になれば、ここまで言う首相は今後はもう出て来ないでしょう。彼がここまで言えるのは政治的なバックボーンがあるのでしょうね?!つまり日本を再生出来る唯一政治的に力のある人です。彼は韓国や中国のトップを相手にしてもはっきり言うでしょうね。


例えば、国際舞台で「東京裁判は勝者による敗者への報復リンチ裁判でしょう?事後法?はぁ?!先制攻撃した国が悪いならアメリカは超戦犯でしょう?日本が勝っていたらアメリカと中国のトップがA級戦犯になっただけだろ?違うか?」と、言える人でしょうね。(さすがに、これはちょっと難しいかな・・・)


我々はなんとしても彼を守らねばならない。


安倍氏のA級戦犯に関する見解 



More 続きはココ
[PR]
by youmenipip | 2006-09-15 02:13 | 僕らの安倍晋三