2006年 11月 26日 ( 1 )

いじめた生徒は出席停止に

遅いんだよ。当たり前だ!何でいじめられる方が転校しなきゃならんのだ?!



いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ

 学校でいじめによる自殺が相次いでいる事態を受け、安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)は25日、いじめ問題に対する緊急提言を来週にもまとめ、公表する方針を固めた。

 都道府県や市町村の教育委員会に対し、〈1〉いじめた児童・生徒に出席停止など厳しい対応を取る〈2〉深刻ないじめ問題が起きた場合に備え、緊急に学校を支援する態勢をつくる――ことなどを求める。

 同会議は来年1月に中間報告を作成する予定だが、自殺問題を重く見て、法改正などが不要の緊急対策を早急に打ち出すことにした。文部科学省も速やかに対策を講じる考えだ。

 学校教育法では、「児童の性行不良で、他の児童の教育に妨げがある時」は、市町村教委は保護者に対し、その児童の出席停止を命じることができると定めている。具体例として、傷害、心身の苦痛、財産上の損失などを与える場合を挙げている。
(読売新聞) - 11月25日14時41分更新




「虐められる側に責任なし!」

たまに「虐めは、虐められる側にも責任がある!」という言葉を耳にしますが、そのような論理を一切認めてはいけません。吐いた奴を吊るし上げ葬る必要があります。なぜなら、虐めらていた側は奈落の底に突き落とされるかの恐怖がやってくるのです。事実、燃料投下により明日からさらに過激な虐めになるのです!


虐めは大人が介入し法的措置を取る。場合によれば(虐めの程度により)力にはさらに強い力を与える事も検討する。

虐めた相手と親を裁判所に引きづり出す事を視野に入れ子供に証拠を集めるように支持し法廷で戦う準備に入る。暴力を受けた場合、医師の診断書を準備。警察に被害届けを出す。言葉の場合、録音。文書(落書きの)場合保管。等の証拠の収集を徹底させる。

内容証明郵便で相手の親と子を弁護士事務所や学校に呼び出す。

自分の子が自殺しそうになっていたら相手にそれに見合う報復を与える事も検討させる。「話し合いは後でいいまず相手をのばすことが先決の場合もある」ことを教える。



ここでも ”きれいごと”はさらに虐めを加速させ取り返しのつかない事になることを大人は知る必要がある。自分の子が死んでから後悔しても遅いのだ!


以前に「自分(よーめん)の近所の中学では生徒達の父親が毎日交代で教室の後ろで二人一組で監視している中学校がある」という話しを書きましたが、まさにセルフデフェンンス!ここまでやる必要がある。



自殺した生徒はブログでこういう形で取り扱ってほしかったはずだ!それを死をもって知らせたかったのだ!

子供の自殺を無駄にしてはいけない!



>>>>>>>>>>



まあ、こんな感じで虐めはホント難しい問題です。


左翼やカルトはこの意見になんて反応するんだろう?!



子供の自殺を無駄にしてはいけない!と思われた方は。
↓↓↓
人気blogランキングへ
(クリックして頂けると票数がアップしこの問題を多くの人に知らせる事が出来ます)
[PR]
by youmenipip | 2006-11-26 01:39 | 僕らの安倍晋三