2007年 02月 04日 ( 2 )

日本政府よ、よく見ろ?! 戦地売春婦土下座祭り

ホレ!これが日韓文化交流3000万円のお返しだ!

従軍慰安婦決議案、米下院通過の可能性も


日韓文化交流だとかに3000万円提供し、天皇皇后両陛下、安倍首相夫人までお出ましあそばし、そしてこのありさまか?人のいいのもいい加減せえってよ?!



米7議員が従軍慰安婦決議案を提出、日本に謝罪求める
 【ワシントン=五十嵐文】米下院のホンダ議員(民主党)ら与野党議員7人は31日、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐり、日本政府に謝罪を求める決議案を提出した。

 共和党が多数を占めていた昨年も、同様の決議が提出され、国際関係委員会で採択されたが、本会議での採決は見送られた。今回は、民主党が上下両院で多数を占めており、本会議で可決される可能性がある。

 決議は、自民党有志議員が、慰安婦の「強制連行」を認めたような河野洋平官房長官談話の見直しの動きを見せていることを強くけん制し、日本の首相による「公式かつ明確な謝罪」を求めている。

記事元
読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070201i105.htm?from=main1
朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/02/02/20070202000012.html



参考サイト 博士の独り言
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-379.html
アジアの真実
http://ameblo.jp/lancer1/entry-10024724352.html


韓国の売春婦のデモ2004.10.18
f0091252_23225618.jpg


この写真は韓国の売春婦数千人が一同に集まりデモをしているのだ!世の中いろいろなデモがあります。私は当初この写真の売春婦がデモをしているのを見て、「無理やり売春させられている可愛そうな乙女達が雇用主に売春させるな?!」と言ってデモをしているものとばかり思っていたのですが、”あにはからんや”ところがどっこい?!なんと”売春させろ?!”と言ってデモをしていると言うのだ!いやはや恐れ入る話しでは無いか?世の中一体どこの世界に売春婦がもっと売春させろ!と言って数千人集まってデモをする国があると言うのだ?! ひ~凄い!

朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/10/07/20041007000071.html
中央日報
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=56855&servcode=400§code=400


韓国よ?! このざまあ何だ?! 従軍慰安婦もクソもあるかってよ。単なる戦地売春婦を何をかこつけて従軍慰安婦なんだい?あ~おい!表の顔では日韓文化交流、裏に回れば日本叩き!あまりの汚さに反吐がでらぁ。




明日からまた電突が荒れそうだこりゃ!




誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ

クリックして頂くと票数がアップしこの問題を多くの国民に知らせる事が出来ます!


文化庁  (文部科学省の電話番号と同じです)
http://www.bunka.go.jp/

文部科学省 03-5253-4111
http://www.mext.go.jp/

首相官邸 03-3581-0101
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

抗議先一覧
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/kougisaki.html
[PR]
by youmenipip | 2007-02-04 23:46 | 韓国人問題

読者の感想紹介(マンセー映画)


マックさんが昨日韓国プロバガンダ映画「あなたを忘れない」を見てこられ感想を書いておられますので紹介します。

>

さて、本日、例のクソ映画を観て参りました。

早速感想を述べたいと思います。

既にしきしまさんやよーめんさんがレビューを書かれて居ますので、そちらも合わせて参考にしてください。

しきしまさんのレビュー
http://youmenipip.exblog.jp/4485981/

今まで各所で内容に関して評されているものと被るところはご容赦を。

1.客層等

私は渋谷に観にいきました。
客席数300のところ、客の数は50人弱くらいだったでしょうか。
世代はまんべんなく学生から年配の方までいらっしゃいました。
外国語を喋っている方の比率は1割ぐらいだったでしょうか。
ラストシーンでは、かなりの比率で泣いている方が多かったです。
終演後、実話と思い込んでいる方を何人も見ました。
感動して又来るとか言ってるおばさんもいました。
携帯のカメラで皆ポスター撮影してました^^;

2.ストーリー展開

兵役を終えた主人公(イ・スヒョンさん)は、音楽とスポーツの好きな青年。
大阪生まれの父の影響で日本に興味を持ち、留学を決意する。
日本では、ストリートミュージシャンのユリやその友達との交流が中心。
彼女との出会いは、彼女が路上ライブ中に因縁をつけてきたチンピラから助けてあげたのがきっかけに。
しかしユリの父親(平田)は韓国人嫌い。
主人公とユリ達は音楽を通じて心を通わせて行く。
2000年夏、主人公はマウンテンバイクで富士土山へ出発、その後名古屋でユリと合流し、一緒に大阪を目指す。
名古屋ではユリの別居している母のもとへ立ち寄り、パチンコの景品を渡す。
父や祖父が暮らした大阪では、祖父の知り合いだったおばあさんから日本で生きてきた韓国人の苦労話を聞く。
東京に戻ってから、主人公はスポーツと音楽で世界を一つにしたいと夢を語るが、その矢先、マウンテンバイクに乗っていたところをタクシーに撥ねられる。
しかし、彼が韓国人とわかるや、タクシーの運転手も通行人も見て見ぬフリをする。
傷ついた主人公は、ここでいったん帰国する。
故郷で家族と過ごす中、わだかまりが吹っ切れて、年明け、ユリの待つ東京へ。
店が倒産した平田に、親子で仲良くするよう話をして、次第に彼にも認められていく。
運命の1月26日、ユリのバンドがコンテストの決勝戦に出るが、主人公は残業で少し遅れてしまう。
途中、雪の降る新大久保駅のホームでユリに留守電を入れると、酔っ払いが線路に落ち、大騒ぎになる。
線路を覗き込む人を掻き分けて主人公は線路へ。
その背後に関根さんも飛び込む。
酔っ払いを持ち上げようとするが失敗。
そこに電車が接近してくる。
主人公は電車に対し両手を上げるが、その数秒後電車に轢かれる。
ニュースで主人公の死を知ったユリは泣き崩れるが、主人公が名古屋から呼んだ母が会場に来ている事を平田から聞き、力いっぱい歌う。

3.前提条件についての問題点

[韓国人がベトナム人に嫌われている]
劇中では、ベトナム戦争で単に敵国だったから・・・というニュアンスのセリフが出てくるが、実際はといえば、韓国人がベトナム人に対して行った、強姦、略奪行為に対して嫌悪されているのであり、事実誤認と言わざるを得ない。

[歴史教科書問題]
新しい歴史教科書の内容に問題があるという前提で取り扱われている。

4.印象操作ポイント

気がついた点を挙げて行きます。
しきしまさんの指摘されている点は全くその通りなので、
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=331397445&owner_id=7790496
それ以外で、私が深読みした部分は・・・

[家族]
全編を通じて、韓国人は家族を大事にし、仲も良いが、日本人は家族がバラバラで、親は子を、子は親を大切にしないとの印象の「連続」。
まあ、確かにおかしな家庭内殺人は最近多いが・・・劇中ではこれだけでなく、とにかく日韓の比較表現が多い。
家族愛が、韓国人にはあって、日本人には無いんだという一方的な決め付けの印象。

[米国女性シャノンが酷いし、ユリの態度もあり得ない]
ユリの唄を米国女性プロモーターに売り込みをする父、平田。
演奏中にゴキブリが出てきて大袈裟に騒ぐ米国女性シャノン。
その態度に切れ、ライブ演奏を止めて水をぶっかけるユリ。
当然、シャノンは怒ってサイナラ。
てか、暗いライブハウスでゴキブリが出たくらいで演奏中にあそこまで騒ぐ業界人(インディーズ専門らしい)もいないと思うし、演奏途中なのにキレて水ぶっかけるミュージシャンも在り得ないと思う。
韓国ではよくあることなのか?

[パチンコ礼賛]
名古屋のシーンで、パチンコ店の景品のぬいぐるみを託児所の子供達にプレゼントして、良いイメージをアピール?
あれほどの社会の迷惑もあったもんじゃないのだが・・・

[過去のあんなことって?]
大阪のシーンで「あんなことがあったなんて知らなかった」と、暗に日本が朝鮮に対して悪事を働いていたかのようなセリフ。
既成事実化するいつもの手法。
まあ、歴史洗脳が解けて居ない者にはデフォルトな表現ではあろうが、ムカついた。

[スポーツと音楽で世界を一つに]
国境を無くしたいというメッセージに、サヨクと同じ臭いを感じた私は過敏症?^^;

[タクシー事故の件]
しきしまさんの解説参照。
日本では在り得ない!
韓国ではよくあることなの?

[日本人男性は全員情けないし、気も利かない]
全編を通して、主人公は誰からも愛される完璧な好青年であるのに対し、日本人の「男性」は端役も含め、例外無くどこかダメな人間ばかり。
甘い、度胸が無い、卑怯、優しく無い、思いやりも無い、自分勝手、不親切、喧嘩も弱い、決断力も無い・・・とにかく程度が酷い!
たしかタクシー事故の時の人でなし共も全員「男性」。
これじゃあ全ての日本人女性は日本人男性より韓国人男性に魅力を感じるに決まってる!
モテモテな訳ですな~^^;
主人公はよっぽど特殊な日本に暮らしていたと感じざるを得ない。
ちなみに日本人女性は可愛く描かれている。
なんか統一教会とか、摂理とかに通じる「願望」が背景にあるように感じてしまうのは、私の心が疚しいからであろうか?^^;

[問題の事故シーン]
関根さんらしき人は確かに線路に降りるが、顔は見えず。
実際の目撃者証言からすれば落下後長くて7秒としても、救助する間も無く電車が入って来てしまったとのこと。
しかもホームには殆ど人はいなかったので、オロオロする日本人達を掻き分けて・・・というのは物理的に在り得ない。
手を挙げて電車を止める動作は創作で最後まで救助していたらしい。
あっという間の出来事だったみたいですが、映画では体感30秒くらいの動作が在ったように感じました。
この辺りは「フィクション」と謳っている以上、とやかく言うべきではないのかもしれませんが、実際の目撃者によれば、無謀なタイミングであったとのこと。

[オマケ」
大阪のシーンで、在日のおばあさんが、過去お金を貯めて祖国へいったん帰ったが、居場所が無くて日本に戻ってきたことを告白。
この辺本音かも。

5.総括

これを実話ベースと公言するのは酷いと思う。
実在する人物の名前を使っただけのフィクションであるのは間違い無いです。
「実話」のイメージだけ利用された感じ。
ここまで創作するなら、いっそのこと実話の件を一切語らないでいただきたい。
「この映画を故李・秀賢さん関根史郎さんに捧ぐ」というのは関根さんの死に対しての冒涜と思います。
ちなみにパンフも嫌々買いましたが、キャストに関根さんの役の記載は無し。
公式サイトで最初に表示してて公開と共に消したのも頷けますね。
汚い。

どうせ韓国が描く日本人「男性」なんて、いつもこういう情けないキャラでしょうし、その辺は一笑に付すこともできますが、これを実話であるかのようなイメージで行幸啓と絡め、プロパガンダに利用しようというのはいただけない。
エンドロール最後に出てくる「支援/文化庁」ってのには本当に腹が立ちます。

何も基礎知識無しでこれを観たら、知らない間に日本人「男性」より韓国人「男性」の方が素晴らしい!という印象を刷り込まれることうけあい。
きっとかの国の方々は優越感を感じながらこの映画を観るんでしょうな~(嘲笑)









誰でも出来る 一人一日一回の愛国活動」はここをクリックする事から始る。
↓↓↓
人気blogランキングへ

クリックして頂くと票数がアップしこの問題を多くの国民に知らせる事が出来ます!


文化庁  (文部科学省の電話番号と同じです)
http://www.bunka.go.jp/

文部科学省 03-5253-4111
http://www.mext.go.jp/

首相官邸 03-3581-0101
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

抗議先一覧
http://www.geocities.jp/kijyo2ch/sanseiken/kougisaki.html
[PR]
by youmenipip | 2007-02-04 09:07 | 韓国人問題