<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

弱腰日本の安易な謝罪外国のツケその代償は大きい

弱腰日本の安易な謝罪外国のツケその代償は大きい

米国や英国等の親日国までも中国韓国の陰謀に乗って来た現実

目先の(偽りの)友好関係を優先し悪くもない事を安易に謝罪して来た日本外交の愚かなツケが今やって来た。
f0091252_226198.jpg

f0091252_2261520.jpg

↑珍妙な顔をして やってもいない罪を謝罪している日本政府


英国 「尖閣を中国にあげれば?」「世界を危険にする価値が尖閣にあるの?」BBCトーク番組、日本大使を質問攻めに

>
昨年末の安倍首相の靖国参拝を受け、日中間の緊張が再度高まり始めた。1月初めには、英デイリー・テレグラフ紙で、劉暁明駐英中国大使が、
日本をヴォルデモート卿(人気小説「ハリー・ポッター」の悪役)に例えて批判。対して「中国もヴォルデモート卿になりえる」と、
林景一駐英日本大使が反撃した。両者の舌戦はついに英BBCのテレビ番組へ持ち込まれた。

【別々の部屋でのインタビューが条件】
 日中の駐英大使が出演したのは、BBCの「ニュースナイト」という生番組。通常は、プレゼンターのパックスマン氏が、
ゲストたちを同じスタジオに一緒に迎え入れ、インタビューする番組だ。

 しかし、香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙によれば、両大使は別々のスタジオでインタビューを受けた。
BBCと日中の大使館が、安倍首相の靖国参拝と尖閣問題に対する大使らの議論がヒートアップすることを恐れたためだという。

 インタビューの内容を、サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙は以下のように報じている。まず、尖閣諸島について林大使は、
中国は尖閣の領有権を主張することで国際秩序を乱し、挑発と威圧で現状を変えようとしていると述べた。また、
改憲を通じた日本の軍国主義化について、どの程度まで日本は主権を守る用意があるのかと聞かれ、
「その質問は中国に向けるべきじゃないですか」と返した。

ソース
http://newsphere.jp/politics/20140110-8/
(続)



 一方、中国の劉大使は、安倍首相の靖国参拝で中国国民は気分を害したと述べ、日本が尖閣諸島において
領土問題の存在を認めようとしないと主張した。また、イギリスの元首相チャーチルの「歴史から教訓を学ばぬものは、
過ちを繰り返して滅びる」という言葉を引用して、日本を批判した。

 またエクスプレス紙は、番組での両大使の発言を以下のように伝えている。劉大使は安倍首相の靖国参拝を批判し、
それが日本の軍国主義復活のシグナルだと主張した。尖閣問題に関しては、尖閣は古代から中国のもので、
尖閣問題は主権をめぐる道義上の問題であるとし、紛争には周辺海域の豊富な地下資源が絡むという考えを否定した。

 一方、パックスマン氏は林大使に「尖閣を中国にあげれば?」、「地域全体、世界全体を危険に陥れるほどの価値が尖閣にあるの?」
と難問を浴びせたあと、「日本が軍国主義を復活させようとしているのか?」と付け加えた。それに対して林大使は、
日本の平和憲法と戦争放棄が核心である信条は変わらないと答えた。

【日本は対話を求めているが、靖国参拝を擁護】
 同じ頃フランスでは、外務、防衛の閣僚協議のため滞在中の小野寺防衛相と岸田外相が、安倍首相の靖国参拝を擁護する発言をしている。

 ロイターによると、両大臣は、日本の目的はアジア太平洋地域の永続的平和構築だと述べた。
小野寺防衛相は2012年に日本政府が尖閣諸島を国有化したことで引き伸ばしとなっている、日中間のホットラインの設置を求めた。

 また岸田外相は中国人ジャーナリストの質問に答える形で、安倍首相は不快感を持たれた中国、
韓国の方々に謝罪をしたと述べ、参拝は平和を祈るためだったと語った。(終

>


 http://military38.com/archives/35571438.html



キチガイ

また韓国 日本を世界地図から削除してCMを流す


【動画・画像】サムスンGALAXYの米国テレビCMで「日本」が地図が消えていると話題→恥知らずの韓国で祭り騒ぎwww
f0091252_158496.jpg

http://crx7601.com/archives/36365249.html
http://www.youtube.com/watch?v=eFIazpR2-Vg
これは安部首相の靖国神社参拝前のことだから韓国は安部のせいには出来ないはず



2014年01月09日23:00

【慰安婦問題】要制裁事案、フランス漫画の展示で韓国政府慰安婦コーナー!日本政府が激怒抗議!した結果→アングレームの主催者「拒否する」


2014年1月9日、韓国・朝鮮日報(中国語版)は、
間もなくフランスのアングレームで開かれる国際漫画祭で韓国が慰安婦漫画を
展示しようとしていることについて、日本側が妨害工作を行っていると報じた。

1月30日からフランス中西部のアングレームで4日間の日程で行われる漫画祭に向け、
韓国女性家族部は旧日本軍による慰安婦問題を明らかにした李賢世(イ・ヒョンセ)さん、
朴在東(パク・チェドン)さん、金光星(キム・グァンソン)さんなど、
韓国の著名な漫画家による20点余りの作品と4編のアニメの展示を計画している。

日本政府はこの情報を知ると、在フランス日本大使館を通じアングレームの主催者側に
「民間の漫画祭で慰安婦問題を取り上げるのは不適切だ」として、展示を差し止めるよう求めた。
しかし、主催者側は日本政府の要請を拒否し、「計画通り慰安婦問題に関する展示を行う」としている。(翻訳・編集/北田)




一度でも謝罪すると
今では「膝を付いて土下座して誤れ」と言い出す韓国
f0091252_2264317.jpg

日本の天皇陛下はドイツの首相のように膝を付いて謝れと韓国
f0091252_236889.jpg




中国でも日本軍の慰安婦問題勃発する

慰安婦を対日カード化か 中国、新資料発見と報道

2014.1.9 20:26 [中国]


 中国吉林省の档案館(資料館)は、旧日本軍が残した資料から、中国の慰安婦に関する新たな記録が見つかったと明らかにした。国営新華社通信が9日伝えた。尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる対立や歴史問題で、中国は対日批判を強めており、これまで外交カードとしてこなかった慰安婦問題も今後、圧力の材料として取り上げていく可能性がある。

 档案館によると、資料は、旧日本軍が東北地方を統治していた1931~45年の10万点以上。敗戦後、軍は焼却処分できなかった資料を埋めたとみられ、50年に建設工事の際に発見されたという。

 档案館は昨年調査チームを立ち上げたとしており、尖閣をめぐる対立などで日中関係が悪化したのを受けた動きとみられる。

 慰安婦に関して(1)旧日本軍による慰安婦徴用費用に関する銀行記録(2)江蘇省南京市周辺に設置された慰安所の状況-などの資料が見つかったとした。档案館は「多い時で1人の慰安婦が10日間に267人の兵士の相手をした」「朝鮮人慰安婦が36人いた」などと具体的な記述があったと指摘した。(共同)


http://sankei.jp.msn.com/world/news/140109/chn14010920270006-n1.htm

f0091252_2372372.jpg

f0091252_2373555.jpg


米国の反日の本当の黒幕はこいつだ
日本青年社総本部ブログより↓
慰安婦問題の黒幕
http://blog.kuruten.jp/nihonseinensya/281981


http://youmenipip.exblog.jp/15207189


日本で、ありもしない慰安婦問題を勃発させた朝日新聞への責任追求が必要


そして やってもいないものを安易に謝罪した河野洋平を追求しろ





↓そうだと思った方 クリックのお願い
 人気ブログランキングへ


軍事作戦に向け精鋭部隊隊員募集
f0091252_3431288.jpg


f0091252_339255.jpg

[PR]
by youmenipip | 2014-01-14 02:21

謹賀新年 今年の予定

謹賀新年 今年の予定
↓まずはクリックのお願い
 人気ブログランキングへ


新年明けましておめでとうございます。

本年もよーめんブログと日極会の活動を宜しく御願い申し上げます。




昨年はあれよあれよと言う間に一年が過ぎました。訓練に関していえば、なかなか訓練等も出来ずご心配をおかけした方々もいらっしゃると思うのですが。自身も一段落しましたので今年は活動します。今の日本を取り巻く状況では自分の目の黒いうちは活動を辞めるわけにはいきません。


前回のブログ記事に続き今年の計画や考えを2~3お話したいと思います。

まず新しいことといえば、私が所属している日本青年社の総本部ブログが開設したということです。これは内容により一部有料記事が入るのですが他にメルマガ等も開設しネットの力を最大限駆使し中国が横取りしようとしている尖閣諸島魚釣島に大型灯台建設と港の建設の為の応援をして頂きたいと存じます。というのは大袈裟ですか?(笑)いやいや国がやらない事は誰かがやらねばならず誰かが非難と犠牲を覚悟でやらなければ国の領土も国益も今の日本の法律と日本の立場等の状況で守れないのです。

そんな事が出来るのかとお思いでしょうが。実際に日本青年社が尖閣諸島魚釣島に第二灯台を建設した時なども海図に載せ海上法規に合わせる為に地元海上保安庁のアドバイスを受けながら第二灯台を設置したわけです。それは総本部に出入りしているこのよーめんが多くの写真や当時の関係者の証言を見聞きして知っています。テントを持ち込んで何日も寝泊りしているシーン、自炊しているシーン、水浴びしているシーン、灯台を組み立てているシーン等、いずれ紹介出来ると思います。

f0091252_2263740.jpg


「最近になって他の力のある組織が尖閣諸島魚釣島に上陸しておりますがそれは青年社が三十年近く前からやっていたことで他のすべてが”二番煎じ”です。」こういうと決まって「妬み僻みやっかみ保守」らが、”青年社は羊を持ち込んだとか任侠右翼が”どうとか醜く顔を引きつらせ下記に紹介するコメのようなことを書きにやって来ますが。「もしこやつらがチャンネル桜陣営であれば日本青年社が蒔いた種の延長線上で活動し。行動保守陣営であればよーめんが蒔いた種の上で活動(前回に申したように)しておるわけで」どちら様もさぞ気分が悪かろうて(笑)というのがよーめんが感じていることです。笑

まあ一般の市民団体を古くから応援しているよーめんは民間人が一歩前に出る活動を以前から応援しているので頑張って貰いたいとは思っているのです。しかし後で紹介する醜いアヒルの子のようなモノを見かけると仕方無しにそう言うしかないでしょう。


”二番煎じ”二番手というのは何かに付けて楽で、一番手は強い精神力と強いパイオニア精神が無ければ出来ない。
f0091252_1937592.jpg

どうですか?貴方の支持する団体で、これができますかな?!


平成12年4月20日 神社建設 神主さんが尖閣諸島に降り立つのは戦後初めて
f0091252_2305281.jpg
f0091252_231887.jpg



そのパイオニア的存在の日本青年社総本部ブログ
http://blog.kuruten.jp/nihonseinensya
[続き]というアイコンがありますがこれは単に記事の続きであって有料記事ではありません。


f0091252_19463238.jpg

これならそう費用は掛からない

↑魚釣島に以前あったヘリポート 以前日本が”兎に角”で尖閣諸島魚釣島にヘリポートを作ったのですが、国内の社会党工作員(現在の社民党工作機関や民主党工作機関)そして本当の敵の権力と思われるマスコミ工作機関らの圧力で自ら取り壊すと言う甲斐性の無さを見せた当時の自民党政権。今も似たようなものか?
この”甲斐性”の違いという部分について保守と左翼の圧倒的な差はどこから来るものなのかを何かの機会に念入りに検証したいと思います。



新しいことを初めて行う一番手は
強い精神力と強いパイオニア精神が必要

の件

まずはいつも外野からヤンヤヤンヤと中傷するアンチのコメを紹介します。

(承認制の壁を突破出来なかった人達)


Commented by Js at 2013-12-19 11:21 x
(´・ω・)裸の王様よーめんカワイソス

Commented by ヴォルギン大佐 at 2013-12-28 00:00 x
訓練画像見た
対戦車ロケット構えた3人が見晴らしの良い場所に固まってたりと軍事的にも全く無意味。
水溜まりだか池だかに浸って実際どんな技能を得られたの?


Commented by df at 2013-12-31 20:08 x
馬鹿なの?こんなの信じる人いると思ってんの?
かわいそうな人たち


>>>>


こんな感じですが。初心者レベルですな。

ふははは、まさに乙でした。もっと頑張れアンチと言っておきましょう。(笑)

そうやって書くのは楽でしょうが。やるのはハンパな精神では出来ないのよ。



一番手は
すべてが手探りで真っ暗な暗闇を這いながら歩くような感じ

(よーめんが軍事訓練なるものを10回近くやって感じたことです)



この話のついでに申しますと。日極会/よーめん親衛隊と称してやろうとしている事を。そろそろ同じことを感じているというか考えている人も出て来ています。このブログで言っていることをバカにする人もいる反面、よーめんと同じことをやろうとする人がいるのは組織が違えどよーめんとすれば実はこれはこれで大変嬉しい事なのです。今、日本に必要なのはある種(軍事的)の力のある第二の権力ということを感じている人達が現れている現実は評価するべきで今までは言葉には出さずそれを何と無く必要かな?と感じていた程度のものがよーめんがきっかけでこの思想が広まるのは大変意義のある事です。

しかしこの方々がなかなか一歩前に出れないのは人の集まり等の問題を含めていろいろあるはずですが。おそらく今までに経験した事が無いことをやろうとすることによる不安やプレッシャーが大きいはずです。暗闇で手探りで進むとなると。なかなか前に出れませんでしょう。よーめんだけがオープンで公開で出来るのはもしかして自分は特殊な人間なのかもしれません。

仲間が暴漢に襲われている その時、君は?!
自分は特殊な人間?
この件で、話が少しだけ変わるのをお許し頂きたいのですが、最近あった事件のことなのですが。大勢の人が通行する路上で職場の仲間二人がチンピラヤクザのような大男二人に体を掴んでかなり激しく揺さぶられているのを目撃しました。つまり職場の仲間が暴漢に暴力を振るわれているわけです。自分は職場の同僚と二名で車の中でそれを目撃したのですが運転していた爺さん(先輩)はトラブルはご免だといわんばかりにスピードを上げて逃走しようとしたので自分は車から飛び降り助けに行きました。襲われている現場に走って向かうほぼ数十メートルの間に同じ車に乗っていて逃げようとしていたその先輩爺さんに110番通報するように大声で言いましたらよっしゃ!と言って携帯に手を掛けるのを見て現場にダッシュで向ったところチンピラヤクザはそそくさと逃げて行ったのです。


野次馬に聞いて驚愕した暴力を振るわれていた時間!

体を激しく揺さぶられていた時間は何と15分!15分もの間、誰も止めず誰も通報も出来ず


付近にはその同僚10名がいたのに何も出来ずオロオロと・・・・


状況を聞けば聞くほど、この子羊どもがあ!と発狂しそうになるも
ここは政治活動の場では無く職場。自分はドップリと疲れ幻滅しながらも紳士的に言いましたよ。

・・・・貴方方は子羊ですか?・・・・と。

この仲間が襲われている最中警察に通報する甲斐性も無い子羊達は日頃は自分に偉そうにモノを述べていたものどもでした。こやつらいろいろ悲しい弁解を一通り述べた後に一人のおっちょこが自分に言いました。

「大男の暴漢二人にダッシュで走って行けるのはこの○○市で○○さん(←本名)貴方だけですよ。」

ああああああああああ・・・・・そうだったかああああああああ

と、自分は路上に倒れそうになりました。

自分は違うのか?!特殊な人間なのか?と考えましたが

いや違う。

「これは”人として”どうか?」という話なのよ。と言いました。

人としてどうか?!

綺麗事保守の言い訳には綺麗事です。



そうこうして自分はフと気付きました。「ところで警察は何故来ないんだ?!」こやつらは警察を呼ぶ甲斐性も無いとしても自分は同じ車に乗っていた爺さんに110番通報するようにう言ったはず。携帯電話に手を掛けたのも見た。はれ?「爺さん警察に電話はしたの?」
と聞きますと。「いや会社に電話して状況を説明し警察に電話していいかどうか確認したら社長に相談すると言われ連絡を待っているところだ」というのです。「ぐわああああああああああ~。」と、ここでも倒れそうになるのをこらえ、そして最後に笑いさえも出ました(笑)職場の同僚はこの記事を見ていないかな?(苦笑)見ていてももう構わない。おまえらナメクジだよ。


大男に15分も体を振り回されれば同僚の一人は軽いムチ打ちになっていても不思議で無い。でもこやつら警察に”被害届け”も出せぬだろう。ということで自分はこの件にもう関わるのをやめました。



失礼しました興奮しました。

で、話を戻しますが。ゲリラや軍事組織の研究や訓練を公開で行うとなると、なかなかどうして難しいのですよ。それをやり通せる人間はなかなかいないでしょう。

そこで当方に「日極会の訓練に参加し合同でやりませんか」という声が届いています。組織の特殊性から何処の組織も集まって数人だそうですが。「一つ一つの組織は数人でも10団体集まれば大集団になる」と。そうです。一つの組織が5人なら10団体集まれば50人の組織。一つ一つの組織がこれを機会に頑張って10人集まればそれが10団体なら100人の集団で訓練が出来ます。これは6年前行動保守を集めようと思った時の論理です。現在、行動する保守活動のデモはいくつかの行動系保守団体が集まってやっているような感じです。




それとクーデターの話をして大変恐縮なのですが。自分以外でクーデターを研究していた人や組織があったはずですが今だ当方に声が届かない?!もう辞めたとも思われるのですが。クーデターというものを各団体バラバラに別々にやるもんではありません。「ある団体はクーデターを17年1月1日にやり、ある団体は18年2月1日にやる」といったような話では誰も信用しないでしょうに。クーデターと称した名のデモをするのと訳が違います(笑)故にこういった活動は好むと好まざるとに関わらず合同でやるものなのです。お分かり?「よーめんとくっ付きたくない」と思っている時点でネトウヨの域を出ていないのよ。だから消滅する運命にあるのです。

行動保守団体の派閥のようなノリはもう卒業しなさい。


ということで、同士的結合を持てる組織、リーダーは当方に声を掛けてください。一緒にやりましょう。


よーめんの計画 また次回




↓このブログに何かを感じた方 クリックのお願い
 人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2014-01-02 22:01