わたし拉致され5 どす黒い濁流の中へ

わたし拉致され5 どす黒い濁流の中へ
↓まずはクリックのお願い
人気ブログランキングへ

前回↓
わたし拉致され4 北朝鮮招待所
http://youmenipip.exblog.jp/20981539/

わたし拉致され5 どす黒い濁流の中へ
自分は小さい頃からよく母親と自宅の近所にある”旋回橋”を見に行きました。旋回橋というのは大型船舶が海から河口の港湾に出入りする時に河口に掛かった橋が船の頭上に引っ掛かる等で通行できない場合は橋そのものを90度に旋回させる大規模な仕掛けがある橋の事です。

今日も自分は母親と共にそれを見に来ていました。
自分はその日、テレビのニュース番組で日本の政治家が近隣諸国に配慮をしない発言をした(日本は昔、悪い事だけで無く良い事もした等と言った)として解任されたという報道番組を母親と見ていました。番組内でニュースキャスターが韓国に”謝罪せなあかん”等といきり立っているシーンが特に印象に残りました。

自分は母親に「何故日本人はいつも謝罪しているの?」と聞いたのです。子供心にも気になっていたからです。母親は「悪いことをしたら謝るのは当たりまえでしょ」と言いました。その後、一呼吸置いてから母親は息を呑むようにこう言いました「でも、絶対にしてはいけない事は、悪くも無いのに謝罪してはいけないのよ」と言いました。意味が分かるような分からないような流れに戸惑いながら数メートル下の河口付近のいつもより早い川の流れを見ていました。

さあ,そろそろ帰ろうとなった時、自分と母親は堤防の橋の根元付近の鉄板を敷いた部分を通りました。前日の雨で滑り易くなっており更にその一部分は運悪く斜めになっており母親はそこで運悪く滑って堤防下の一段、段差がある部分に落ちてしまったのです。そこは普段は水が来ていない場所のはずですが前日からの雨で川の水位は上がり更に波も荒かった事もありそこは定期的に激しい波が打ち寄せる危険な場所になっていました。大型船舶も通る為に水深も深く濁流の一部分は渦を巻いている箇所もあります。

母親は堤防沿いにしがみ付き上がろうとすれども前日の雨で手が滑りなかなか這い上がれないのです。そこで自分は手を差し伸べ上げようとしたのですが。子供の力ではなかなか上がらないのです。

状況は思ったほど甘くなく、波は2波3波と容赦無く打ち付けて来ました。一瞬でも手を離すと濁流の中へ引きづりこまれてしまいます。数秒後このままでは自分も落ちてしまうと二人が気付いたその時、母親の顔は一瞬優しい表情になり自分を見て「もういいから手を離しなさい」と言いました。手を離し濁流状態になった川に落ちればすぐそこは泳げる泳げない関係無しに人間は渦巻きの中に巻き込まれてしまいます。絶対に手を離すもんかとこらえていたら母親は強引に手を離したのです。

みるみるうちに どす黒い濁流の中へ呑まれ、大きな渦の中に引きづり込まれる母親の顔はこちらを見ながら最後まで優しい表情をしていました。しかしその後、悲しい顔になり、すぐにギョッとした恐い顔になりやがて鬼の形相になりこちらを睨み付けたのです。次に自分を拉致した工作員どもの顔に変わったのです。ギャーーっ!と叫び、目を覚まし飛び起きました。夢を見ていたのです。ウワーーー!と号泣です。このような夢を毎日見ているのです。

悪夢に目覚め飛び起きたのは北朝鮮招待所の日本人用宿舎の自分用に用意された部屋のベットです。汗だくにになった自分は昨晩のことを思い出しました。



招待所の責任者キム何とか氏から部屋の鍵を貰い別館二階の自分用の部屋に行きました。ビジネスホテルのような作りになっており風呂トイレはユニットバスになっていました。少ししてインターフォンで夕食だから隣の本館1階の食堂に来いと呼び出されました。食堂に行くとすでに十数人が食事をしていました。日本人だけでは無いようです。この人達も拉致されて来たのだろうか?と考えながらバイキングになっている料理を貰いに行きましたが自分の食べられる料理はありません。仕方が無しに”混ぜご飯”のような物だけを食べていました。

すると怪しい音楽が聞こえ出したかと思えばチマチョゴリを着た婆さん達が現れ音楽と共に踊りを始めたのです。これは一体何のマネだ?テーブルの前の方では明らか朝鮮顔の輩らが酒のような物を飲みヘラヘラと談笑しています。あとで分かったのですがここの職員達でした。本能的にこの人達と仲良くしとかないといけない。と考えていると一人の職員が酔っ払いながら近づいて来ました。

「君はアジア顔だがどこから拉致されて来たんだね?韓国?中国?それとも?」と酔っ払いながら、はじめハングルで次に英語で聞いて来ました。黙っていると。「君は日本人かね?」とカタコトの日本語で言ってきました。黙っていると。「珍しいな~日本人は」と。「まあすぐに慣れるさ」と。


そのうちにチマチョゴリを着た婆さんらが70年以上前の”日本経済援助時代”(奴らが言うには日帝植民地時代に)に禁止したはずの乳出しルックで現れ踊りを始めたのです。かなり下品だ。しかし職員はニヤニヤと一人の婆さんを呼び自分に言いました。「これ等はどうだね?」と。冗談じゃねえ。「いやいや」と手を振る。「この人達とは文化が違いすぎる。どうやって付き合えと・・・」でも、ここではこの人達と会話出来る関係を作っていかねばならない。どうすればいいのか?

次回は ”金日成軍事総合大学”で拉致被害者日本人講師によるハングル講座 







よーめんにエネルギーをください↓

何かを感じた↓
人気ブログランキングへ


旋回橋イメージ
f0091252_118837.jpg


優秀なスパイ いわゆる工作員を育成する金日成・金正日軍事大学前で
f0091252_14373775.jpg


これまでの流れ↓

わたし拉致されました1
http://youmenipip.exblog.jp/20851919/
わたし拉致されました2 日本の”日の出”を見る為に
http://youmenipip.exblog.jp/20875122/
拉致されて3 病室での出来事
http://youmenipip.exblog.jp/20896793/
拉致されて4 北朝鮮招待所
http://youmenipip.exblog.jp/20981539/
わたし拉致され5 どす黒い濁流の中へ
http://youmenipip.exblog.jp/21047989/
[PR]
# by youmenipip | 2013-12-08 13:56

拉致されて4 北朝鮮招待所

拉致されて4 北朝鮮招待所

前回からの続き行きます
 前回↓ 拉致され3 病室での出来事
 http://youmenipip.exblog.jp/20896793/


拉致されて4 北朝鮮招待所

取り合えず手錠は外されました。自分は閉塞恐怖症になりそうなほどの狭い潜水艇の船倉に転がされました。寝転んだ自分に工作員はポリ袋一枚を放り投げました。自分は何とか会話出来る状況を作らないといかんと考え「おい!ゴミ袋に入って死ねってかい?」と言うと工作員は無言でドアを閉めようとしたので「おい!何か飲ませろ!喉が渇いた。」と言うと「マテ」と返事。おお?会話の余地ありか?ペットボトルが放り込まれました。

すぐに扉が閉まりました。扉の中央に小さな小窓があり「おい!俺を何処に連れて行くつもりだ?」「おい!ウリナラマンセー!」・・・・
返事無しです。

そうこうしていると自分を乗せた潜水挺は海上を走り出したようで,すぐに自分の体は上下左右に潜水艇の壁に激しく叩き付けられました。潜水艇は水中に潜ったようです。自分はすぐにポリ袋の使い用途を知りました。強烈な船酔いで自分の頭と目玉はグルングルン周り出しました。その後自分の胃がまるで雑巾を絞るような感じで絞られるような凄まじい吐き気がやって来ました。

真っ暗な室内で壁に打ち付けられ激しい嘔吐の状態の地獄が数時間続くのです。自分は「これを何も知らない横田めぐみさんが体験していたとなるとその恐怖は生きたまま地獄の底に落とされたようなもので”生き地獄”とはまさにこのとでは?!」と悟りました。自分達はマスコミやインターネットの情報でこのような北朝鮮の多くの蛮行を知っていました。知っていてでさえこのような環境は厳しいのに何も知らずに、このような地獄に落とされれば、その恐怖は察するにあまりあります。

このような凶悪犯罪を国家規模で日本人に行う悪の枢軸国とそれを支持する日本の旧社会党(現、社民党・民主党)ら、更に多くの日本人が拉致されていた中、80年代初頭から北朝鮮に多くの教師を金日成の崇拝とマルクス主義等の研修に行かせていた日教組等の工作機関の責任は相当重罪です。地村さん夫妻も北に拉致されている最中90年代には横田めぐみさんらと家族ぐるみで付き合いがあったと証言しているのです。
その頃日本ではその当時の日弁連(日本弁護士会)会長 土屋 公献(つちや こうけん)は拉致は日本側のデッチアゲで日本は第二次大戦時の償いをするべきだと反日を煽ってごまかしに励んでいた訳です。弁護士といった公平平等と正義感が何よりも必要な立場の者がこれでは話になりません。日本は鬼畜らが自由に犯罪政治活動を行い好き放題デタラメを言えるデタラメ国家であったわけでその鬼畜らの所業は現在も続いているのです。

・・・

潜水艇の地獄が数時間続きました。その後自分が乗った潜水艇はウインチで引っ張られているような音が聞こえて来ました。動きが止まり自分がいる船倉の扉が開きました。出ろと命令された自分はズタボロになりながら狭い船倉から這い出ました。船倉から剥い出た自分は周りを見ると別の船の船倉に居る様でした。自分が乗っていた潜水艇はワイヤーで固定されていました。工作員は自分にタオルと着替え、飲料水等を手渡し「暫く、この船倉で大人しくしていろ」と言いました。「自分をこれから北朝鮮の招待所に連れて行く。」と言うのです。

招待所 聞いた事があるネーミングです。 拉致された日本人の多くがその”招待所”に宿泊していると聞いた事があります。自分は今から横田めぐみさんをはじめ拉致被害者で死亡したとされる原敕晁さんや田口八重子さん増元るみ子さん有本恵子さんが生存している場所に行くのかと内心興奮しました。


数時間後に着いた港には多くの小型潜水艦や駆逐艦等が停泊していました。この後、軍用車両に乗せられ小さな幼稚園ほどの大きさの施設に連行されそこでシャワーを浴びろと言われ着替えを渡されました。


拉致被害者は招待所のゲスト

これに着替えろ!ワイシャツ背広ネクタイを手渡された自分はカタコトの日本語を話せる工作員がキム・ヨルソムだったかキム・ヨンソルだったかという名のその招待所の責任者に引き合わせると言っています。日本のネット右翼の大物として紹介すると言うのです。



実は敵の最大の脅威は ネット右翼

ネット右翼といえばインターネット掲示板やブログを使って愛国的な発言をしたり中国・韓国・北朝鮮に対して不利な事や差別的な発言を書き込む存在として少し前までは小ばかにされていた時期がありましたがそれがインターネットを通じて仲間を集め外で政治活動を行うので徐々に小ばかに出来なくなっていたのです。小ばかにするどころか日本人が敵に対してリアルで反撃するのはこの集合体が主流になっており徐々に脅威になっていたのです。

自分は早くからマークされていたのですが、自分はあそこの人間というのもあり手が出し難い存在であったわけですが今回遂に御用となったのです。自分を拉致した工作員も己の手柄を大きくしたいのか自分よーめんという存在を格上に持ち上げようとしていました。それは拉致されたある頃から自分に対する態度が客を扱う態度に変わって行くのを感じていたのです。

シャワーを浴び着替えた自分は普通の乗用車で連行されました。着いた先は大きな小学校ほどの施設です。大きな広間に通された自分が目にしたのは部屋の奥にある金日成と金正日の巨大な肖像画でした。「何だここは?」途方にくれていると。小柄な男が現れ部屋の壁際にずらっーと並んだ応接セットの一つに座るように言いました。自分に対してカタコトの日本語を使うこの輩は「貴殿は暫くの間この施設で生活をし朝鮮人化教育を受けて貰う」と言うのです。目の前で信じられない事を抜かすこのアホウはここの責任者らしいのですがこのアホウは更に「ハングルをしっかり勉強し覚えればこの施設からも出れるので頑張りなさい」とまで抜かしたのです。

このキチガイの説明はまだ続きます。
説明のほとんどを覚えていないのですが、「午前中はハングルの授業を受け午後から二時間思想教育を受ければ後は何をしていても自由」というのです。「食事は一日3回食堂でとり、図書室や娯楽室、映画館等が自由に使える」というのです。「図書室には君らが好きなインターネットの出来るPCもあり全世界のサイトが検閲無しで閲覧できる」と誇らしげに言ったかと思えば「君らが得意な”カキコミ”は出来ない」と抜かしたのです。何を言ってるんだかこいつ。

輩は応接テーブルの上に自分が寝泊りするという部屋の鍵と教科書のような物を置き差って行きました。本の表紙には気持ちの悪い文字が10ほど並んでいました。それと施設の見取り図です。施設には自由に出入りできる場所と絶対近づいてはいけないという場所が敷地内にあるのです。その場所は○○区域と言われる場所で×のマークが付いています。
○○区域?! 自分はそこが無性に気になりつつ次回につづく。




よーめんにエネルギーをください↓

何かを感じた↓
人気ブログランキングへ

f0091252_16422636.jpg

ペクリョン島近隣には4カ所の北朝鮮海軍基地がある。北側には人民軍西海艦隊司令部がある南浦(ナムポ)沖のビパゴッ基地とチョド基地があり、南側には北朝鮮海軍第8戦隊の母港サゴッ基地とヘジュ基地が布陣している。
参項サイト
http://japanese.joins.com/article/525/128525.html
[PR]
# by youmenipip | 2013-11-28 17:15

拉致されて3 病室での出来事

拉致されて3 病室での出来事

拉致されて3 病室での出来事

(前回からのつづきです)前回↓
 拉致され2 ”日の出”を見る為に
http://youmenipip.exblog.jp/20875122/


自分は大きな総合病院にもう何年も入院しいる母親の所に来ていました。病状の悪化とは裏腹に終止元気そうに振舞う母親に自分は仕事が終わってから、元気を貰う為にいつも来ていました。ある日自分は母親に「お母さん。北朝鮮がまた日本に向けてミサイルを撃つと言っているよ!」と言いました。母親はガっと目を開いて「撃てるもんなら撃ってみろ」と、力強く言いました。横田めぐみさんら日本人拉致事件やミサイル問題の事はテレビで見て知っているはずですし何より自分の強き愛国心はここから来ているのでした。

母親は「日本は甲斐性が無いな~。すぐにでもやっつけに行けばいいのに・・・」と言いました。それが母親の口癖でした。その日はいつも以上に興奮気味に言っていました。

その数日後、深夜に病院から「病状が悪化したのですぐ来てほしい」という連絡を受けました。病室に入ると、もう意識は無く人口呼吸器に繋がれたは母親の息は苦しそうで機械の手助けが無ければ呼吸が止まってしまうというのです。数十分後、脈拍が急激に上がったり下がったりを数度繰り返し徐々に脈拍が無くなって行くのでした。長い間自分にエネルギーを与えてくれた母親は自分の目の前で息をひきとろうとしていたのでした。

「人間いつかは死ぬもの,こういう時が来るのは仕方が無い」と言い聞かせてはみても、たった一人の肉親が居なくなる事は自分が一人になってしまうことで、さすがに耐えられませんでした。前回こういう事があった時は奇跡的に息を吹き返し生還したので今回もそうだろうと安易に考えている自分がいました。しかし今回、看護婦は無情にも「お気の毒です。」と言う言葉と共に合掌をして顔に白い布をかけ去って行きました。

唖然とした自分はこみ上げて来る絶望感と寂しさに打ちのめされました。自分は途方にくれ、そして考えました「これで自分の身に何かあった時、心配したり悲しんだりする身内は一人もいなくなった。自分は好きなように暴れ好きなように死ねる。後悔の無い生き方をしよう」と、考えが纏まって行きました。それは左翼の粛清を意味していました。失う者が無い者、心配する家族が無い者はいかに恐いかお見せしよう。と強く言い聞かせました。


・・・・

車の中で手錠を掛けられ動けなくなった自分はうつらうつらとしながらその時の病室での出来事の夢を見ていたのです。車の動きはガタガタと激しく揺れて来ました”何処を走っているのだろうか?”と、最近ほとんど寝ていなかった自分は急激に襲って来る睡魔と戦いながらうつらうつらとする眠りの中で感じていました。その時、○○!○○!(自分の下の名前)を呼ぶ母親の声が聞こえたような気がしハッとなって起きました。車の外を見ると車は海岸線沿いの草むらの中のデコボコ道を走っているようです。どこに連れて行こうというのだ。

着いたところは数メートルほどの小さな防波堤でした。このまま車ごと海に突き落とそうというのか?そうこうしていると防波堤の海側に大きさが数メートル程度の黒い物体がせり上がって来ました。車一台分位のボート形の半潜水艇です。防波堤では無く漁師さん用の小さな船着場でした。半潜水艇というのは潜水艦とは異なり一見、船のような形をしているのですが水中に浅くですが潜ることが出来るのです。

朝鮮語訛りの強い覆面の輩が車のドアを開け自分に下りろと命令しました。さすがに自動小銃を突きつけられれば従うしかありません。そしてこの船に乗れと命令して来ました。「何だ、これ?あれじゃねえか?!」「横田めぐみさんもこうやって拉致したのだろうか?」その半潜水艇の狭い船内に押し込められた自分は不安よりその後の船酔いに苦しめられたのでした。「何処に連れて行くつもりだ。北朝鮮かいな。」沖で大きな船に乗り換えさせられました。もう奴らは日本語は使っていませんでした。

車から脱走した我々に対して奴らは銃で撃って来た訳ですが。こやつらなら有り得たのです。仲間のワゴン車で逃げた我々はタイヤを撃たれパンクし全員呆気なく捕獲されていたのです。

小泉政権時に九州沖で不審船を追跡する事件がありました。追跡中に不審船は海上保安庁の船を機関銃で撃ったりロッケット砲を撃ったりし、最後自爆しその後船を引き上げれば中から自動小銃やロケット砲等がわんさか出て来ました。船倉にはこの半潜水艇も積んでありました。日本にこの半潜水艇で忍び込み偽札や覚醒剤等の他にそのような武器類も入れていたのです。そして帰りにお土産として日本人を拉致していたのです。

殺すならとっくに殺されているはず、となれば北朝鮮行きか?!同時に拉致された仲間はどうなったのか?

続きは次回で。
次回 いよいよ北朝鮮 横田めぐみさんと対面か?! 

次回;拉致され4 北朝鮮招待所
http://youmenipip.exblog.jp/20981539/


ごほっ、ごほっ、死にそうです。続きを書くエネルギー源をください↓

何かを感じた↓
人気ブログランキングへ


不審船事件動画
http://www.youtube.com/watch?v=CxU_FtAjQx0

半潜水艇 wikiiより
f0091252_735975.jpg

[PR]
# by youmenipip | 2013-11-21 06:36