逃げ回る自衛隊機

逃げ回る自衛隊機
 なっ!
人気ブログランキングへ

米軍介入要請段階突入

日本の戦闘機が中国の戦闘機から逃げ回っていたことが判明

中国の戦闘機が尖閣諸島に領空侵犯を行い日本の航空自衛隊機が格好よくスクランブル発進したまでは良かったが中国の戦闘機が近づくと逆に逃げ回っていた事が判明した↓


下記記事より
>飛行中に50キロ以内の範囲に入る場合もあり、その際には空自戦闘機が遠ざかるように対処している。



日中戦闘機の「接近戦」常態化 尖閣周辺、昨年12月以降
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130207/plc13020701300000-n1.htm
2013.2.7 01:30 (1/2ページ)[日中関係]
>
 中国空軍の戦闘機が昨年12月以降、沖縄県・尖閣諸島周辺などの東シナ海上空で航空自衛隊の戦闘機と「接近戦」を常態化させていることが6日、分かった。中国戦闘機は、戦闘機の射撃管制用レーダーを照射できる50キロの範囲内まで接近したこともあった。空自は、海軍艦艇に続いてレーダー照射を行う恐れがあるとみて警戒を強めている。

 東シナ海上空で中国戦闘機による日本領空への接近飛行が急増したのは昨年12月から。尖閣諸島北方に2種類の戦闘機を展開させた1月10日以降になると、戦闘機の飛行形態も変化、空中警戒管制機AWACSなど自衛隊機のほか、米海軍のP3C哨戒機や空軍のC130輸送機など米軍機も執拗(しつよう)に追尾するようになった。

 中国戦闘機は「J10(殲10)」。日本領空の外側に設けられた防空識別圏に入ってくると、空自那覇基地(沖縄県)のF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対処する。その際に、中国戦闘機の大半は空自戦闘機に約100キロの距離まで接近してきている。

 防衛省幹部は「100キロまでの接近にとどめ、一定の『自制』は働いている」と分析する。

 ただ、飛行中に50キロ以内の範囲に入る場合もあり、その際には空自戦闘機が遠ざかるように対処している。このため、中国戦闘機がさらに距離を詰め挑発をエスカレートさせる可能性もある。

中国戦闘機に対しては米軍も警戒態勢を強め、1月から米空軍のAWACSが東シナ海上空で飛行。空自のAWACS、早期警戒機E2Cとともに中国戦闘機などの早期探知にあたっている。

 中国軍も、空中警戒管制機能を持つ航空機として、大型輸送機IL76を改修した「KJ2000」や輸送機型のY8を基礎にした「KJ200」を保有している。ただ、能力は低いとされており、東シナ海上空での早期探知能力では日米の対処能力のほうが格段に優れ、「戦闘機の挑発にも冷静に対応できる」(防衛省幹部)と指摘される。

>



憲法九条の弊害発生

戦争の出来ない国へ暴力での脅迫始まる



局地戦発生確率100% テロ発生確率100%

その根拠は

中国の狙いは日本を挑発して日本から先に攻撃させるように仕向け 軍事衝突の責任を日本に押し付け国際世論と日本の国内世論を日本不利になるように煽り中国はその解決策を尖閣諸島はもちろん沖縄の中国返還要求を日本に呑ませることにあります。

現在中国は軍幹部、政府幹部への不満から発生した中国国内のデモが多発しておりこれまでに約20万件のデモ・暴動が発生しています。政権を維持したい軍や政府共産党幹部は国内の不満を日本に転化させ日中軍事衝突を中国人のストレス発散の場にしようとしています。

仮に尖閣諸島、沖縄が中国の物にならなくても中国政府は日中戦争と反日政策は中国国内世論の統一に絶大な効果があると読んでいるのです。


流れとしては

1、中国は尖閣諸島領海・領空侵犯で自衛隊をおちょくり、攻撃出来ない日本に対して中国は”逃げ回る日本”というキャッチフレーズを世界に広め日本の品格を貶める

2、日本の工作機関のマスコミが何故か”腰抜けニッポン”等と日本の弱腰対応を批判し自衛隊を煽る。

3、国内世論や何故か左翼らからも自衛隊の威嚇攻撃と自衛攻撃推奨の声が上がる

4、始めは尖閣諸島沖で日中の小競り合いが発生し徐々に沖縄沖での局地戦になる

5、世界的に大問題になる

6、工作機関の沖縄タイムスが「沖縄県知事や沖縄市長が”沖縄県の日本からの独立”を希望している」といったような情報工作活動を頻繁に行う。(現在もだが)

7、沖縄で沖縄独立10万人(捏造数字)集会が行われ世界に配信される。日本の工作機関の朝日、毎日、フジ、NHK,も大々的に宣伝する。

8、世界で同時進行していた日本政府への南京虐殺、従軍慰安婦謝罪要求決議が可決され日本に経済封鎖が行われる。世界で”沖縄は中国領土”という認識が出来る。

9、国内、国外でアルジェリア人質篭城事件のようなテロが頻繁に発生する。海外では日本人への虐めや暴力事件が多発する

10、人の命は地球より重いとして日本政府は国内、国際世論に負け中国の要求を一部受け入れる



日本の底無し沼化

強力で恐ろしいテロや陰湿なジャパンパッシングが世界で猛威を振るい日本企業の海外撤退が始まる

日本よりだったはずの米国までも南京虐殺・慰安婦謝罪決議を可決しているので日本の孤立は決定的になる

石油資源の不足

日本国内にスーパーインフレーションが発生  

倒産、解雇、リストラ、失業率最悪 町に失業者徘徊 自殺者増加 日本人への生活保護打ち切り 餓死者増大 マスコミは問題に触れずバラエテイー番組やK-POP等で国民を明後日の方向に導く

韓国、ロシアが中国有利の尻馬に乗り様々な要求をしてくる

政権はマスコミの力でとっくに民主党に返り咲きしておりミンス議員はあいも変わらず在日外国人からのワイロずくめの日々を堪能 ミンス議員のありとあらゆるトンデモ問題が発覚するがマスコミは国民の目からすべて隠蔽


等など・・・


これが日本の近い未来です。

これでも貴方はまだそこでそうやっておられるのか?




ではどする?


方法はアレしかないがそれの前に最後の手段がまだ一つだけある




今回の記事に何かを感じた方↓
人気ブログランキングへ


米軍介入要請段階突入しております

因みに”一切合財”すべてを米軍に丸投げするという方法もあります(苦笑)
[PR]
by youmenipip | 2013-02-10 12:37
<< ブラック企業批判は名誉毀損か? 中露は領空侵犯マスコミは日本の責任に >>