日本人2人棺桶に入って帰って来た

日本人2人棺桶に入って帰って来た。
人気ブログランキングへ

米領グアムの無差別殺傷事件で犠牲になった2遺体が成田空港に到着し、コンテナに一礼する空港職員=15日夕産経ニュースより
f0091252_6153678.jpg

2遺体と家族が帰
2013.2.15 19:03
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130215/crm13021519030016-n1.htm

米領グアムの無差別殺傷事件で犠牲になった杉山利恵さん(28)と祖母の上原和子さん(81)=いずれも栃木県栃木市=の遺体と遺族を乗せた民間航空機が15日夜、成田空港に到着した。

 顔を負傷した杉山さんの8カ月と3歳の娘も退院。家族らは同日午後、被害者が運び込まれたグアムの病院を出ると、一般乗客とは別に帰国便に乗り込んだ。

 杉山さんと上原さんは杉山さんの弟の結婚式に出席するため親類ら約20人とグアムを訪れ、12日夜、タモン地区の繁華街で事件に巻き込まれた。14日に予定されていた結婚式は中止となった。

 現地検察当局の報告書などによると、殺人などの容疑で逮捕されたチャド・ライアン・デソト容疑者(21)は、横田仁志さん(51)=茨城県潮来市、14日死亡=ら6人を車ではね、コンビニのある建物に突っ込んだ後、車を降りて8人をナイフで刺したとされる。日本人は計3人が死亡、10人がけがをした。杉山さんは夫と共に2人の娘を守ろうとして、デソト容疑者に5回刺され、死亡した。


 
先週は9人の日本人の遺体が棺に入って帰って来たばかり
f0091252_7582353.jpg

日本人が棺に入って帰って来たが
http://youmenipip.exblog.jp/18423792


シー・シェパードにまた乗り込まれる

反捕鯨支持者が日本の捕鯨監視船に乗り込む 豪州沖 シー・シェパード「拘束」主張、海保は否定
2012.1.8 11:45 [捕鯨]
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120108/crm12010811460004-n1.htm

水産庁は8日、豪州南西部バンベリー港から約40キロの沖合で、オーストラリア人を名乗る男3人が日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に乗り込んだと発表した。日本の乗組員、船体に被害はないという。

 同庁によると、日本時間8日午前5時40分ごろ、第2昭南丸にゴムボート1隻が急接近。男3人が同船に乗り込んできた。同船内で、男らの事情聴取を行っている。

 米反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)は同日、ホームページ上で、同団体を支持する環境保護団体「フォレスト・レスキュー」所属のオーストラリア人3人が同船に乗り込んだと発表している。シー・シェパード側は「拘束された」と主張しているが、海保は「そうした段階には至っていない」としている。

 同船には妨害活動に備えて複数の海上保安官が乗り込んでいる。




本来捕まえるべき相手の方から日本の船舶に乗り込んで来る始末

異常なほど舐められている日本人

先日、”逃げ回る自衛隊機と”いう記事を上げました。中国機が日本の領空を侵犯したので日本の自衛隊機が格好良くスクランブル発進したまでは良かったが中国機に近づくと自衛隊機の方が非難行動を取って遠ざかっていたという不思議な現実です。理由は攻撃されないようにです。(笑)

逃げ回る自衛隊機
http://youmenipip.exblog.jp/18581839


今回は代表が国際指名手配されている米反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の活動家が逮捕されないように日本の海保からら逃げ回るのでは無く拘束してくれと言って日本の船舶に乗り込んで来るという不思議な現実です。


これは日本人の”紳士的”というのを履き違えて来た日本の穏健派保守の顛末です。日本の船舶に乗り込んでも絶対安全だからです。

舐められ小突かれバカにされ最後殺される。「日本人は”殺”される運命にある。」という新用語を作ったのは日本の三代穏健派と言われる、「綺麗事保守、温厚派保守、穏健派保守の三大穏健派精力」の愚かな思想のせいです。


解決策は
「シー・シェパード」(SS)が日本の捕鯨監視船に乗り込んだら半殺しにして謝罪させ最後は海に捨てる。それをネットで永久に晒す。」

このやり方を批難する人、その人が日本人を殺される標的にした人です。貴方か?

読者の中には「たしかに今にして思えば綺麗事を言って立ち上がろうとしていた日本人の頭を押さえていた穏健派保守も悪いが元もとの左翼は我々以上に悪いのでは無いか?!」と思う人もいましょうが。工作員とそれに釣られるキチガイを悪いと言っても仕方が無いのです。工作員は母国の為にやっているしキチガイは病気なので罪を償えないのです。悪いのはやはり物事の正しい間違いを知っていた保守派なのです。



シー・シェパードはロシアの捕鯨船もカナダの捕鯨船も韓国の捕鯨船も襲わない。それは過去に半殺しにされ海に放り捨てられたからです。

彼らシー・シェパードも腰抜けと思われたく無いのでたまに形だけ日本以外の捕鯨船舶に抗議するがやはり形だけです。日本では和歌山県太地町にシー・シェパードのメンバーが居座って嫌がらせをしている。それ以外も定期的に観光バスが外国人を乗せて太地町に来てシー・シェパードの応援をして行く。

これがもうすでに異常な光景です。逆に日本人が外国でそんなことが出来ない。殺されても文句を言えない。しかし彼らシー・シェパード(テロリスト)は日本で観光気分で嫌がらせを出きる。誰からも半殺しにされない。誰もしない。警察に守られながら日本の漁師さんに嫌がらせを出きる。


日本では嫌がらせをする権利があるようで地元警察は彼らを保護しながら自由にやらせている。履き違えた自由です。臭いという次元に到達している。

最近になってようやく逮捕してみればテロリストを無罪にする裁判官がおいでる。どこをどう見てもシー・シェパードが悪いのに有罪に出来ない。変なところで敵に有利な解釈をする。日本の司法はどこか狂っている?


数年前。長野で北京オリンピック聖火リレーがあった時もアレだけの暴動があったにも関わらず。逮捕されたのは中国人以外の三人。人の国に留学に来て日本政府からお毎月20万円の生活費を貰い日本人を殴る。何様のつもりなのか?

f0091252_724449.jpg



何かが狂っている!








今回の記事に何かを感じた方↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2013-02-16 07:34
<< 河野を死刑に出きるような法案の設立を グアムで邦人襲撃,羊はやはり殺... >>