暴力の性質 体罰問題について

暴力の性質 体罰問題について

学校の場合と最近は日本柔道女子のような社会人のスポーツ部の場合とで体罰の問題がいろいろ湧いているようですが。自分とすれば一つです。上に立つ立場を利用して弱い立場の者に対して暴力を振るう行為はすべての場合において重罪です。

暴力の性質 体罰とは?

何十年経っても無くならない恨み

自分は中学生時代に教師にほっぺをつねられ手に油性マジックで×を付けられた事があるのですが、たったこれだけの行為でも現時点でその教師に対しての恨みは「金属バットで顔面殴打という報復意識」が強くあります。まずイスにその教師を座らせ体を縛り動けないようにしてからバッテイングセンターでホームランを狙うほどのフルスイングで顔面をクリーンヒットするわけです。目も鼻も砕け口はザクザクに切れ前歯は全部砕け飛ぶのです。大変な重症か重体になるでしょう。因みにその教師は若い女教師です。相手が女であれ男であれ関係ないのです。これが暴力を降るわれた者の怨念です。つまり暴力とはこういう性質のものなのです。これだと例え部活で優勝する教師でもダメでしょうし優勝はありえないです。

”ほっぺをつねる”というたったこれだけでもそれから30年以上経つ現時点でこのような強い恨みを抱きその恨みは無くならない。

こういう人間を作ってしまっては
これでは教育もクソもヘッタクレも無かろう?!大阪の高校で体罰を苦に自殺した生徒の事件でその体罰教師を庇い援護する卒業生、OBがいらっしゃるようですが。そのようなおっちょこらの心理は後で暴きますが暴力を受けた本人はその教師をイスに括り付け身動きできないようにうしてから金属バットで顔面フルスイングというほどの強い恨みを何十年も持っているわけなので体罰援護等と誠にお目出度くお話にならないのです。


追伸

>どんな理由でほっぺをつねられたのですか?

よくぞ聞いてくれました。

親が自分の真後ろで見ている授業参観中に担任教師が宿題のチエックを行い出して自分がその宿題を書くのを忘れていたとして自分の母親の目の前で陰湿に嫌味を言われながらほっぺをつねられ油性マジックで手に×を付けられたのです。(自分はまあまあ目を付けられている生徒でしたが)

自分は後日自分の母親に「何故問題にしなかったのか?」と聞きましたら「そんなつまらないこと忘れた」と言っていました。「中学に入って始めての担任教師の英語の授業を興味津津で見に来て沢山の親が見ている前で自分の子が恥をかかされて忘れるわけが無い」たぶんみんな凍り付いたでしょうし。自分が親なら大変です。





暴力教師を援護する卒業生OBの心理は

不思議なもので暴力教師を庇う者がいますがその心理を紹介します。3つあります。たぶんズボシでしょう。


1、精神侵略 パペット状態

ムチで打たれ続けられたオマエはいつしか従順な奴隷と化し身も心もムチを打つ者に従い服従し操り人形と化してしまったある種SとMの関係に似た精神状態が出てしまった状態。故に女王様を援護するのです。いわばマインドコントロール化のような状態。精神を捕まれた者。


2、自分も過去や現在において暴力を降るっている体罰者 加害者

体罰教師は今後理由の如何を問わず罰しられるとすれば現在や過去に体罰の経験があれば自分も危ないと考える。「体罰は人間を強くする」だのとブザマな言い訳が必要。

体罰教師と一緒に下級生を殴っていたオマエ!一般人の目を誤魔化すことが出来てもこのよーめん様の目は誤魔化せられない。牢獄に入り罪を償え。


3、自分の家族が体罰教師

体罰教師の身内、例えば母親や女房ならたとえどんなアホな息子やダンナでも庇うでしょう。だから卒業生やOBに成りすましてコメントを書かねばならない。だがちょっと待て。暴力を振るわれた者は半永久的にオマエの大事な家族を顔面金属バットで殺そうとしている。一刻も早くざんげさせなさい。

_______


以上が体罰教師を援護する者の心理です。綺麗事でオブラートをかけそこらのおっちょこの目を一瞬だけ誤魔化せてもオマエラの愚かな言い訳はいずれバレる。同罪だ。牢屋に入れ。




「体罰はあるがチームを何度も優勝に導いた優秀な監督だった」
は本当か?


そのような見苦しい屁理屈は

「体罰が無くてもチームを何度も優勝に導く優秀な監督」
が現れた時点で体罰援護の屁理屈は破壊するのだよ




体罰とは無縁な優秀な監督は現在も大勢いるでしょう!

そうなるとオマエらの愚かな言い訳は上の三つのうちの1、2、3、のどれかになるのだ。おまえらはブザマで愚かな人間の膿だ。



体罰監督を援護する心理 分かった人は↓


今回の記事に何かを感じた方↓
人気ブログランキングへ


体罰教師や監督にはムチ打ちの刑がよろし
[PR]
by youmenipip | 2013-03-15 06:57
<< ヘイトと反日どちらが悪いか? 悪の枢軸と仲良しだった人達 >>