毎日に徹底して電突して分ったこと

鬼畜左翼マスコミとはよく言ったもんだ!

最有力攻撃対象場所 鬼畜左翼政治結社 毎日新聞
f0091252_22472015.jpg
昨日一日でたぶん1万5千件以上ランキング応援クリックがあったのではないでしょうか?!たしかその前の日の週間INが35000位だったと思うのでそれがその日の深夜12時のカウンター更新直前数字が50000を超えていましたのです。これは以前富田メモ「日経バレちゃったね!」でお祭り騒ぎなった時に次ぐ件数です。


よーめんは、今日も電突をしていました。昨日もその前も、その前の前もしてました。

応援クリックは本当にエネルギー源の一つなのです。ありがとうございました。嬉し泣きです。


過剰に在日を援護する体質

さて、最近は毎日新聞の在日記者の件で電話してるけど、電話に出たほとんどの毎日社員は自分(俺)の言葉の「在日記者のバク****」という”在日”という単語に反応していました。昨日の佐賀支局長も含めて何人かの人間は過剰に俺の在日とか在日朝鮮人という単語に警戒していました。

しかし、我々は在日差別をしているのではなく!このバクなる輩がたまたま在日だっただけで、日本人が乱暴な言葉で天皇を愚弄したとしても同じなんだ!いや日本人があのような乱暴な言葉で天皇を愚弄すればもっと大きな社会問題になっていたかもしれない。

いずれにせよ、電話して分ったのが過剰に在日を援護する体質であると言うのが分りました。支局長は自分(俺)が電話で「在日記者の・・・」と言っただけで一分ほど何やら話し始めたくらいです。しかし彼が在日であることはたしかなので、それを口に出せないと言うそんな馬鹿げたことでは困るのです。彼は日本人の名前を使わずあえて朝鮮名を使うにはそれなりの拘りがあるのであって在日であることをアピールしていると思っていいでしょう。

それを毎日新聞は「在日・朝鮮人」という言葉に過剰に反応していることから推測して、この社はそれが日本人への逆差別攻撃の格好の攻撃材料になっているのでは無いのか?という臭いを感じました。いわゆる香ばしい香り!って奴です。

そしてその過剰とも言える毎日新聞の在日援護政策が、あのようなバクなる輩を作り出したのです。まさに出るべくして出た、生まれるべくして生まれた人間!起きるべくして起きた事件!と言えましょう!全責任はやはり毎日新聞社そのものにある。

また今回 気になったのが、そのバクなる輩は部落解放同盟で講師をしているとは何事なのか?また天皇記念館反対運動もしているという?! つまりこのバクは極右さんも言っているように新聞記者として記者会見場で質問しているのでは無く政治運動の活動家として政治活動をしているのだ!これは自分の推測では無くあの何種類かある動画を見て頂ければ分る。

バクは、毎日新聞記者と称して県知事を攻撃し天皇批判をしたり国籍条項撤廃を主張したりしていたのだ!そしてこのような常識を逸脱した政治活動を記者会見の場で行うのを野放しにしていた毎日新聞の鬼畜さは許されるものでは無い!あのような常軌を逸した行為が今の今までこの日本でまかり通っていたという現実こそが恐れるべきことであり、この日本は危険信号点滅状態なのだ!

良識のある日本人は迷わず立ち上がり!良識のある左翼諸君らは早く目を覚まして頂きたい!真にお願いしたい。この日本を何とかしてほしい。



ランキング投票を!投票数字が増えると嬉しくなって、何かするかもしれません。
↓↓↓
人気blogランキングへ
☆ランキング票数のアップに協力ください!
[PR]
by youmenipip | 2006-11-03 02:41 | 鬼畜左翼偏向報道問題
<< 水島社長も怒る(毎日新聞の件) 支局長に電突 繋がりました!(... >>