2006年 05月 08日 ( 1 )

優良フラッシュ動画 紹介 [1](要ブックマーク)

他の掲示板などからここへ飛んで来られた方へ!ページ一番上の↑「この国は・・」のプログタイトルをクリックすると最新の更新ページに飛べます

優良フラッシュ&製作者紹介
まずは、これらの素晴らしいフラッシュを作られた方々に最大の敬意と感謝の気持ちを日本国民を代表して表明します。

ここで紹介するほとんどのフラッシュの使用も快く承諾されました。有り難うございました。
また製作者が分からなかったものや連絡の取れなかったものがあります。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご一報下さい。

ではお楽しみ下さい。

回天特別攻撃隊フラッシュ
解説
バックに使用されている歌♪が、あの名作フラッシュ「真実はどこに・・・」と同じ「森山直太郎」さんの”さくら”が使用されているので、一瞬アッ!と思ったのですが、これはこれでバシッとハマっています。先日靖国神社に行った時、その隣の遊就館で「全国の護国神社展」というのをやっていて動画の後半で紹介されるフミちゃんへの遺書が展示してあると聞いていたので見てきましたら、今西少尉が父と妹フミちゃんに書いた遺書の本物が展示してありました。フラッシュ動画では流れが速くて読み取れない部分もしっかり読み取れました。(落ちました)皆さんもぜひ見てきてください。
製作;日本の終わりなき旅路

極東国際軍事裁判再審請求フラッシュ
いわゆる東京裁判です。ここでは戦勝国による一方的な国際法を無視したプロバガンダ報復処刑裁判が行われたようです。というのは裁判終了後から今現在に至るまで戦勝国側から「あの裁判は明らかに違法だ!」と言った声が出てきたのです。このような事は本来日本側が言うぺきことなのですが、戦争相手国から出てくるのはどういうことでしよう。
製作;極東情報網録 the Far East News Net blog


red sky
かつて東京上空を身を持って守った若者達がいた。飛来する敵の大型爆撃機B29に対して体当たり特攻をした若者達がいたのだ。
製作;猫背共同組合


アナタヲ守リタイカラ
普段はまるで厄介者でも見るような目でみられ、いざ災害が発生すると『自衛隊は何をやっとるんじゃぁ?!』と怒鳴られる。昨年の新潟地震の時も経費不足で食うものも食わず働いていた隊員もいたという。
製作;猫背共同組合

だからこそ守るべきものがある
数少ない「東シナ海油田問題のフラッシュ」です。一昨年、中共の原潜が日本の領海・尖閣諸島周辺海域をのうのうと斜め横断したそうな。それに危機感を感じた沖縄の勇士議員達が国に自衛隊の空軍基地の尖閣諸島への招致をしたところ沖縄県知事ら平和論者らに猛反対にあい。白紙にさせられたそうな。。下記の島唄のフラッシュを見たら気持ちは分かるのですが、それとこれとは別では無いでしょうか?!竹島のように占領されてからでは遅いのですが・・・
製作;猫背共同組合

桜花(反日の構図)
TBS筑紫哲也、テレ朝、朝日新聞・NHK左派等の反日世論誘導、印象操作、といった情報テロはすでに国家反逆罪・国家騒乱罪・国家転覆罪レベルにまで到達している。それじゃ~、破防法を反対するのも(オームの時)うなづける!そういう反日情報テロがいつまで許されるのか?まずオームを援護する企業がまかり通っていること自体がおかしい。
製作;猫背共同組合


島唄フラッシュ(ネットでみつけた感動系フラッシュ置き場)
ただただ涙がでます。感動系フラッシュ投票では下記の”真実はどこに・・・”と共に常に上位に入る名作です。バックに流れている島唄の歌詞とも微妙にミックスしていて言うことなしです。まずは黙ってご覧下さい。
製作;春を思えば

真実はどこに・・・
最後はコレを紹介するしかないでしょうね。
この名作フラッシュ”真実はどこに・・・・”を製作されたのは一体どこのどなた様でしょうか?
後半、動画が、終わったと思いきや、そこから真実に向けての本当の話が始まるところがいい。

おまけ
横田めぐみ映画紹介(動画5分位)(*/□\*)うわぁ~ん

横田めぐみさんを帰せ

★追加★

Project P Presents
制作;ProjectP
個人的に知っている人です。「靖国の桜」「NHKは荒川選手に酷いことしたよね(´・ω・`) 」「ウルトラマンガタロウ」等の人気フラッシュを作っている。除いてみよう!(^^ヘ)



おっし、、 独断でこれものせてやる
音速雷撃隊 桜花
海軍航空技術廠 特別攻撃機「桜花」
その頭部に1200キロの炸薬を抱え、ロケット推進により体当たり攻撃を敢行する文字通り「人間ミサイル」。航続距離が極端に短いために、一式陸攻を母機として敵機動部隊に接近し、切り離され突入した。散る桜のごとく、出撃すれば二度と戻らない狂気の兵器。

大戦末期、制空権は連合国にあり、母機もろとも撃墜されめぼしい戦火を上げることはなかった。桜花搭乗員野上少尉の母機も撃ち落されるが、母機機長の計らいで生還を果たすことになる。しかし次の出撃が翌日に決まっていた。新しい母機の搭乗員たちと酒を酌み交わす野上。その残された短い時間を惜しむかのように琴の音が聞こえていた。

1945年8月6日早暁、出撃。
そしてこの日、米国もまた狂気の兵器で自らの手を血で染めることになるのだった。


 この動画は アニメ 「ザ・コックピット」の中にある三話中の一本の「音速雷撃隊 桜花」 の宣伝用ビデオなのかな?原作アニメを見ていない人は古いビデオレンタル店にまだあるかもしれません。
ぜひご覧になってほしい作品!

このブログ”\^o^/ ”と思ったら!
人気blogランキングへ
                                コメントもよろしく↓
[PR]
by youmenipip | 2006-05-08 15:41 | 感動動画・フラッシュ保管庫