人気ブログランキング |

2009年 10月 05日 ( 2 )

子供のリンチ殺人はなぜ起きる

子供のリンチ殺人はなぜ起きる

人気ブログランキングへ

・・・・引用(産経)・・・・・
中2重体、同じ中学の3年生を逮捕 「ほかにも数人いた」供述
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/091005/crm0910051116005-n1.htm
同じ学校の生徒を暴行し、意識不明の重体にさせたとして兵庫県警伊丹署は5日、傷害容疑で伊丹市立中学校3年の男子生徒(15)を逮捕した。同署の調べに対し、「悪口を言われたと思い、殴った」などと容疑を認めている。また、「現場にはほかに数人いた」とも供述しており、同署はこの数人からも事情を聴いている。

・・・・・・引用終了・・・・




今、日本人に何が起きているか?


人間が卑怯になって来ている。その原因は?!

たしかに、自分達の小中高の時は子供のリンチ殺人なんて聞かない。”番長”とかいうやつはいたけどみんなでよってたかって”殺す”ということは無かった。喧嘩も相手が個人の場合は一対一で行い。集団の時は乱闘もあったかもしれない。が誰かが死ぬまではやらない。見た目で”勝て”ばいいだけなのだ。

集団でリンチする。というのは人間が卑怯になって来ているのか?卑怯な人間が増えるのは良くない。「卑怯者は左翼思想へと繋がる」ということは以前から述べていることですが。日本の将来にとって面白くない。

そもそも相手が死んでも構わないと考える時は相手に対して相当強い恨みが無いとあり得ない。殺すほどの恨みだったのか?そうではなかろう。集団なのでついついエスカレートして気づいてみたら死んでいたのか?でも昔は集団でもエスカレートして殺すということはなかった。なぜ今だけあるのか?殺すほどの問題では無いと考える事が出来ないのか?



前回のエントリーでは優良アニメを子供に見せ極右軍事青年に育てようと言っていましたが。

極端な話

中学生が宇宙戦艦ヤマトのプラモデルに夢中になっているとこんな事件などはあり得ない。まさに自分達の子供の頃はそういう時代でした。(子供らしいという時代です。)自分の学生の頃は部活動少年だったのでプラモデルは卒業していましたが、ほんとそういうことなのです。



で本題ですが。やはり子供の頃の環境が重要なのです。


風の谷のナウシカ、千と千尋の神隠しの著者 宮崎駿氏が最近の子供たちのリンチ殺人事件について語っていましたが、「そういう事件が起きるようになったのは私達大人にも責任がある。良いアニメを作ってそういうことを無くして行きたい。」と言っていました。


f0091252_1839139.jpg

未来少年コナンに登場するギガント この頃のアニメには夢があった。



卑怯!

自分がこの卑怯・卑怯者という言葉を聞くようになったのは最近なのです。卑怯者からよく聞かされました。卑怯者らはいつも自分がそうではないかとオロオロしているのでついついこの言葉が口から出てしまうのです。

”貴方は卑怯だ!”と言われたときはさすがにキョトンとしてしまいました。自分は卑怯ではないので何のことなのかが分からなかったのです。また卑怯という言葉そのものも何十年間も使った事も聞いた事も思った事も無かったので尚更です。よーめんの三年間のブログでの主張を見ていて卑怯なものは感じなかったはずです。

卑怯者らは先にそれを言っておき相手に言わせないようにしたいのです。まさに卑怯者!

口から吐く言葉の全てが無様で醜い。

ザイニチーーーーーーーー!


卑怯者は左翼思想へと繋がるとは?

卑怯者が国の為に命を懸けて戦うと思いますか?

沖縄の知事が「自衛隊は人を殺す訓練をしている。だから自衛隊は良くない」と抜かしました。左翼がよく使う論調です。人を殺すことはいいことか悪いことか?悪いことなので。自衛隊は悪い人達だ!という論調です。このような愚かな論調に引っかかる人間がいると知っているのでそのような事を言うのです。このような論調は大変卑怯な言い分です。

また数年前の東京都知事選で前宮城県知事・浅野史郎氏は仙台市で韓国など近隣諸国との関係についてf0091252_19371710.jpg「近くの国の悪口を言うのは良くない」と発言しました。中国や韓国の矛盾を突くことを悪口という言い方をして日本人が中国韓国を非難する事を道徳的に悪い事だという印象操作をしました。


印象操作

中韓が日本を批判すると悪口では無いが、日本人が中韓の矛盾を追及する事を”悪口”と言い日本人が中韓に逆らえないような精神状態を作ろうとする。卑怯者の見本のようなゲスだ。




また下記の動画でも卑怯者が卑怯な言葉を口から吐き出しています。

”殺されても殺すな!”と言っている?!

国防なんて日本には不要座談会←日本を滅ぼしたいんですか

http://www.youtube.com/watch?v=pBra6bd_xfQ&feature=related

キチガイ氏ねって感じでしょう!

この”殺されても殺すな!”と言っているコヤツは誰こいつ?いっぺん目の前で家族を虐殺されれば気づくのかな?!


”朝日ニュースター”というとチャンネルは愛川欣也が出て来てキチガイ左翼じみだことをよく抜かしているチャンネルです。スカパーやケーブルTVで見る特殊なチャンネルですがスカパーやケーブルTVに加入すると見たくも無いのにチャンネルセットにひょっこりと入っていたりして国民が知らないうちにキチガイ左翼思想電波を食らうようになっているのです。



左翼思想はキチガイ思想

卑怯者は左翼思想へと繋がる


一番上で言いました。人間が卑怯になって来ている。その原因は?!

左翼思想の日本人の体質化にあります。すなわち”性格左翼化現象”というやつです。

子供の教育の一番の課題は

左翼思想の徹底排除にあります。




国が国家ぐるみで嘘を付くから韓国国民も嘘つきになったように。卑怯者の大人の下では子供も卑怯者になるのは当たり前だ!危うし日本人!

韓国の偽証罪は日本の671倍
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/3250/noriasa/k2.htm



よーめんを支持するって方は
人気blogランキングへ


今回のコピペ例 

子供のリンチ殺人はなぜ起きる
http://youmenipip.exblog.jp/12067343/
参考
性格が弱いと左翼思想に走りやすい!
http://youmenipip.exblog.jp/10067673/
卑怯者は左翼思想に走る!
http://youmenipip.exblog.jp/10085203/
日本人の性格左翼化現象 男性のお釜化現象
http://youmenipip.exblog.jp/8238874/


>>>>>>>>>>>>>>>>>


お知らせ1


抗議・街宣

<訪韓・訪中に国民は訴える!“鳩山談話”の絶対阻止!!>
シナ・朝鮮人に警告!
   <参政権を口にする前に尖閣諸島への侵略を止めろ!竹島を返せ 対馬への
侵略をやめろ!>

日時:平成21年10月8日(木) 11:30集合・開始
場所:民主党前
※雨天決行 プラカードの持参歓迎
※連絡:西村(090-2756-8794)有門大輔(090-4439-6570)
呼び掛け:主権回復を目指す会/せと弘幸Blog『日本よ何処へ』/在日特権を許
さない市民の会/
NPO外国人犯罪追放運動/外国人参政権に反対する会・東京

◆下記の予定で民主党・鳩山党首が訪中する。党首としてではなく総理大臣として、国益を担っての訪韓、訪中である。しかしながら、抽象的な友好を語るだけで、その訪問する目的が何ら明らかにされていない。
◆このまま放置すれば、外国人参政権への理解を示し且つ竹島、尖閣諸島など我が国固有の領土への侵略を認めかねない。しかも最も懸念されるのは“鳩山談話”であるが、慰安婦問題などで金銭を含めた賠償責任を恒久化するものである。
◆<『語る』運動から『行動する』運動へ>の責任において、訪韓・訪中の前日の8日、民主党本部前で“鳩山談話”の絶対阻止!!を訴えましょう。
◆参考
【鳩山由紀夫首相が来月9日に訪韓し、李明博大統領と首脳会談を行う。アジア訪問国として訪韓し、日韓関係重視の姿勢を示す狙いとみられる。さらに、鳩山首相は10日に訪中、北京で日中韓首脳会談をおこなう】毎日新聞



お知らせ2


10・10外国人参政権断固反対!大阪デモ
特定外国人の地方自治乗っ取りを許さないぞ!
憲法違反の外国人参政権を認めないぞ!

【最新情報】10月5日/生中継URL追加
【内容】
①集会(デモ集合場所にて)
②外国人参政権断固反対!大阪デモ
③集会(デモ終着点にて)
【日時】
平成21年10月10日(土)14:00~16:30
①14:00~15:00
②15:00デモ出発 16:00デモ終了予定
③16:00~16:30
【集合場所】
①「新町北公園」大阪市西区新町北公園1-14-15
http://ekoen.jp/osaka/c%C2%E7%BA%E5%BB%D4%C0%BE%B6%E8/d6867/

詳しくは
http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=273



みんなに知らせよう!
人気blogランキングへ
by youmenipip | 2009-10-05 18:53 | 今、日本人に何が・・・?

極右軍事少年育成アニメが実写化

極右軍事少年育成アニメ宇宙戦艦ヤマトが実写版になり
              よーめんの元に返って来る!


人気ブログランキングへ

こういった優良アニメを子供に見せると将来「日本は一党単独極右軍事政権であるべきだ!」とか「銃を持ってクーデターをしよう!」とか言い出す。かなり熱い人間を作ります。そんなアニメが実写版として製作が開始された。



・・・・・引用開始(朝日新聞)・・・・

キムタク古代進、メイサ森雪でヤマト発進2009年10月3日
f0091252_2212315.jpg
 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が実写映画として製作され、木村拓哉(36)が主人公古代進を演じることが2日、発表された。ヒロインに沢尻エリカ(23)が内定していたが、所属事務所の契約解除問題で白紙になる波乱もあったが、逆境こそヤマトの出番。森雪役に黒木メイサ(21)を迎え、製作費20億円以上の壮大なスケールで出航する。題名は「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(山崎貴監督)。東宝系で来年12月公開。

 「ヤマト」が初めて実写化される。物語は74年に放送開始したアニメシリーズ全26話がベース。放射能に汚染された地球を救おうとイスカンダル星へ旅立つ宇宙戦艦ヤマトの旅を描く。

 古代進はアニメでは18歳。山崎監督は「きつい戦いが続くヤマトで木村くんなら何とかしてくれるのでは、とリアリティーを持って説得力がある。設定的にも人気、実力を持つ人物として、彼以外にいない」と実写版のリーダーとしても期待を寄せる。沖田艦長を山崎努が演じるほか、西田敏行、堤真一ら主演級俳優が顔をそろえる。

(後略)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK200910030026.html

・・・・・引用終了・・・・・



宇宙戦艦ヤマトというと

ヨーロッパではすでに神格化している松本零士先生の代表作で、後によーめんという日本でクーデターを行い日本に極右軍事政権を樹立させる事になる救世主を世に送り出すに至ったアニメです。(笑)


このアニメで特に印象深かったのが、さらば宇宙戦艦ヤマトで仲間の一人が古代進を逃がす為に行った自爆攻撃とヤマトの特攻シーンです。最後のシーンのヤマトの戦艦特攻のシーンは自分の命と引き換えに宇宙を救うというもの凄く大きな宇宙愛というものに子供心にも感動で打ちのめされました。


子供の頃の人格形成の重要なある時期に良い映画を見ることは重要なことです。



宇宙戦艦ヤマトの他に子供を将来極右軍事青年にするアニメは


キャプテンハーロック

クイーンエメラルダス

銀河鉄道999

戦場アニメシリーズ コックピット




朝鮮人が妬む 僻む 日本の特攻シーン

キュプテンハーロックは戦う男というものを徹底して美化しています。男は決闘を避けない。死ぬことを恐れない。宇宙の戦いの中に日本人が忘れているサムライの精神が入っています。日本の大和魂とか。これがヨーロッパで受けるというのも不思議ですが、戦う男の精神というのはどこの国でも同じなのでしょう。


結局 特攻という精神はサムライの精神が入っているのです。ゆえに欧米人はなかなか出来ないでしょう。それが簡単に出来る日本人は不思議に思ったでしょう。それはサムライの精神があるからです。


死ぬ事を恐れない精神を子供に刷り込むアニメは どれほどgoodな教育か?!


このようなアニメは日本人の中立化に重要です。


銀河鉄道999
メルヘンなのですが所々にハーロックが現れ主人公星野哲郎を助けたり励ましたりする渋いセリフを言い残して去って行く。髪の長いスラリとした長身の女性を好む男になったりもする(笑)



よーめんの起源
http://youmenipip.exblog.jp/10197170/


同じ物を見て左翼になるアホもいる。

何処かのブサヨ鮮人が”ヤマトは平和主義の映画”だと言っている人もいました。ヤマトの言いたいのは平和だ。戦争ではないとして戦争の悲惨さを訴え日本が二度と戦争をしないが為のものなのだ。と言っていた人達がいました。

しかし松本零士先生は戦争や特攻を美化しています。愛国心が芽生えます。



ところで
日本が物資豊富な国であれば100%勝利していました。

あの戦争で日本が勝利していると。

チベット問題も東トルキスタン問題もありません。中国に勝手なことをさせません。そればかりか世界に平和が訪れます。北朝鮮の数百万人の餓死者は出ません。朝鮮半島は分裂せず日本のような近代国家になり国民は幸福になります。


今からでも遅くない日本が超軍事大国であるならば世界に平和が訪れる。



その為には子供に愛国アニメを見せよう!

よーめんを支持するって方は
人気blogランキングへ
by youmenipip | 2009-10-05 03:35 | 極右軍事政権を作ろう!