2013年 03月 23日 ( 1 )

ヘイト禁止は人権擁護法案と同じ

ヘイト禁止は人権擁護法案と同じ


先日、3月14日(木) 参議院議員会館講堂(1階)にて「排外・人種侮蔑デモに抗議する国会内抗議集会」というのがあり動画が上がっていましので見ましたところ、右派系の政治的な抗議をヘイトと位置付け法令で禁止するべきだという趣旨の集会です。この集会の内容をよく聞いていると左翼在日の気に入らない抗議行動をヘイトとして位置付け法令で禁止することはイコールあの悪法の人権擁護法案と同じになると気付きました。

http://www.youtube.com/watch?v=kwAX_dRcPQg&nofeather=True

人権擁護法案
被害者と称した人が「人権を侵害された」と人権委員会に被害届けを出すだけで加害者とされた人は一方的に礼状無しでの家宅捜査、証拠物の押収、拒否した場合は氏名の公表と罰金が与えられる。この法案の一番の問題は人権委員会と称した裁判官のような人達が同和関係者と在日朝鮮韓国人で構成されていることにあります。それによりこの法案は彼らの攻撃の武器と化す可能性があり彼らへの批判はもちろん彼らにとって気に入らない人物がこの法案により弾圧される可能性があるわけです。


そもそも
あれはヘイトか?

朝鮮人を叩き出せ!はヘイトか?
もし自分(よーめんが)外国で「日本人を叩き出せ!」と言われたとしたらヘイトになるかどうかで考えれば分かります。*ヘイトとは人種、国籍、肌の色や性別で憎悪を込めて差別すること。


外国で現地の現地人が「日本人を殺せ日本人を叩き出せ!」というデモが行われているとすれば。自分はどう思うか?を考えてみてください。

まず始めに思うのは「そこに居た日本人はこの国で一体何をしたんだ?」と思うでしょう。そして調べると「戦後に片付いているはずの戦前戦時中の問題を戦後何十年も引き合いに出してその国を攻撃している。」ことが分かった。あげく「その国の国旗や国歌を反対しその国の教科書に戦前戦時中の植民地時代の謝罪の文面を入れろ」といっており。マスコミに侵入しているのか「マスメデアでもその国の国旗国歌天皇陛下を侮辱する放送が行われいる」そのようなその国を貶めその国の国情を不安定にするような事をやっている事が分かりました。


そして真実を悟って来たと思われる一部の現地人が怒り「日本人を叩き出せ!」と言っている事が分かりました。

さて

これはヘイトか?

ヘイトでは無い 現地の人が怒るのは当たり前です。


自分よーめんなら同胞日本人に即座に「そんな戦時中の終わってしまった事を何時までも言うのは止めろ!」と言うでしょう。卑怯にもほどがあると。

普通はこれで解決できるのです。「良識のある同胞から注意されること。」

しかし、ここ日本ではそれら嘘の歴史で何時までも日本を攻撃する外国人が多く居る。

他国の人間がマスコミに侵入し教育界に侵入し司法に侵入しこの国を貶める。ただでさえ金欠だっていう日本は賠償金やら償い金やらが出て行く。そして生活保護を打ち切られた日本人が餓死して行く。

もし外国人が食うに困り助けてほしいなら助けてもいいというのが日本人でしょう。しかし某国の外国人は日本人を悪者にして自分達は被害者だから金を出せという政策。これでは「いい加減にしねえと貴様ら殺すぞわりゃあ」とドタマブチ切れになるのは当然です。



ヘイトでもレイシストでも無い

いい加減にしろ!と怒っているのだ

反日映画の制作に文部科学省に2000万円を出させる。文部科学省はのうのうと金を払う。文部科学省内部にゴキブリが居るのです。だから「ゴキブリを叩き出せ」になる。その2000万円は我々の貴重な血税。怒るのは当然。これもヘイトでは無い。ヘイトという次元では無いのです。これをヘイトとは言わないのです。ヘイトとは人種、国籍、肌の色や性別で憎悪を込めて差別すること。でこの場合は人種云々という問題とはまったく別問題で、「日本をデタラメの歴史で貶めるなこの野郎!」と言う他国と政治問題の戦いの過程のやり取り上の話なのです。




ヘイトとして規制するのは筋違いですが、もっともデモでヘイトコールだけを行い何故このような過激なシュプレヒコールなのか?の解説付きでやっていなかったのもぬかったが。しかしいちいち解説を入れて掛け声を入れるわけにもいかない。



因みに「排外・人種侮蔑デモに抗議する国会内抗議集会」に過激デモ賛成者を同じ数を入れて集会せよ。そのままでは魔女狩りだ。好き勝手やるなら今後会場に大量に過激デモ支持者を送り込む必要あり。



またヘイトコールが法規制されることはある種の言論弾圧なので100%有り得ないがもしあれば火を噴く可能性高しです。


今回の記事に何かを感じた方↓
人気ブログランキングへ
[PR]
by youmenipip | 2013-03-23 11:46