<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

福井でテロ訓練 警察自衛隊海保等80機関

福井でテロ訓練 警察自衛隊海保等80機関
人気ブログランキングへ

自衛隊、海保、県警など80機関 テロ想定訓練実施 福井
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130202/fki13020202150001-n1.htm
産経新聞 2月2日(土)7時55分配信
f0091252_1181410.jpg>
 ■情報共有に課題

 武装グループによる爆破テロ事件を想定した、国、県などによる「国民保護図上訓練」が1日、県庁や敦賀市役所で行われた。自衛隊、海上保安庁、県警など80機関から約200人が参加し、万一に備えた。

 想定は越前海岸で漂着したボートが見つかり、不審な4、5人の男の集団が目撃された。一方、敦賀港に接岸中のフェリーでテロにより多数の死傷者が出て、さらにサリンとみられる化学剤や銃を持った別の集団が敦賀原発に向かった-として、訓練を開始した。

 今回は、事前に基本的な情報だけを与えられた状態で行われるブラインド型の訓練で、参加者らは、原発の安全確認や状況把握などの初動措置、自衛隊とDMAT(災害派遣医療チーム)への派遣要請などに取り組んだ。対策本部では西川一誠知事が指示した。

 訓練終了後、石塚博英県安全環境部長は「参加メンバーが替わったこともあり、昨年よりもぎこちなかった」と指摘。情報伝達の遅れで、住民避難などが想定ギリギリになるケースもあり、「情報共有に疑問がある状況もあった。課題が見つかるのが訓練の趣旨。今後も高い緊張感を持ってほしい」と課題をあげた。
>



福井県

この4ヶ月で二回目

昨年2012年末
海自・海保が共同訓練・不審船や原発テロ対処想定・若狭湾―福井県沖
f0091252_10551640.jpg

↑不審船の接近情報を得て、現場海域に到着した海自ミサイル艇「はやぶさ」(手前)と海保庁の巡視船「えちぜん」(10月24日、若狭湾で)
f0091252_10555141.jpg

↑発見した想定不審船(右奥=巡視艇「こまゆき」)を追尾し、その動静を監視する海自のミサイル艇「はやぶさ」(10月24日、若狭湾で)

f0091252_10564392.jpg

↑不審船情報を受けて現場に急行、洋上の見張りに就く護衛艦「しらね」の乗員。奥には「えちぜん」と「はやぶさ」が見える
f0091252_10561757.jpg

↑海自護衛艦「しらね」に着艦して燃料を補給し、再び不審船の監視のため飛び立つ海保庁のEC225哨戒ヘリコプター

若狭湾(わかさわん)は、福井県から京都府にかけての海岸地形を形成する、日本海に
深く入り込んでできた湾。福井県北部西端の越前岬と京都府北端の経ヶ岬を結ぶ直線、
及び本州の海岸線によって囲んだ海域を指し、2,657 km²の面積を有する。日本海側 ...
wikii


参項記事より

 海上自衛隊と海上保安庁は10月24日、若狭湾で不審船対処のための共同訓練を行った。
海自から護衛艦「しらね」、ミサイル艇「はやぶさ」とSH60哨戒ヘリ1機、海保から巡視船「えちぜん」「あさま」、巡視艇「こまゆき」「あおかぜ」とEC225哨戒ヘリ1機が参加した。
訓練は不審船の日本沿岸への接近を探知したという想定のもとに行われ、海自と海保の艦艇が情報共有を図りながら共に対処。「こまゆき」扮する不審船を「はやぶさ」が追跡し、監視活動を行った。この間、海保ヘリが「しらね」に着艦して燃料補給を行う訓練も行われた。
さらに原発に対するテロを想定した対処訓練も今回初めて行われた。若狭湾沿岸には敦賀、美浜、大飯原発などがある。




テロや有事を想定した訓練に力を入れている福井県

2011年7月には対テロ想定避難訓練
212年10月には対テロ想定軍事訓練

国民保護法・・他国からの武力攻撃や大規模テロなどの有事に備える法律
美浜原発がテロリストに襲われて放射能が漏れたという想定で、避難訓練を実施
f0091252_1292946.jpg

一昨年福井で行われた住民の避難訓練は単なる震災等の防災訓練と異なりテロリストが原発を攻撃し放射能が漏れた事を想定した避難訓練でした。
よーめんが推奨するいわゆる防空批難訓練に近いものがあります。

福井県ではこういう事を徹底してやっております。これは
福井には稲田朋美 議員がいて
稲田議員はスイス政府の民間防衛白書を福井県で取り入れようと県にアピールしており、それを受け福井県はスイス政府に対して民間防衛に関する質問を文章で行いスイス政府から好意的な回答を貰っていたはずです。



数少ない日本のサムライ議員

稲田朋美議員
あまり政治家を誉めないこのよーめん様から唯一、”サムライ議員”という称号を授けられた国会議員が数人います。その一人が稲田朋美議員です。

2011年、韓国のウルルン島の独島(竹島)博物館に”竹島(独島)が韓国領土”だというデタラメの証拠が展示してあるという情報を聞きそれを暴く為に日本の国会議員三人が韓国ウルルン島独島博物館訪問を計画。その捏造証拠を見られては困る韓国政府は狼狽し三人(四人)に「身の安全を保証できない」等の有り得ない脅迫を行っていた中、強引に韓国空港に降り立ち韓国政府から強制送還された日本の国会議員が三人います。その一人が稲田朋美議員,


「韓国の議員は”竹島の日”(2月22日島根県議会で設定した日)に島根県にやって来ては”独島 我が領土”と雄たけびを上げ指を切る行為を出きるのですが「日本の議員は”竹島 我が領土”と叫び指を切れない」と,このよーめんに罵られたりしていたわけですが、彼ら三人の行動はリンチ虐殺逮捕を覚悟の上での韓国上陸という行動なのでサムライ議員という称号が授けられたわけです。(サムライ議員:他にはよーめんの意見をすべて取り入れてくれる石原慎太郎(元)東京都知事等数名いる。)


よーめん認定:サムライ議員
f0091252_11545687.jpg

韓国政府から逮捕、リンチ、虐殺するぞと脅されそれでも韓国ソウルの空港に降り立ったサムライ,左から佐藤正久参院議員、稲田朋美衆院議員、新藤義孝衆院議員



今回の記事に何かを感じた方↓
人気ブログランキングへ



参項サイト
samuraiなら韓国行け
http://youmenipip.exblog.jp/16342820/
日本の侍を韓国で見た
http://youmenipip.exblog.jp/16362637/

参項記事

【金浦(キムポ)・西脇真一】新藤義孝衆院議員ら自民党の国会議員3人が1日午前11時過ぎ、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)の北西に位置する韓国・鬱陵島(ウルルンド)視察のため、ソウル近郊の金浦空港に到着したが、韓国当局に入国を拒否された。日本の国会議員が韓国入りを拒まれるのは異例。

 新藤議員らは鬱陵島視察で「韓国側の主張を知りたい」と話していたが、韓国政府は国内世論の反発が強いことから、「身辺の安全確保が難しい」と渡航中止を促していた。

 新藤議員には、稲田朋美衆院議員と佐藤正久参院議員が同行。4日まで訪韓し、鬱陵島の「独島博物館」などを視察する予定だった。新藤議員は空港到着後、「日韓の主張には差があるので、話をする必要がある。入国が認められないなら外交問題になる」と語っていた。

 韓国の出入国管理法は「国の利益や公共の安全を害する行動を取る恐れがある者らの入国を禁止できる」と定めており、入国禁止には、その規定が適用されたとみられる。韓国では視察計画が表面化して以来、抗議デモが起きており、韓国政府は7月29日、日本政府に一行の入国を拒否する方針を伝達した。

 空港には1日、視察計画に抗議する数百人が集った。参加者は警察のバリケード前で日の丸を引きちぎり、到着ゲート内に突入を図ろうとして警官ともみ合いになった。

韓国の入国拒否に抗議=関係悪化を懸念―日本政府
時事通信 8月1日(月)16時34分配信

 日本政府は1日、韓国政府が鬱陵島訪問を計画していた自民党国会議員の入国を拒否したことに抗議した。ただ、米朝協議の再開など北朝鮮問題が動き始める中、政府は日米韓の連携を重視しており、日韓関係に亀裂を生じさせるのは避けたい考えだ。
 枝野幸男官房長官は1日の記者会見で、「訪韓は視察目的で、合法的な手続きを経て行うことを意図したものだ。日韓の友好協力関係に鑑みて極めて遺憾だ」と、韓国の対応を批判。在韓国大使館から韓国外交通商省に抗議するとともに、再考を求めたことを明らかにした。伴野豊外務副大臣も会見で「(国会議員は)わが国の公職者。非常に残念だ」と強調した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000077-jij-p



スイス政府発刊 民間防衛動画より
http://www.youtube.com/watch?v=XPRy6YhsfTs&nofeather=True
↑よーめんが防空避難訓練を強く推奨するわけが分かるかと思います


市民団体でテロ想定訓練といえば日極会

暴力には暴力を 血で血を洗う報復作戦はいかがですか?!

次回 参加者募集
[PR]
by youmenipip | 2013-02-04 10:47